セミナー 印刷

超分子の合成法と活用および今後の展望

~種類、分子間相互作用、特性と用途、評価・分析手法、応用事例など~

本セミナーは都合により中止になりました。(2024/1/18 15:00更新)
受講可能な形式:【Live配信(アーカイブ配信付)】のみ
「超分子とは?」といった基礎から、種類、分子間相互作用、合成法、特性と用途、特性評価法と各種分析手法、応用事例、今後の展望まで。
超分子について系統的に学べ、新規開発や応用に向けた指針が得られるような内容です。
このセミナーの受付は終了致しました。
日時 2024年1月25日(木)  13:00~16:30
会場 オンライン配信セミナー  
会場地図
受講料(税込)
各種割引特典
49,500円 ( E-Mail案内登録価格 46,970円 ) S&T会員登録とE-Mail案内登録特典について
定価:本体45,000円+税4,500円
E-Mail案内登録価格:本体42,700円+税4,270円
E-Mail案内登録なら、2名同時申込みで1名分無料 1名分無料適用条件
2名で49,500円 (2名ともE-Mail案内登録必須​/1名あたり定価半額24,750円)
※テレワーク応援キャンペーン(1名受講)【オンライン配信セミナー受講限定】
1名申込みの場合:受講料37,400円 ( E-Mail案内登録価格:35,640円 )
 定価:本体34,000円+税3,400円
 E-Mail案内登録価格:本体32,400円+税3,240円
※1名様でオンライン配信セミナーを受講する場合、上記特別価格になります。
※お申込みフォームで【テレワーク応援キャンペーン】を選択のうえお申込みください。
※他の割引は併用できません。
配布資料PDFテキスト(印刷可・編集不可)
※開催2日前を目安に、弊社HPのマイページよりダウンロード可となります。
オンライン配信ZoomによるLive配信 ►受講方法・接続確認(申込み前に必ずご確認ください)
■アーカイブ配信について
 視聴期間:終了翌営業日から7日間[1/26~2/1中]を予定
 ※動画は未編集のものになります。
 ※視聴ページは、マイページにリンクを設定します。
備考※講義中の録音・撮影はご遠慮ください。
※開催日の概ね1週間前を目安に、最少催行人数に達していない場合、セミナーを中止することがございます。
得られる知識・有機化合物の種類と有機合成化学手法
・超分子の特性評価法と各種分析手法
・超分子材料への展望
対象新規開発のアイデアとして超分子を用いてみたい方、有機合成の手法を復習したい方、物性評価方法を知りたい方に役立つと思います。できれば、大学時代の有機化学があると理解の助けになります。有機化合物の構造の見方がわかるとなお良い。

セミナー趣旨

 近年、色々な分野で「超分子」というワードを耳にすることが多くなりましたが、実際にはどのような分子なのか、について学ぶ機会はあまり多くありませんでした。
 本セミナーでは、超分子を化学の学問から系統立ててお話ししたいと思います。「超分子とは何か?」からスタートし、超分子の種類を紹介するとともに、有機合成化学の手法で合成する手法を学びます。また、化学分野での超分子の特性と用途について、わかりやすく概要を説明します。また、今後の展望として、現在行われている応用事例を紹介し、今後、新規開発やものづくりに超分子を利用してみたいという研究開発者の皆様に挑戦してもらえる道筋を示したいと思います。

セミナー講演内容

1.超分子とは?
 1.1 単分子と超分子
 1.2 低分子と高分子
 1.3 タンパク質とその集合体(ウィルスなど)
 
2.超分子の種類
 2.1 ホスト-ゲスト化学
 2.2 カチオン結合性イオノフォア
 2.3 アニオン結合性イオノフォア
 2.4 有機化合物結合性ホスト
 2.5 その他
 
3.分子間相互作用
 3.1 ファンデルワールス力
 3.2 水素結合
 3.3 疎水性相互作用
 3.4 分散力
 
4.超分子の合成方法
 4.1 イオノフォア
  4.1.1 直線状(非環状)化合物
  4.1.2大環状化合物
 4.2 ホスト分子
  4.2.1 シクロファン化合物
  4.2.2 その他の大環状化合物
 4.3 超分子に用いる部品化合物
 
5.超分子の特性、用途
 5.1 分子認識能、ホスト−ゲスト相互作用
 5.2 分子集合体
 5.3 分子機械、刺激応答性能
 
6.応用展開事例

 
□質疑応答□