セミナー 印刷

シランカップリング剤の基礎知識と使いこなすためのポイント

~反応メカニズム・選定/反応条件の検討・処理効果の分析評価・トラブル対策~

受講可能な形式:【Live配信】のみ


シランカップリング剤の反応メカニズムや表面処理状態の解析技術、最適条件の検討など基礎的な知識から
実務で使用する際の様々な注意点・疑問について解説!!
日時 2023年1月24日(火)  10:30~16:30
会場 Live配信セミナー(会社・自宅にいながら受講可能)  
会場地図
受講料(税込)
各種割引特典
49,500円 ( E-Mail案内登録価格 46,970円 ) S&T会員登録とE-Mail案内登録特典について
定価:本体45,000円+税4,500円
E-Mail案内登録価格:本体42,700円+税4,270円
E-Mail案内登録なら、2名同時申込みで1名分無料 1名分無料適用条件
2名で49,500円 (2名ともE-Mail案内登録必須​/1名あたり定価半額の24,750円)
【テレワーク応援キャンペーン(1名受講)【Live配信/WEBセミナー受講限定】
 1名申込みの場合:受講料( 定価:39,600円/E-Mail案内登録価格 37,620円 )
   定価:本体36,000円+税3,600円
   E-Mail案内登録価格:本体34,200円+税3,420円
 ※1名様でLive配信/WEBセミナーを受講する場合、上記特別価格になります。
 ※お申込みフォームで【テレワーク応援キャンペーン】を選択のうえお申込みください。
 ※他の割引は併用できません。
配布資料製本テキスト(開催前日着までを目安に発送)
※セミナー資料はお申し込み時のご住所へ発送させていただきます。
※開催日の4~5日前に発送します。
 開催前日の営業日の夕方までに届かない場合はお知らせください。

※開催まで4営業日~前日にお申込みの場合、セミナー資料の到着が、
 開講日に間に合わない可能性がありますこと、ご了承下さい。
オンライン配信ZoomによるLive配信 ►受講方法・接続確認
備考※講義中の録音・撮影はご遠慮ください。
※開催日の概ね1週間前を目安に、最少催行人数に達していない場合、セミナーを中止することがございます。
得られる知識シランカップリング剤を用いる上で、必要な基礎知識、反応の考え方、問題の解決法など、すべてのユーザーのお役に立てる講習にしたいと思っております。また、ここ1年得られた新しいデータについてもご紹介します。
対象・シランカップリング剤を実際に用いる研究・開発に携わっておられる方
・これから始めようと思われている方
・その他現時点で解決したい問題がある方
予備知識は必要ありませんが、すでにお使いの方にも得られる情報が多い講習といたします。

セミナー講師

セミナー趣旨

 シランカップリング剤の使い方について、分かりやすくまとめます。前半部分では、ほとんどの参考書・教科書や論文で触れられることがなかった反応メカニズムや表面処理の解析について、詳細に解説いたします。後半では、これまでに受けたよくある質問をQ&A形式で解説いたします。

セミナー講演内容

1.シランカップリング剤について
 1.1 シランカップリング剤の構造と種類
 1.2 シランカップリング剤の用途
 1.3 シランカップリング剤の応用範囲および将来展開

2.シランカップリング剤の反応
 2.1 シランカップリング剤の反応例
 2.2 シランカップリング剤の反応メカニズム
 2.3 シラノールの反応中間体並びにシロキサン生成機構

3.シランカップリング剤の応用
 3.1 新規機能性シランカップリング剤の例
 3.2 具体的な用途
 3.3 次世代シランカップリング剤について

4. シランカップリング剤による表面処理
 4.1 反応の詳細
 4.2 関連する条件
 4.3 最適条件について
  4.3.1 表面前処理
  4.3.2 処理温度
  4.3.3 溶媒の選択
  4.3.4 シランカップリング剤の選択

5.シランカップリング剤Q&A講座
 ・シランカップリング剤を使用する際に考慮すべき因子は?
 ・カップリング処理に際しての留意点は?
 ・シランカップリング剤の耐熱性は?
 ・加水分解させて使うとどんな効果があるのか?    
 ・加水分解性と接着への影響は? 
 ・シランカップリング剤の処理層の劣化対策は?
 ・カップリング処理液の調整/安定化する方法は?    
 ・未反応カップリング剤の除去方法は?  
 ・未反応カップリング剤の及ぼす影響とは?    
 ・末端に残ったOH基を消すには?    
 ・官能基の置換をするとどんなことが起こる?
 ・求めるスペックに合わせた反応条件の最適化とは?
 ・反応のバラツキの原因とは?またその対策は?
 ・添加量の目安とは?
 ・最適条件について 
 ・表面被覆状態を分析/解析するには?
 ・表面の水酸基の密度を見積もるには?
 ・被覆率を解析/評価するには??
 ・表面/深さ方向の組成分析をするには?
 ・反応の進行を解析するには?

6.最近の結果より

  □ 質疑応答 □