セミナー 印刷

国内外における
食品用容器包装および器具・接触材料の
法規制の動向把握と必要な対応

~主要各国・地域の法制度と改正食品衛生法、国内ポジティブリスト制度の把握と対応~

■国内における改正食品衛生法と器具・容器包装のPL制度の概要、情報伝達の仕組み■
■海外における食品用器具・容器包装の安全衛生、リサイクルに係る法規制の最新情報■
■国内外の食品用容器関連の規制の整理、企業の対応方法■

受講可能な形式:【Live配信】or【アーカイブ配信】のみ

国内外で急ピッチで法規制の整備と実施がすすむ食品包装材料・接触材料に関わる企業の方は是非
プラスチック用樹脂、フィルム、インキ、ゴム、紙、金属、印刷・コーティング材料、、、、
食品用器具及び容器包装のポジティブリスト制度の概要、改正告示の考え方、サプライチェーンの情報伝達の仕組、、、
欧州の食品接触材料関連規制、米国・カナダの食品接触物質、プラ包装材料関連規制、中国の食品接触材料関連規制、ASEAN、インド、オセアニア、国連、、、
国内外の食品用容器関連の規制の最新動向を把握し、関連企業が対応するべき課題を整理して解説
このセミナーの受付は終了致しました。
日時 【Live配信】 2024年1月29日(月)  13:00~16:30
【アーカイブ配信】 2024年2月8日(木)  まで受付(視聴期間:2/8~2/22)
会場 【Live配信】 オンライン配信セミナー  
会場地図
【アーカイブ配信】 オンライン配信セミナー  
会場地図
受講料(税込)
各種割引特典
49,500円 ( E-Mail案内登録価格 46,970円 ) S&T会員登録とE-Mail案内登録特典について
定価:本体45,000円+税4,500円
E-Mail案内登録価格:本体42,700円+税4,270円
E-Mail案内登録なら、2名同時申込みで1名分無料 1名分無料適用条件
2名で49,500円 (2名ともE-Mail案内登録必須​/1名あたり定価半額24,750円) 
※テレワーク応援キャンペーン(1名受講)【オンライン配信セミナー受講限定】
 1名申込みの場合:受講料( 定価:37,400円/E-mail案内登録価格 35,640円 )
  定価:本体34,00円+税3,400円
  E-mail案内登録価格:本体32,400円+税3,240円
※1名様でオンライン配信セミナーを受講する場合、上記特別価格になります。
※お申込みフォームで【テレワーク応援キャンペーン】を選択のうえお申込みください。
※他の割引は併用できません。
配布資料PDFデータ(印刷可・編集不可)
※開催2日前を目安に、S&T会員のマイページよりダウンロード可となります。
※アーカイブ配信受講の場合は配信開始日からダウンロード可となります。
オンライン配信Live配信(Zoom) ►受講方法・接続確認申込み前に必ずご確認ください
アーカイブ配信 ►受講方法・視聴環境確認申込み前に必ずご確認ください
備考※講義中の録音・撮影はご遠慮ください。
※開催日の概ね1週間前を目安に、最少催行人数に達していない場合、セミナーを中止することがございます。
得られる知識国内における食品用器具・容器包装のポジティブリスト制度の概要、情報伝達の仕組みなどの情報、
海外における食品用器具・容器包装の安全衛生、リサイクルに係る法規制の最新情報が得られる。
対象食品用器具・容器包装の製造、輸出入、販売、使用に係る事業者

セミナー講師

(一財)化学研究評価機構(JCII) 食品接触材料安全センター 企画調整室長 梶原 健世 氏
【講師紹介】
(一財)化学研究評価機構(JCII) 食品接触材料安全センター 情報調査・広報室長 石動 正和 氏
【講師紹介】

セミナー趣旨

 国内の食品用器具及び容器包装において、2018年6月の改正食品衛生法でポジティブリスト管理への移行が示され、2020年6月に合成樹脂製の器具及び容器包装について施行された。現在は2025年5月末までの経過措置期間中だが、完全施行に向けてポジティブリストの再整理、具体的な運用方法の整備等が進んでおり、2023年11月30日にポジティブリスト制度改正の告示がなされたところである(施行は2025年6月1日から)。このセミナーでは、食品用器具及び容器包装のポジティブリスト制度の概要、改正告示の考え方、サプライチェーンの情報伝達の仕組みなどについて解説する。
 海外における食品包装材料は、これまでのひと健康(安全・衛生)に係る法規制が開発されてきた。欧州のプラスチック規則、中国の食品接触材料国家標準、タイの器具・容器包装関連告示などがある。 これに加え、先頃、特にプラスチックの環境問題により多くの法規制が制定、検討されている。欧州、カナダ、オーストラリア、NZ、国連の動きが注目される。このセミナーでこうした海外の最新状況を分かり易く解説する。

セミナー講演内容

<国内> 梶原氏
1.食品衛生法改正の背景
2.器具・容器包装に関するポイント
3.改正ポジティブリストの考え方
4.ポジティブリストの構成と読み方
5.サプライチェーンの情報伝達
6.一般衛生管理、適正製造管理
7.リサイクル
8.経過措置
9.食品衛生法の考え方
10.食品接触材料安全センターについて


□質疑応答
 
<海外> 石動 氏
1.はじめに
2.欧州の食品接触材料関連規制

 2.1 プラスチック規則(PIM)(2011年)
 2.2 シングルユースプラスチック指令(2019年)
 2.3 プラスチック食品接触材料リサイクル規則(2022年)
 2.4 マイクロプラスチック制限規則(2023年)
 2.5 包装及び包装廃棄物規則(案)(2023年)
3.北米(米国・カナダ)の食品接触物質、プラスチック包装材料関連規制
4.中国の食品接触材料関連規制

 4.1 食品接触材料関連国家標準
 4.2 プラスチック包装材料関連規制の動き
5.ASEAN、インド、オセアニアの食品接触材料、プラスチック包装材料関連規制
6.国連プラスチック条約制定の動き
7.おわりに


□質疑応答