セミナー 印刷

核酸を標的とした低分子創薬
≪ 新しいクラスの低分子薬としての可能性、実態、展望≫

~RNAに対する低分子創薬の海外動向と将来展望~

RNA標的低分子創薬は、最後にして最大のパラダイムシフト!!
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

低分子化合物創薬理論と実際のステップを例にとって、新しいクラスの低分子創薬の実態と未来への展望をご紹介
日時 2019年1月28日(月)  13:00~16:30
会場 東京・港区浜松町 芝エクセレントビル B1F KCDホール  
会場地図
受講料(税込)
各種割引特典
43,200円 ( S&T会員受講料 41,040円 ) S&T会員登録について
定価:本体40,000円+税3,200円
会員:本体38,000円+税3,040円
S&T会員なら、2名同時申込みで1名分無料 1名分無料適用条件
2名で43,200円 (2名ともS&T会員登録必須​/1名あたり定価半額21,600円) 
備考資料付
※講義中の録音・撮影はご遠慮ください。
※講義中のパソコン使用はキーボードの打音などでご遠慮いただく場合がございます。
得られる知識RNA、mRNA、RNAに対するスクリーニング法、業界知識

セミナー講師

(株)Veritas In Silico  代表取締役 工学博士 中村 慎吾 氏
【講師紹介】

セミナー趣旨

 RNAに対する低分子創薬の歴史は90年代より始まっている。mRNA構造に対する急速な理解の高まりにつれて、mRNA上の標的構造に対し、何らかのスクリーニング法などを使って化合物を取得する方法論に到達しつつある。ここで、VIS社が保有するモダリティのうちの低分子化合物創薬理論と実際のステップを例にとって、新しいクラスの低分子創薬の実態と未来への展望をご紹介する。

セミナー講演内容

1.RNAに対する低分子創薬の歴史
 1.1RNAを標的とする時代
 1.2 リボスイッチを標的とする時代
 1.3 miRNA等の構造をもつRNAを標的とする時代
 1.4 RNA上の未知構造を標的とする時代へ
 1.5 まとめ – RNAへの理解への進展と同期して核酸標的創薬は展開

2.RNAの実態
 2.1 RNAは、4種のモノマーでできている
 2.2 短鎖RNA/RNA部分構造の立体構造解析の実態
 2.3 長鎖RNAは、1つのかたちにならない
 2.4 長鎖RNAの構造を解析する方法論
 2.5 RNAを創薬標的とするために必要なその他技術
 2.6 まとめ – 長鎖RNAを創薬標的とするために

3.RNAに対する低分子創薬の可能性 - VISを例にとって
 3.1 ヒトmRNA中に見つかる部分構造(モチーフ)を安定化すると翻訳が低下
 3.2 アプタマーを挿入したmRNAをリガンドで安定化させると翻訳が低下
 3.3 ヒトmRNA中にモチーフを発見して解析する技術
 3.4 モチーフの安定化を指標に低分子化合物をアッセイする技術
 3.5 実験系を確立する各種ポジコン
 3.6 まとめ – RNAに対する低分子創薬は今こそ可能に

4.RNAに対する低分子創薬の海外動向
 4.1 分類 部分構造標的スクリーニング vs 表現型スクリーニング
 4.2 Arrakis
 4.3 Expansion
 4.4 Novation
 4.5 まとめ

5.RNA標的低分子創薬将来展望
 5.1 RNA標的低分子創薬の本命は、mRNAを標的とした創薬
 5.2 mRNA標的低分子創薬の将来性はまさに無限大
 5.3 mRNA標的低分子創薬に必須となるアイテムは何か?
 5.4 mRNA標的低分子創薬に適用可能な既存技術
 5.5 まとめ – mRNA標的低分子創薬は、一連の流れとして実行可能である必要がある

6.RNA標的低分子創薬は、最後にして最大のパラダイムシフト

  □質疑応答・名刺交換□