セミナー 印刷

超撥水/油・超親水・高滑液性
表面創製技術の基礎と最前線

― ”正しい” ぬれ評価法と、国内外の最新研究開発動向、 "実用的" な表面処理技術の最先端 ―

接触角ヒステリシス制御 動的接触角の測定法 滑液性に優れた機能表面の成膜法
曇りのメカニズム・防曇処理への応用 最新トピック etc.

受講可能な形式:【会場受講】or【Live配信】のみ
静的/動的ぬれに対する正しい知識・評価技術から最新の超撥水/撥油,超親水,高滑液性表面処理技術までを一日速習!
当社人気書籍「超撥水・超撥油・滑液性表面の技術(第2巻)」や「超親水・親油性表面の技術
でも執筆協力を頂いている産総研の穂積氏を講師にお迎えしてのセミナーです。

「親水性と滑水性を兼ね備えた透明皮膜」「ポリマーブラシの大面積合成」「自己修復する超撥水性材料」などなど、
最新トピックの調査・情報収集にもぜひご活用ください。
日時 【会場受講】 2023年1月23日(月)  10:30~16:30
【Live配信】 2023年1月23日(月)  10:30~16:30
会場 【会場受講】 東京・港区浜松町 ビジョンセンター浜松町  6F Aルーム
会場地図
【Live配信】 Webセミナー(会社・自宅にいながら受講可能)  
会場地図
受講料(税込)
各種割引特典
49,500円 ( E-Mail案内登録価格 46,970円 ) S&T会員登録とE-Mail案内登録特典について
定価:本体45,000円+税4,500円
E-Mail案内登録価格:本体42,700円+税4,270円
E-Mail案内登録なら、2名同時申込みで1名分無料 1名分無料適用条件
2名で49,500円 (2名ともE-Mail案内登録必須​/1名あたり定価半額の24,750円)

テレワーク応援キャンペーン(【Live配信/WEBセミナー1名受講限定】

1名申込みの場合:受講料39,600円 ( E-Mail案内登録価格 37,620円 )
 定価:本体36,000円+税3,600円
 E-Mail案内登録価格:本体34,200円+税3,420円
  ※1名様でLive配信/WEBセミナーを受講する場合、上記特別価格になります。
  ※お申込みフォームで【テレワーク応援キャンペーン】を選択のうえお申込みください。
  ※他の割引は併用できません。
配布資料製本テキスト
 会場受講:当日会場でお渡しいたします
 Live配信受講:開催日の4,5日前に発送予定
  ※セミナー資料はお申し込み時のご住所へ発送させていただきます。
  ※開催まで4営業日~前日にお申込みの場合、セミナー資料の到着が、
   開講日に間に合わない可能性がありますこと、ご了承下さい。  
  ※受講時にはスライドが画面表示されますので 製本テキストがお手元に無くても 受講には差支えございません。
  ※製本テキストの一部はPDFデータでの配布も予定
オンライン配信ZoomによるLive配信 ►受講方法・接続確認 (申込み前に必ずご確認ください)
備考※昼食付(会場受講者限定)
※講義中の録音・撮影はご遠慮ください。
※講義中の会場でのパソコン使用はキーボードの打音などでご遠慮いただく場合がございます。
※開催日の概ね1週間前を目安に、最少催行人数に達していない場合、セミナーを中止することがございます。
 
得られる知識
・ぬれに関する基礎的な知識と理論
・ぬれ(静的/動的)評価技術の正しい知識
・実用的な表面処理(撥水/撥油,親水,高滑液)技術および国内外の最新の研究開発動向 
 
