セミナー 印刷

二軸混練押出機における混練技術の変遷と
ナノフィラー分散技術

~混練技術の高性能化・フィラー分散のための流動解析・ナノコンポジットへの応用~

受講可能な形式:【Live配信】のみ

混練の概念や混練機・混練技術の変遷といった基礎知識から
高性能化やフィラー分散のための流動解析技術、ナノコンポジットなどの最新動向を解説!
日時 2023年3月8日(水)  10:30~16:30
会場 Live配信セミナー(会社・自宅にいながら受講可能)  
会場地図
受講料(税込)
各種割引特典
49,500円 ( E-Mail案内登録価格 46,970円 ) S&T会員登録とE-Mail案内登録特典について
定価:本体45,000円+税4,500円
E-Mail案内登録価格:本体42,700円+税4,270円
E-Mail案内登録なら、2名同時申込みで1名分無料 1名分無料適用条件
2名で49,500円 (2名ともE-Mail案内登録必須​/1名あたり定価半額の24,750円)
【テレワーク応援キャンペーン(1名受講)【Live配信/WEBセミナー受講限定】
 1名申込みの場合:受講料( 定価:39,600円/E-Mail案内登録価格 37,620円 )
   定価:本体36,000円+税3,600円
   E-Mail案内登録価格:本体34,200円+税3,420円
 ※1名様でLive配信/WEBセミナーを受講する場合、上記特別価格になります。
 ※お申込みフォームで【テレワーク応援キャンペーン】を選択のうえお申込みください。
 ※他の割引は併用できません。
配布資料製本テキスト(開催前日着までを目安に発送)
※セミナー資料はお申し込み時のご住所へ発送させていただきます。
※開催日の4~5日前に発送します。
 開催前日の営業日の夕方までに届かない場合はお知らせください。

※開催まで4営業日~前日にお申込みの場合、セミナー資料の到着が、
 開講日に間に合わない可能性がありますこと、ご了承下さい。
オンライン配信ZoomによるLive配信 ►受講方法・接続確認
備考※講義中の録音・撮影はご遠慮ください。
※開催日の概ね1週間前を目安に、最少催行人数に達していない場合、セミナーを中止することがございます。
得られる知識樹脂混練機の変遷、それを理解することによって材料の違いによる最適な混練装置の選択が可能になる。
数値解析技術の応用例を知ることで、その有益性が理解できる。さらに、フィラー分散に関する評価技術を知ることができる。
対象・二軸混練押出機を使った新規材料開発を検討している方
・フィラーのナノ分散に取り組んでいるが、難易度が高く困っている方
・樹脂混練業務に活かすため、混練押出機についての知見を得たいと考えている方
・本テーマに興味のある方なら、どなたでも受講可能です.

セミナー講師

セミナー趣旨

 プラスチック材料の多くは、初期の混練工程で機能を付与するために高分子材料と粒子や繊維であるフィラーと混練・混合されペレット化される。ペレットは、その後の押出成形や射出成形工程で最終製品となる。この際、最も重要な要素技術がフィラー分散である。フィラー分散の良し悪しにより製品品質が決定されると言っても過言ではない。近年は、プラスチック材料の高機能化の追求により、この分散技術が複雑・多様化し、装置の最適化は困難を極める。
 本講座では、最初に混練押出機の変遷を通じて、現在の数種の異なる混練装置に至った経緯を解説し、装置の違いによる分散技術について説明する。また、現在ではプロセス開発に欠かせない樹脂流動シミュレーション技術についても、その有効性について例を挙げて説明する。次に、特に注目されているナノコンポジットに関して、世の中の動向を説明し、現在研究室で進めている伸張流動を利用したナノフィラー分散技術に関する研究を紹介する。

セミナー講演内容

1.混練の概念
 1.1 混合・混練の必要性
 1.2 混合・混練の概念
 1.3 混練の目的
 1.4 樹脂混練押出機の分類
 1.5 各機種の混練特性
 1.6 樹脂の溶融と分解
 
2.混練機・混練技術の変遷

 2.1 バッチ式混練機(基礎実験から研究開発事例まで)
  2.1.1 基礎研究によるロータの変遷
  2.1.2 噛み合い型混練機の開発
  2.1.3 多成分系混練実験
 2.2 二軸連続混練機(非噛合い型異方向回転二軸混練機)
 2.3 二軸連続混練押出機(噛合い型同方向回転二軸混練機)
  2.3.1 装置の変遷とその特長
  2.3.2 スクリュセグメント技術(ニーディングディスク)
  2.3.3 特殊セグメント技術

3.混練機・混練技術の高機能化
 3.1 装置の高性能化(高トルク化を中心に)
 3.2 装置の大型化

4.二軸押出機におけるフィラー分散のための流動解析技術
 4.1 ポリマー化学反応解析
 4.2 ニーディングディスク(キー溝部)の応力解析
 4.3 超臨界CO2利用によるナノクレイ分散技術(最適シールリング形状)

5.ナノコンポジットの最近の動向とナノフィラー分散技術
 5.1 最近のナノコンポジットの研究動向
 5.2 二軸混練押出機によるナノフィラー分散技術
 5.3 高速せん断流動を利用した射出成形機によるナノフィラー分散技術
 5.4 高圧伸張流動を利用した二軸混練押出機によるナノフィラー分散技術
  5.4.1 伸長流動発現の新規セグメント技術
  5.4.2 伸張流動によるCNT(CNF)分散技術
  5.4.3 伸張流動によるポリマーアロイ分散技術

  □ 質疑応答 □