セミナー 印刷

電気自動車におけるバッテリーマネジメントの基礎知識

~インピーダンス特性の理解から状態推定・劣化診断・均等充電制御技術~

受講可能な形式:【Live配信】のみ

ガソリン車から電気自動車への移行が進んでいく中でエネルギーマネジメントシステムの構築が重要視されている…

電気自動車におけるバッテリーマネジメント技術を基礎からわかりやすく解説!
マネジメント技術の理論と実際の現象を結びつけることが出来ます
日時 2023年1月30日(月)  10:30~16:30
会場 Live配信セミナー(会社・自宅にいながら受講可能)  
会場地図
受講料(税込)
各種割引特典
49,500円 ( E-Mail案内登録価格 46,970円 ) S&T会員登録とE-Mail案内登録特典について
定価:本体45,000円+税4,500円
E-Mail案内登録価格:本体42,700円+税4,270円
E-Mail案内登録なら、2名同時申込みで1名分無料 1名分無料適用条件
2名で49,500円 (2名ともE-Mail案内登録必須​/1名あたり定価半額の24,750円)
【テレワーク応援キャンペーン(1名受講)【Live配信/WEBセミナー受講限定】
 1名申込みの場合:受講料( 定価:39,600円/E-Mail案内登録価格 37,620円 )
   定価:本体36,000円+税3,600円
   E-Mail案内登録価格:本体34,200円+税3,420円
 ※1名様でLive配信/WEBセミナーを受講する場合、上記特別価格になります。
 ※お申込みフォームで【テレワーク応援キャンペーン】を選択のうえお申込みください。
 ※他の割引は併用できません。
配布資料製本テキスト(開催前日着までを目安に発送)
※セミナー資料はお申し込み時のご住所へ発送させていただきます。
※開催日の4~5日前に発送します。
 開催前日の営業日の夕方までに届かない場合はお知らせください。

※開催まで4営業日~前日にお申込みの場合、セミナー資料の到着が、
 開講日に間に合わない可能性がありますこと、ご了承下さい。
オンライン配信ZoomによるLive配信 ►受講方法・接続確認
備考※講義中の録音・撮影はご遠慮ください。
※開催日の概ね1週間前を目安に、最少催行人数に達していない場合、セミナーを中止することがございます。
得られる知識バッテリーの劣化に関する適切なエネルギーマネジメントの基礎知識が修得できます
対象バッテリーのエネルギーマネジメントに関心のある方は、
理論と実際を繋ぐ強固な基礎的バックグラウンドが構築できます。

セミナー講師

東海大学 工学部 機械システム工学科 臨時職員 坂本 俊之 氏
【経歴】
重電メーカで軸発電推進システムを造船所と共同開発、完成車メーカで電動車両用エネルギーパワープラントの研究開発及び品質熟成を担当。2011.04より東海大学教授。2022.03定年退職。

セミナー趣旨

 化石燃料を用いたクルマから、バッテリーをエネルギー源とした電気自動車へ移行するには、バッテリーの劣化特性を十分に考慮したエネルギーマネジメントシステムを構築する必要があります。本講座では、電気自動車のバッテリーマネジメントに関する基礎技術について基礎的な考え方から積み上げて解説します。これから先の実用技術へと繋がるように解説しますので、より深くご理解頂けるものと考えております。

セミナー講演内容

1.バッテリー特性を扱う場合の基礎技術
 1.1 一般電気回路から見たバッテリーの等価回路の考え方
 1.2 新品状態でのバッテリーの等価回路
 1.3 劣化途中におけるバッテリーの等価回路     
 1.4 バッテリーのACインピーダンス特性
 1.5 バッテリーの周波数特性      
 1.6 バッテリーのACインピーダンス特性の実測(新品及び劣化途中品)
 1.7 バッテリーのACインピーダンス特性のシミュレーション(新品及び劣化途中品)
 1.8 バッテリーの周波数特性のシミュレーション(新品及び劣化途中品)

2.バッテリーの状態推定と劣化診断技術 
 2.1 ACインピーダンス法を用いたバッテリーの診断技術
 2.2 バッテリー診断へ適用する統計的解析技術
 2.3 バッテリーの状態推定と劣化診断への適用   

3.バッテリーのマネジメント回路技術

 3.1 バッテリーの均等充電制御         
 3.2 キャハシタを用いたバッテリーの均等充電制御技術
 3.3 コイルを用いたバッテリーの均等充電制御技術
 3.4 キャハシタとコイルを用いたバッテリーの均等充電制御技術

4.エネルギーマネジメント技術の基礎と実際
 4.1 バッテリーの反応速度とエネルギーマネジメント技術
 4.2 バッテリーマネジメントシステムの状態推定基礎技術
 4.3 バッテリーマネジメントシステムの状態推定の実際

5.電気自動車とバッテリーマネジメント
 5.1 太陽光発電システムとの連携
 5.2 バッテリー情報とデータ通信技術
 5.3 リチウムイオンバッテリから全固体電池へ

  □ 質疑応答 □