セミナー 印刷

炭素繊維強化プラスチック(CFRP)の基礎知識と最新動向

~構成材料・力学特性・活用事例・成形加工・各種評価法~

受講可能な形式:【Live配信】のみ

初学者の方でもわかりやすくCFRPの基礎から力学特性発現メカニズム、評価手法について解説
CFRPについてこれから扱う方などCFRPについて基礎から学びたい方必聴です!
日時 2023年1月27日(金)  13:00~16:30
会場 Live配信セミナー(会社・自宅にいながら受講可能)  
会場地図
受講料(税込)
各種割引特典
44,000円 ( E-Mail案内登録価格 41,800円 ) S&T会員登録とE-Mail案内登録特典について
定価:本体40,000円+税4,000円
E-Mail案内登録価格:本体38,000円+税3,800円
E-Mail案内登録なら、2名同時申込みで1名分無料 1名分無料適用条件
2名で44,000円 (2名ともE-Mail案内登録必須​/1名あたり定価半額の22,000円)
【テレワーク応援キャンペーン(1名受講)【Live配信/WEBセミナー受講限定】
 1名申込みの場合:受講料( 定価:35,200円/E-Mail案内登録価格 33,440円 )
   定価:本体32,000円+税3,200円
   E-Mail案内登録価格:本体30,400円+税3,040円
 ※1名様でLive配信/WEBセミナーを受講する場合、上記特別価格になります。
 ※お申込みフォームで【テレワーク応援キャンペーン】を選択のうえお申込みください。
 ※他の割引は併用できません。
配布資料配布資料:製本テキスト(開催前日着までを目安に発送)
     ※セミナー資料はお申し込み時のご住所へ発送させていただきます。
     ※開催日の4~5日前に発送します。
      開催前日の営業日の夕方までに届かない場合はお知らせください。

     ※開催まで4営業日~前日にお申込みの場合、セミナー資料の到着が、
      開講日に間に合わない可能性がありますこと、ご了承下さい。
オンライン配信ZoomによるLive配信 ►受講方法・接続確認
備考※講義中の録音・撮影はご遠慮ください。
※開催日の概ね1週間前を目安に、最少催行人数に達していない場合、セミナーを中止することがございます。

セミナー講師

株式会社Tech-T(技術オフィスTech-T)  代表 高原 忠良 氏
【専門】
 高分子物性工学
【経歴】
 1980~1989 新日本無線株式会社 高融点金属・セラミックの研究
 1989~2012 トヨタ自動車 樹脂部品生産&材料・加工技術・CAE開発
 2012~2015 SamsungSDI(韓国本社) エンプラ研究所
 2015~2017 大手自動車メーカ 研究所 次世代車要素技術開発
 2017~現職 埼玉工業大学 客員教授
 2020~現職 株式会社Tech-T(技術オフィスTech-T) 設立

セミナー趣旨

 「プラスチックを良く知らない」「金属からの変更を検討したい」「興味はあるけど、どこから調べたら良いかがわからない」といった方や、今一度CFRPの基礎から復習する方向けの入門セミナーです。
 図や写真を多用しながらの説明で、CFRPがどんなものか(その利点から最新情報とその課題まで)を感覚的に理解できるよう、専門家がわかりやすく解説します。いざ実務を始めようとした際の入り口情報についても、各種ご紹介します。さらに最新動向もご紹介します。CF製造時のエネルギはカーボンニュートラルから見ての逆風、一方、風力発電用ブレードや電気自動車・燃料電池自動車からの期待と言った順風の両面で解説します。

セミナー講演内容

1.はじめに
 ・炭素繊維とは
 ・CFRPとは(炭素繊維の製造方法/CFRP としての複合化)
 ・構成する材料(炭素繊維/マトリックス樹脂/界面処理)

2.力学特性と設計の概要 
 ・複合則
 ・積層板理論  

3.成形加工法と選定の考え方

 ・近年の安価な加工法  

4.活用状況
 ・航空機
 ・自動車
 ・エネルギ分野
 ・土木
 ・スポーツ

5.金属代替としての検討ポイント
 ・金属材料とCFRPの違い
 ・要求特性
 ・コスト
 ・マルチマテリアル化と接着接

6.CFRPの評価・観察方法
 ・物性評価、界面評価
 ・部品評価(マクロ計測・ミクロ観察)
 ・最新観察法 各種(空中超音波・非接触赤外線など)
 ・CAEの活用(考え方と主要ソフト紹介)

7.CFRPの現状課題とエネルギ分野・次世代自動車からの期待
 ・カーボンニュートラルの視点での順風と逆風
 ・エネルギ対応技術
 ・風車と水素
 ・自動車の規制やEV対応としてのCFRPの価値
 ・脱炭素のための取組み
 ・CF製造とCF対応

  □ 質疑応答 □