セミナー 印刷

構造用接着接合体試験の基礎から耐久性評価のポイント

~自動車/航空機/家電などに使用される接着接合の基礎試験から耐久性の問題まで~

受講可能な形式:【Live配信】のみ

異種材料接着・接合の劣化メカニズムの理解から
正確に強度試験や耐久性試験より評価する手法について解説!

また、最新の研究事例を交えて、現行試験での課題などについても言及します
日時 2023年3月17日(金)  10:00~16:00
会場 Live配信セミナー(会社・自宅にいながら受講可能)  
会場地図
受講料(税込)
各種割引特典
49,500円 ( E-Mail案内登録価格 46,970円 ) S&T会員登録とE-Mail案内登録特典について
定価:本体45,000円+税4,500円
E-Mail案内登録価格:本体42,700円+税4,270円
E-Mail案内登録なら、2名同時申込みで1名分無料 1名分無料適用条件
2名で49,500円 (2名ともE-Mail案内登録必須​/1名あたり定価半額の24,750円)
【テレワーク応援キャンペーン(1名受講)【Live配信/WEBセミナー受講限定】
 1名申込みの場合:受講料( 定価:39,600円/E-Mail案内登録価格 37,620円 )
   定価:本体36,000円+税3,600円
   E-Mail案内登録価格:本体34,200円+税3,420円
 ※1名様でLive配信/WEBセミナーを受講する場合、上記特別価格になります。
 ※お申込みフォームで【テレワーク応援キャンペーン】を選択のうえお申込みください。
 ※他の割引は併用できません。
配布資料製本テキスト(開催前日着までを目安に発送)
※セミナー資料はお申し込み時のご住所へ発送させていただきます。
※開催日の4~5日前に発送します。
 開催前日の営業日の夕方までに届かない場合はお知らせください。

※開催まで4営業日~前日にお申込みの場合、セミナー資料の到着が、
 開講日に間に合わない可能性がありますこと、ご了承下さい。
オンライン配信ZoomによるLive配信 ►受講方法・接続確認
備考※講義中の録音・撮影はご遠慮ください。
※開催日の概ね1週間前を目安に、最少催行人数に達していない場合、セミナーを中止することがございます。
得られる知識・接着接合体の強度評価の方法と注意点
・耐久性を保証するために検討すべき環境負荷とその評価方法
・接着継手の強度劣化のメカニズム
対象・これから接着接合の強度評価業務を始める企業または技術者
・すでに接着接合の設計,製造に携わっているが正確な評価が必要な方

セミナー講師

国立研究開発法人 産業技術総合研究所 ナノ材料研究部門 接着界面グループ 招へい研究員 北條 恵司 氏 【研究HP】
【専門】
破壊力学,接着接合,材料工学,機械設計
【経歴】
・いすゞ自動車株式会社 研究開発部門(エンジン設計)
・神奈川県庁(機械系職業訓練指導)
・小山工業高等専門学校 機械工学科(材力、破壊力学、機械材料の研究)
・産業技術総合研究所 材料・化学領域 ナノ材料部門 接着界面Gr.(接着接合の耐久性の研究)

セミナー趣旨

 接着接合には軽量化,組み立ての容易さや応力集中の緩和など多くの利点があり、急速に普及が進んでいる。しかし人命を左右するような高信頼性が要求される構造物への適応は耐久性保証が難しくこの分野への普及を妨げている。

 本講座では接着接合部の劣化のメカニズムを検討し、それを正確に評価する方法を中心に解説している。そして最新の研究事例を紹介しながら、接着接合部の耐久性がどこまでわかっていて、何が課題として残っているのかについても言及する。それにより接着接合に対する深い認識を獲得していただきたい。

セミナー講演内容

【基礎編】
1.なぜ接着接合なのか.

 1.1 構造物軽量化の特効薬
 1.2 異種材料接合での接着剤の役割
 1.3 強度,形状などの自由度の高さ
 1.4 静粛性

2.接着剤の種類と特徴
 2.1 構造用接着剤とは
 2.2 接着剤の分類の仕方(成分系,硬化方法など)
 2.3 代表的構造用接着剤:エポキシ系ウレタン系アクリル系シリコン系

3.被着体は表面処理が重要=種類と効果

4.接合強度試験片の種類

 4.1 重ね合わせせん断試験片;SLJ(Single Lap Joint) JIS 6850
 4.2 層間破壊じん性試験片;DCB(Double Cantilever Beam) JIS K7086, ASTM D3433
 4.3 T形はく離試験片:T-Peel  JIS6854
 4.4 くさび衝撃試験片;IWP(Impact Wedge Peel)  JIS K6865
 4.5 接着硬化材試験片;Bulk  JIS K6878

5.強度評価試験に用いる試験片とその目的
  (目的別試験片と試験方法をマトリックスで紹介)

【実際の耐久性強度評価】
(以下,エポキシ系接着剤とアルミニウム被着体の組み合わせ)

6.考慮すべき環境負荷

 6.1 繰り返しひずみとその累積損傷;振動と寒暖
 6.2 衝撃損傷
 6.3 静的連続荷重(クリープ)
 6.4 温度と湿度(水分)
 6.5 大気中の酸,塩分

7.SLJの引張試験の評価の注意点
 7.1 せん断応力の求め方
 7.2 曲げモーメントと応力集中に注意
 7.3 ふたつの強度:界面強度と接着剤強度
 7.4 重ね合わせ部の残留応力

8.LJの疲労試験;繰り返しひずみによる強度低下
 8.1 SN線図を求める試験
 8.2 応力比が疲労強度に与える影響
 8.3 試験周波数の決定の仕方
 8.4 試験結果から読み取れること

9.水分による強度低下
 9.1 Bulkの吸水挙動と強度低下
 9.2 FTIR(Fourier Transform Infrared Spectroscopy:フーリエ変換赤外線分光法)
   による高分子材料の構造分析と強度
 9.3 LJとOpen face LJの試験方法
 9.4 吸水~乾燥 繰り返しの効果

10.DCB試験片を使用した測定
 10.1 エネルギー開放率G1C測定
 10.2 き裂進展速度da/dN測定

【研究事例】
 1)高温強度の正体,なぜ強度は温度に影響をうけるのか
 2)高分子材料(接着硬化材)の広範囲速度依存性(クリープから衝撃までの強度関連性)
 3)繰り返しひずみを受けた重ね合わせ継手の残存強度
 4)水分により強度劣化したDCB試験片のエネルギー解放率とき裂進展速度の関係       

  □ 質疑応答 □