セミナー 印刷

廃プラスチックのマテリアルリサイクル実践入門講座

自動車・家電のポリプロピレンを中心とした、マテリアルリサイクル材の生産・活用のポイント

■廃プラのマテリアルリサイクル業界の概況■
■ポリプロピレンを例としたマテリアルリサイクル材の生産・活用技術開発■
■具体的なリサイクル材の適用事例と課題、関連する法規制と今後の展望■

受講可能な形式:【Live配信(アーカイブ配信付)】のみ

持続可能な社会実現に向け、プラスチック製品へのリサイクル材活用のニーズが高まっています。
本セミナーでは、長年マテリアルリサイクルに携わってきた講師が、主に自動車や家電のポリプロピレン(PP)を例に、
廃プラの分別・回収からリサイクル材としての再生まで、実務担当者が押さえておくべき必須知識を解説します。
また、リサイクル材にバージン材と同等の物性や機能を付与し、その品質を担保するための要点や技術的ノウハウも伝授します。

廃プラのリサイクル材の生産・活用に関心のある方、新規参入をご検討されている方、
新たにリサイクル材料開発に携わることになった方、リサイクル材生産実務において技術的課題をお持ちの方、
自社製品へリサイクル材の活用を検討しているが品質面で不安をお持ちの方など、ぜひご受講をご検討ください。


【セミナー概要】
 ・マテリアルリサイクル用原材料の国内外の発生源推移と、よく使われる廃プラの種類および具体的な分別技術を解説。
 ・PPを例に、リサイクル材生産に向けた要素技術と材料開発について、添加剤・着色剤・強化剤の種類・機能から、
  物性の調整・粉砕材のコンパウンディング技術や、割れ・クラック・劣化対策など、具体的な技術フォローを指南。
 ・リサイクル材の家電・自動車などへの適用事例と技術・事業課題、
  日本・中国の新規関連法規とその影響、外部環境の変化を踏まえた今後のリサイクルビジネスを展望。
日時 2022年12月20日(火)  10:30~16:30
会場 Live配信セミナー(会社・自宅にいながら受講可能)  
会場地図
受講料(税込)
各種割引特典
49,500円 ( E-Mail案内登録価格 46,970円 ) S&T会員登録とE-Mail案内登録特典について
定価:本体45,000円+税4,500円
E-Mail案内登録価格:本体42,700円+税4,270円
E-Mail案内登録なら、2名同時申込みで1名分無料 1名分無料適用条件
2名で49,500円 (2名ともE-mail案内登録必須​/1名あたり定価半額の24,750円)
 テレワーク応援キャンペーン(1名受講)【Live配信/WEBセミナー受講限定】

1名申込みの場合:受講料39,600円 ( E-Mail案内登録価格 37,620円 ) 
 定価:本体36,000円+税3,600円
 E-Mail案内登録価格:本体34,200円+税3,420円
※1名様でLive配信/WEBセミナーを受講する場合、上記特別価格になります。
※お申込みフォームで【テレワーク応援キャンペーン】を選択のうえお申込みください。
※他の割引は併用できません。
配布資料PDFテキスト(印刷可)のみ
オンライン配信ZoomによるLive配信 ►受講方法・接続確認(申込み前に必ずご確認ください)

セミナー視聴・資料ダウンロードはマイページから
お申し込み後、マイページの「セミナー資料ダウンロード/映像視聴ページ」に
お申込み済みのセミナー一覧が表示されますので、該当セミナーをクリックしてください。
開催日の【営業日2日前】より視聴用リンクと配布用資料のダウンロードリンクが表示されます。

アーカイブ(見逃し)配信について
視聴期間:終了翌営業日から7日間[12/21~11/27]を予定
※アーカイブは原則として編集は行いません
※視聴準備が整い次第、担当から視聴開始のメールご連絡をいたします。
 (開催終了後にマイページでご案内するZoomの録画視聴用リンクからご視聴いただきます)
備考※講義中の録音・撮影はご遠慮ください。
※講義中の会場でのパソコン使用はキーボードの打音などでご遠慮いただく場合がございます。
※開催日の概ね1週間前を目安に、最少催行人数に達していない場合、セミナーを中止することがございます。
受講対象
・廃プラスチックのリサイクル材の生産/活用に関心を持たれている方、携わっている方。
・マテリアルリサイクル技術や廃プラリサイクル事業に興味を持たれている方。
 
