セミナー 印刷

「濡れる」現象の本質理解
-ぬれ性の測定・評価・応用-

■ぬれ性の基礎知識、ぬれるための条件■
■ぬれ性の指標である接触角の測定方法■
■ぬれ性の制御法、分析法、ぬれを上手に利用するコツ■

受講可能な形式:【Live配信】or【アーカイブ配信】のみ

濡れる、濡れない、濡れていないとはどのような状態か
これを機にぬれ性の現象・状態・メカニズムの本質をすっきり理解して、実務につなげよう
新任や専門外の方も理解できる様に基礎の基礎から徹底的に解説
接触角、表面張力、親水性、撥水性、ぬれ性のメカニズムと測定・評価・利用法
このセミナーの受付は終了致しました。
日時 【Live配信】 2024年2月29日(木)  13:00~16:30
【アーカイブ配信】 2024年3月14日(木)  まで受付(視聴期間:3/14~3/28)
会場 【Live配信】 オンライン配信セミナー  
会場地図
【アーカイブ配信】 オンライン配信セミナー  
会場地図
受講料(税込)
各種割引特典
49,500円 ( E-Mail案内登録価格 46,970円 ) S&T会員登録とE-Mail案内登録特典について
定価:本体45,000円+税4,500円
E-Mail案内登録価格:本体42,700円+税4,270円
E-Mail案内登録なら、2名同時申込みで1名分無料 1名分無料適用条件
2名で49,500円 (2名ともE-Mail案内登録必須​/1名あたり定価半額24,750円) 
※テレワーク応援キャンペーン(1名受講)【オンライン配信セミナー受講限定】
 1名申込みの場合:受講料( 定価:37,400円/E-mail案内登録価格 35,640円 )
  定価:本体34,00円+税3,400円
  E-mail案内登録価格:本体32,400円+税3,240円
※1名様でオンライン配信セミナーを受講する場合、上記特別価格になります。
※お申込みフォームで【テレワーク応援キャンペーン】を選択のうえお申込みください。
※他の割引は併用できません。
配布資料PDFデータ(印刷可・編集不可)
※開催2日前を目安に、S&T会員のマイページよりダウンロード可となります。
※アーカイブ配信受講の場合は配信開始日からダウンロード可となります。
オンライン配信Live配信(Zoom) ►受講方法・接続確認申込み前に必ずご確認ください
アーカイブ配信 ►受講方法・視聴環境確認申込み前に必ずご確認ください
備考※講義中の録音・撮影はご遠慮ください。
※開催日の概ね1週間前を目安に、最少催行人数に達していない場合、セミナーを中止することがございます。
得られる知識・ぬれ性の基礎知識が身につく。
・ぬれ性の指標である接触角の測定方法がわかる。
・ぬれ性の制御法の考え方がわかる。
対象若手技術者
特に予備知識は必要ありませんが、表面張力や液体の接触角の測定装置を使ったことがない場合は事前に一度触ってみておかれることをお勧めします。

セミナー講師

大阪公立大学 大学院 生活科学研究科 居住環境学講座 教授 博士(理学) 酒井 英樹 氏
【講師紹介】

セミナー趣旨

 材料表面を濡れやすくしたり、濡れにくくしたりする技術は、さまざまな分野で必要とされ、また、問題になっています。本セミナーでは、濡れる、という現象の本質を理解するために必要な知識を、基礎の基礎から徹底的に解説します。さらに、ぬれ性の測定法、評価法や、ぬれを上手に利用するためのコツをお教えします。

セミナー講演内容

1.ぬれの基礎
 1-1. ぬれとは何か
  (1)用語解説
  (2)ぬれ現象と熱力学
  (3)単位のはなし
  (4)液体の表面張力の測定法
 1-2. どうしてぬれたり,ぬれなかったりするのか
  (1)ぬれるための条件
  (2)付着ぬれ、拡張ぬれ、浸漬ぬれ
 1-3. Youngの式とLaplaceの式
  (1)Youngの式とその意味
  (2)Laplaceの式とその意味

2. ぬれ性の測定と評価
 2-1. さまざまな接触角
  (1)複合面のぬれ(Cassieの式)
  (2)凸凹面のぬれ(Wenzelの式)
  (3)超はっ水の発現はなぜ難しいか
  (4)各種接触角
 2-2. 表面とは何か
  (1)金属の表面
  (2)高分子の表面
  (3)接触角の文献値はなぜアテにならないか
 2-3. 接触角の二大測定法
  (1)垂直板法(吊り板法)
  (2)液滴法(静滴法)
  (3)接触角が0度のときはどうするか

3. ぬれ性の分析法と応用例
 3-1. なぜ表面自由エネルギーの理論が必要なのか
  (1)モデル化の功罪
  (2)分子間力の種類
 3-2. 表面自由エネルギーに基づく表面分析法
  (1)Fowkesの式
  (2)分散成分の測定法
  (3)拡張Fowkesの式
  (4)van Ossの酸・塩基の式
 3-3. ぬれのさまざまな利用法
  (1)ぬれ性の制御の考え方
  (2)フッ素がもてはやされる理由
  (3)さまざまな利用法
  (4)ぬれ色の測定
  (5)今後の方向性

□質疑応答