 
受講対象
・表面処理,表面改質技術に従事している方 
・各種基材表面への撥水・撥油性,親水性付与技術を研究している方など
 

セミナー講師

(国研)産業技術総合研究所 極限機能材料研究部門 材料表界面グループ 研究グループ長 穂積 篤 氏
【専門】表面化学、材料プロセス工学、薄膜工学
平成11年4月1日 工業技術院名古屋工業技術研究所入省
平成18年4月1日〜平成19年3月31日 経済産業省製造産業局非鉄金属課 ナノテクノロジー・材料戦略室勤務 産業技術企画調査員 
平成19年 客員研究員, University of Bristol(英国)
平成19年 客員教授, University of Massachusetts Amherst(米国)
令和2年4月1日〜 客員教授,愛知工業大学
令和2年4月1日〜 現職
アメリカ化学会、アメリカ接着学会、高分子学会、日本化学会、表面技術協会、無機マテリアル学会

セミナー趣旨

 本セミナーでは,固体表面における“ぬれ”の正しい評価方法と制御技術についての基礎〜応用知識の修得を目指す。最新の超撥水/撥油,超親水,高滑液性表面処理技術について,国内外の最新の研究開発動向を紹介するとともに,演者らが取り組んでいる実用的な表面処理技術について,その設計指針と得られる機能について実例(単分子膜,ゲル,ポリマーブラシ,ハイブリッド皮膜等)を挙げながら分かりやすく詳細に解説する。

セミナー講演内容

1. ぬれの基礎
 1.1 Youngの式
 1.2 表面張力の定義
 1.3 表面自由エネルギーとは?
 1.4 Cassieの式(凹凸表面におけるぬれ)
 1.5 Wenzelの式(複合表面におけるぬれ)
 1.6 CassieとWenzelの式は本当に正しいのか? 
 1.7 既存理論を否定する研究事例
 1.8 3相接触線の重要性
 1.9 これまでのぬれ性評価法とその問題点
 1.10 静的接触角とぬれ性との関係

2. 動的ぬれ性の考え方と測定・制御方法
 2.1 動的ぬれ性とは?
 2.2 動的ぬれ性制御の重要性
 2.3 動的接触角
 2.4 動的接触角の測定方法
  2.4.1 Wilhelmy法とその特徴
  2.4.2 転落法とその特徴
  2.4.3 拡張収縮法とその特徴
 2.5 接触角ヒステリシスの定義
 2.6 自然界における高/低接触角ヒステリシス表面
 2.7 接触角ヒステリシス制御に関する過去の研究
 2.8 接触角ヒステリシスを抑制するためのコンセプト
 2.9 接触角ヒステリシスと滑落性の関係
 2.10 低接触角ヒステリシス表面の応用事例

3. (超)撥水/撥油処理の国内外の最新研究開発動向
 3.1バイオミメティクス(生物模倣技術)
 3.2 (超)撥水/撥油性を得るための指針
 3.3 これまでの(超)撥水/撥油性表面の問題点・課題
 3.4 最近の(超)撥水/撥油性の定義
 3.5 (超)撥水/撥油処理の最新研究開発動向


4.滑液性に優れた機能表面
 
4.1 自己組織化単分子膜の成膜方法とその特徴
 4.2 ポリマー皮膜/ポリマーブラシの成膜方法とその特徴
 4.3 有機-無機ハイブリッド皮膜の成膜方法とその特徴
 4.4 離しょうゲルの成膜方法とその特徴

5. (超)親水処理の最新研究開発動向
 5.1 (超)親水性を得るための指針
 5.2 これまでの(超)親水性表面の問題点
 5.3 (超)親水性処理の最新研究開発動向
 5.4 防曇処理への応用
  5.4.1 曇りのメカニズムとぬれ性制御の重要性
  5.4.2 これまでの防曇処理の研究事例
  5.4.3 防曇処理の最新研究開発動向
  5.4.4 魚類体表を模倣した多機能透明防曇皮膜

6.現状の課題と最近のトピックス
 6.1 親水性と滑水性を兼ね備えた透明皮膜の開発
 6.2 ポリマーブラシの大面積合成技術の開発
 6.3 傷が自己修復する超撥水性材料の開発
 
7.まとめ

  □質疑応答□