セミナー 印刷

Excelで実践する医薬品の販売数量予測と価格予測

~トレンドによる予測、類似製品の事例に基づく予測、
市場ダイナミクスデータに基づく予測、進出順位モデルによる予測~

~ 関連新刊書籍 の お知らせ~
 2019年2月20日(水)発刊!
 「【全面改訂版】医薬品LCM延長戦略事例・判例のウラ側と見落としがちな権利化の穴」
  詳細はこちら
講師が販売予測を担当してきた経験をもとに、、、
✔販売予測を立てる実務担当者向けに必要な知識を解説します。
✔既存品の数量予測と価格予測に焦点を置いて解説します。

 ◎様々な販売数量予測の手法:
  トレンドによる予測、類似製品の事例に基づく予測、市場ダイナミクスデータに基づく予測、進出順位モデルによる予測
 ◎薬価予測:
  既存品の薬価予測、新薬創出加算から外れる場合の薬価予測
このセミナーの受付は終了致しました。
日時 2019年3月25日(月)  13:00~16:30
会場 東京・大田区蒲田 大田区産業プラザ(PiO)  1F A+B会議室
会場地図
受講料(税込)
各種割引特典
43,200円 ( S&T会員受講料 41,040円 ) S&T会員登録について
定価:本体40,000円+税3,200円
会員:本体38,000円+税3,040円
S&T会員なら、2名同時申込みで1名分無料 1名分無料適用条件
2名で43,200円 (2名ともS&T会員登録必須​/1名あたり定価半額21,600円) 
備考資料付
※受講者自身の演習はありませんのでPC持参は不要です。
※講義中の録音・撮影はご遠慮ください。
主催者より医療用医薬品の市場販売予測には,相応の正確性が求められます。また将来のLCMの展開如何によっては,大きく売り上げを伸ばせることも考えられます。市場販売予測は適応拡大とともにしっかりと算出することが大切です。毎年薬価改定が現実のものとなっている今,薬価の対応策を検討しておく必要が出てきます。市場販売の予測は重要であり,その価値はより大きいものになっていると思います。その予測が身近なエクセルでできる,その手法をこの機会に学んでいただく良い機会です。お見逃しなく。

 

セミナー講師

ノボノルディスクファーマ(株) 役員室 エグゼクティブアシスタント MBA 太田 剛史 氏
【講師紹介】

セミナー趣旨

 マーケティング、営業、製造にとって販売予測は非常に重要です。それぞれ、販売目標や、製造数量に直結し、販売金額の目標達成や効率的な生産のために活用されます。
 講師が販売予測を担当してきた経験をもとに、販売予測を立てる実務担当者向けに必要な知識を解説します。特に、既存品の数量予測と価格予測に焦点を置いて解説します。

セミナー講演内容

1.販売予測にあたって
 1.1 販売予測の目的
 1.2 販売予測作成のプロセスとコミュニケーション

2.様々な販売数量予測の手法
 2.1 トレンドによる予測
  2.1.1 ベースライン
   ・様々なベースラインの種類
   ・エクセル関数で様々なベースラインを作成する方法
   ・最適なベースラインの選択
  2.1.2 月次変動
   ・薬価改定の影響
   ・営業日数の影響
 2.2 類似製品の事例に基づく予測
   ・14日間処方制限、大規模臨床試験の発表、競合他社による新製品の発売
 2.3 市場ダイナミクスデータに基づく予測
 2.4 進出順位モデルによる予測

3.薬価の予測
 3.1 医薬品の流通と価格の種類
 3.2 薬価予測
   ・既存品の薬価予測
   ・新薬創出加算から外れる場合の薬価予測

  □質疑応答・名刺交換□