セミナー 印刷

開発・製造現場の人が行うべき
KPIマネジメント術

~見える化、コスト削減、生産性向上を目指して~

受講可能な形式:【Live配信】or【アーカイブ配信】のみ
勘や経験に偏った意思決定になりがち... 目標設定はしたがうまく達成できない...
このような事態に陥っていませんか?
本講座では経営計画から個人目標まで開発・製造現場におけるKPI活用術を解説。
KPIの基礎から設定・活用のポイントを学ぶことによって、個人目標から組織目標の達成実現への糸口が見つかるはず!
管理職の方はもちろん、新人の方にも学んでいただきたい内容となっています。

 
◆得られる知識
・KPIないしKPIマネジメントについての基礎的な概念
・KPIを設定する上での留意点・着眼点
・KPIを活用した経営管理(PDCA)とその推進におけるポイント
・開発・製造等の部門におけるKPI設定例や活用例 など
【Live配信受講者特典のご案内】
 Live(Zoom)配信受講者には、特典(無料)として「アーカイブ配信」の閲覧権が付与されます。
 オンライン講習特有の回線トラブルや聞き逃し、振り返り学習にぜひ活用ください。
日時 【Live配信(Zoom使用)受講】 2023年1月24日(火)  14:00~16:30
【アーカイブ受講】 2023年2月2日(木)  配信開始予定(視聴期間:2/2~2/16)
会場 【Live配信(Zoom使用)受講】 Live配信セミナー(会社・自宅にいながら受講可能)  
会場地図
【アーカイブ受講】 Webセミナー(会社・自宅にいながら受講可能)  
会場地図
受講料(税込)
各種割引特典
35,200円 ( E-Mail案内登録価格 33,440円 ) S&T会員登録とE-Mail案内登録特典について
定価:本体32,000円+税3,200円
E-Mail案内登録価格:本体30,400円+税3,040円
E-Mail案内登録なら、2名同時申込みで1名分無料 1名分無料適用条件
2名で35,200円 (2名ともE-Mail案内登録必須/1名あたり定価半額17,600円)
【テレワーク応援キャンペーン(1名受講) Live配信/WEBセミナー受講限定】
1名申込みの場合:受講料( 定価 29,700円/E-Mail案内登録価格 28,215円 ) 

 定価:本体27,000円+税2,700円
 E-Mail案内登録価格:本体25,650円+税2,565円

1名様でLive配信/WEBセミナーを受講する場合、上記特別価格になります。
※お申込みフォームで【テレワーク応援キャンペーン】を選択のうえお申込みください。
※他の割引は併用できません。
特典Live(Zoom)配信受講者には、特典(無料)として「アーカイブ配信」の閲覧権が付与されます。聞き逃しや振り返り学習に活用ください。
(アーカイブ配信については、「オンライン配信」項目を参照)
配布資料Live配信(Zoom使用)受講:PDFテキスト(印刷可)
  ※PDFデータは、マイページよりダウンロードしていただきす。
   (開催2日前を目安にダウンロード可)

アーカイブ配信受講PDFテキスト(印刷可)
  ※PDFデータは、マイページよりダウンロードいただきます。
オンライン配信①ZoomによるLive配信 ►受講方法・接続確認(申込み前に必ずご確認ください)
②アーカイブ配信
 ►受講方法・視聴環境確認(申込み前に必ずご確認ください)
備考※講義中の録音・撮影はご遠慮ください。

セミナー講師

株式会社アットストリーム
代表取締役

大工舎 宏 氏  ≫詳しいご経歴はこちら

【経歴】
京都大学法学部卒業
Arthur Andersenを経て、株式会社アットストリームを共同設立。
現在、同社代表取締役兼アットストリームパートナーズ合同会社の理事長・代表パートナー兼 公認会計士。

【主な支援・業務】
●事業構造改革/収益構造改革/新規事業戦略の企画・立案・実行
●各種経営管理制度(業績管理・KPI、管理会計、原価管理等)の企画・設計と導入・定着化支援
●上記に伴う組織変革活動・改革浸透活動の企画・立案・実行

セミナー趣旨

 KPIという言葉は概ね一般化し、企業・部門の目標管理において多く用いられています。一方で、その設定方法・活用方法や意義・効果については十分な理解が得られていない面もあると考えています。
 本講座では、KPIマネジメントの基礎的な事項から解説するとともに、開発・製造現場における活用事例などをご紹介いたします。

セミナー講演内容

1. KPIマネジメントの基礎
 1-1. KPIの基本的な概念・用語
 1-2. KPIマネジメントの本質
 1-3. 目標と達成している組織の特徴とKPIマネジメント
 1-4. KPIマネジメントにおける一般的な経営管理体系

2. KPIの設定・活用におけるポイント
 2-1. 目標指標(KGI)の設定における着眼点
 2-2. 重要成功要因(CSF)、管理指標(KPI)の設定における着眼点 

3. 開発・製造現場における設定・活用事例
 3-1. 経営計画~部門目標~個人目標の連鎖性向上に取り組んだ事例 など
 3-2. 各事例における開発・製造部門におけるKPI活用例 など

□質疑応答□