セミナー 印刷

金属材料の基礎知識と
疲労破壊・腐食原因の解明と対策

~金属材料にとって宿命とも言える疲労破壊、腐食への対策~

■金属材料の正しい基礎知識■
■金属疲労のメカニズム、破面観察の特徴■
■腐食のメカニズム、腐食の注意点、めっき、防食の方法■

本セミナーは都合により中止しました。2/22 11:00更新
受講可能な形式:【Live配信】or【アーカイブ配信】のみ

腐食対策を正しく行うために錆の原因となる金属材料の基礎、金属腐食の発生メカニズムを理解しよう
疲労破壊、腐食への対策、防食技術を基礎から体系的に解説
稼働中、使用中、保管時、輸送中、、、、
原理と事例を知って不具合を未然に防ぐ
鉄鋼材料、ステンレス鋼、アルミニウム合金、銅合金、、、、、
金属材料を扱っている方は必聴の内容です
日時 【Live配信】 2024年2月29日(木)  10:30~16:30
【アーカイブ配信】 2024年3月13日(水)  まで受付(視聴期間:3/13~3/27)
会場 【Live配信】 オンライン配信セミナー  
会場地図
【アーカイブ配信】 オンライン配信セミナー  
会場地図
受講料(税込)
各種割引特典
55,000円 ( E-Mail案内登録価格 52,250円 ) S&T会員登録とE-Mail案内登録特典について
定価:本体50,000円+税5,000円
E-Mail案内登録価格:本体47,500円+税4,750円
E-Mail案内登録なら、2名同時申込みで1名分無料 1名分無料適用条件
2名で55,000円 (2名ともE-Mail案内登録必須​/1名あたり定価半額27,500円) 
※テレワーク応援キャンペーン(1名受講)【オンライン配信セミナー受講限定】
 1名申込みの場合:受講料( 定価:41,800円/E-mail案内登録価格 39,820円 )
  定価:本体38,000円+税3,800円
  E-mail案内登録価格:本体36,200円+税3,620円
※1名様でオンライン配信セミナーを受講する場合、上記特別価格になります。
※お申込みフォームで【テレワーク応援キャンペーン】を選択のうえお申込みください。
※他の割引は併用できません。
配布資料製本資料
 ■ライブ配信受講:開催日の4、5日前に発送予定
  (開催まで4営業日~前日にお申込みの場合間に合わない可能性があります)
 ■アーカイブ配信受講:視聴開始日に間に合うように発送
オンライン配信Live配信(Zoom) ►受講方法・接続確認申込み前に必ずご確認ください
アーカイブ配信 ►受講方法・視聴環境確認申込み前に必ずご確認ください
備考※講義中の録音・撮影はご遠慮ください。
※開催日の概ね1週間前を目安に、最少催行人数に達していない場合、セミナーを中止することがございます。
得られる知識・金属疲労のメカニズム、破面観察の特徴
・腐食のメカニズム、腐食の注意点、めっき、防食の方法
対象・金属疲労や破面観察を行う方
・腐食や防食の対策を行う方
キーワード:応力集中、ストライエーション、延性破壊、脆性破壊、熱処理、イオン化傾向、腐食速度、局部腐食、応力腐食割れ、電気めっき、無電解めっき、ステンレス鋼 

セミナー趣旨

 金属は自動車、電子機器、建築物など私たちの身近で様々なところに使用されており、生活になくてはならない材料の一つです。しかし、金属は消耗し疲労破壊や腐食などの損傷を引き起こします。疲労破壊は小さな亀裂から始まり最終的には破壊に至ります。疲労破壊は自動車、産業機械など応力、振動、回転などの負荷が強い環境で起こります。また、鉄を含めたほとんど全ての金属にはさびや腐食が発生します。腐食の特徴として、稼働中や使用中だけでなく保管時や輸送中にもさびや腐食が発生する可能性もあります。このような金属の損傷を防ぐためには金属疲労や腐食に関する知識が不可欠になります。例えば金属疲労はある日突然壊れたように感じますが、気づかない間に小さな亀裂が徐々に進行して破壊に至ります。腐食は金属表面が濡れたり湿ったりすることで起こりますが、何気なく素手で触れたりすき間部に残された雨水などでも腐食します。
 本セミナーではこのような疲労破壊や腐食に関する基礎的な知識とそれを防止する方法について解説します。

セミナー講演内容

1.金属材料の概要
 1.1 金属の特徴
 1.2 鉄ができるまで
 1.3 溶接と金属加工

2.疲労破壊
 2.1 疲労破壊のメカニズム
 2.2 応力集中
 2.3 疲労破面の特徴
 2.4 疲労試験
 2.5 疲労破壊に影響すること
 2.6 熱処理と表面硬化処理

3.腐食と防食
 3.1 金属とイオン
 3.2 腐食の基礎反応
 3.3 イオン化傾向
 3.4 不動態皮膜
 3.5 腐食におよぼす環境要因
 3.6 腐食の分類
 3.7 局部腐食 異種金属接触腐食、孔食、すき間腐食など
 3.8 めっきと塗装
 3.9 腐食試験

4.金属材料の特徴
 4.1 鉄鋼材料
 4.2 ステンレス鋼
 4.3 アルミニウム合金
 4.4 銅合金

□質疑応答