得られる知識
・樹脂マテリアルリサイクルの各要素技術と着色・強化など高付加価値化の為の技術のポイント。

セミナー講師

RTC リサイクルテクノロジーコンサルティング
樹脂マテリアルリサイクルコンサルタント 赤穗 達史 氏 《講師詳細》


【専門】樹脂マテリアルリサイクル、高分子化学
【資格】一級カラーコーディネーター
【業務・活動】樹脂マテリアルリサイクルに関わる開発、製造、品質保証、技術フォローに関するコンサルティング

セミナー趣旨

 樹脂マテリアルリサイクルを取り巻く状況、及び生産する上での各要素技術と、主にポリプロピレンの高付加価値分野への適用事例も紹介し、リサイクル材の活用に関心を持たれている方、生産に携わっている方、リサイクル事業に興味を持たれている方に有用と思われる知識をご提供したい。

セミナー講演内容

1.はじめに
 1.1 よく使われているプラスチック 

2.廃プラの行き先と樹脂マテリアルリサイクル業界の概況
 2.1 樹脂マテリアルリサイクル用原材料の発生源推移
 2.2 樹脂マテリアルリサイクル用原材料の国内向け海外向け推移
 2.3 樹脂マテリアル業界の概況

3.樹脂マテリアルリサイクル向け廃プラの数々
 3.1 工程内廃材
  3.1.1 重合、ペレット化時のダンゴ
  3.1.2 グレードチェンジ時の廃材
  3.1.3 フィルム、シート端材
  3.1.4 射出成型時のスプルー、ランナー、成形不良品
 3.2 ポストコンシューマー材
  3.2.1 ペットボトルとキャップ
  3.2.2 容器包装リサイクル法材
  3.2.3 家電リサイクル法材
  3.2.4 自動車リサイクル法材
  3.2.5 発泡スチロールの減容化材

4.分別技術
 4.1 手分解
  4.1.1 廃家電処理での手分解
  4.1.2 自動車解体での手分解
 4.2 機械分別
  4.2.1 廃家電の樹脂分別フロー
  4.2.2 破砕 粉砕
  4.2.3 風力選別
  4.2.4 浮沈選別
  4.2.5 ジグ選別
  4.2.6 摩擦選別
  4.2.7 静電気選別
  4.2.8 近赤外線識別技術
  4.2.9 X線分析選別

5.PPの基本構造と劣化
 5.1 PPの基本構造
  5.1.1 アイソタクチックポリプロピレン
 5.2 PPの劣化
  5.2.1 PPのラジカル発生点と劣化

6.添加剤
 6.1 酸化防止剤
  6.1.1 フェノール系
  6.1.2 リン系
  6.1.3 チオエーテル系
 6.2 金属不活性化剤
 6.3 光安定剤
  6.3.1 HALS(ヒンダードアミン系光安定剤)
  6.3.2 紫外線吸収剤(UVA)
 6.4 流動性調整剤
 6.5 酸変性ポリプロピレン

7.着色剤
 7.1 無機顔料
 7.2 有機顔料
 7.3 分散剤
 7.4 展着剤

8.強化材
 8.1 板状フィラー
 8.2 針状フィラー
 8.3 ゴム成分

9.材料開発
 9.1 物性調整と長期耐久性付与
 9.2 再調色

10.粉砕材のコンパウンディング
 10.1 粉砕材の均一化
 10.2 添加剤、顔料の小分け
 10.3 ブレンディング
 10.4 ペレット化
  10.4.1 原料フィード
  10.4.2 混錬押出し機の種類と特徴
  10.4.3 スクリーンチェンジャーの種類と特徴
  10.4.4 カッティング機の種類と特徴
  10.4.5 アフターブレンド(製品の均一化)
  10.4.6 マグネット 金属除去
  10.4.7 袋詰め
  10.4.8 設備のフローチャートの例
 10.5 工程管理・バッチ管理
 10.6 生産管理
 10.7 設備管理・摩耗管理
 10.8 品質保証
  10.8.1 測定室の温度湿度管理
  10.8.2 サンプルの調整
  10.8.3 MFR測定
  10.8.4 引張試験
  10.8.5 衝撃試験
  10.8.6 蛍光X線分析
  10.8.7 ガスクロマトグラフ質量分析計
  10.8.8 品質保証の考え方

11.技術フォロー
 11.1 流動性
 11.2 表面外観
 11.3 割れ クラック
 11.4 劣化

12.適用事例
 12.1 家電
 12.2 自動車
 12.3 グリーン購入法関連

13.技術及び事業課題
 13.1 技術課題
 13.2 事業課題

14.リサイクル新規関連法規とその影響
 14.1 中国の新規関連法規
 14.2 日本の新規関連法規

15.今後の展望
 15.1 外部環境の変化を踏まえた今後の展望

 □ 質疑応答 □