セミナー 印刷

進展するチップレット集積とその要素技術の最新動向

受講可能な形式:【Live配信】のみ

半導体パッケージの新たな潮流として注目されるチップレットについて、その開発背景、研究開発の現状、国際会議での話題も含めた最新動向、今後の方向性まで解説します。
日時 2022年12月8日(木)  13:30~15:20
会場 Live配信セミナー(会社・自宅にいながら受講可能)  
会場地図
受講料(税込)
各種割引特典
27,500円 ( E-Mail案内登録価格 26,070円 ) S&T会員登録とE-Mail案内登録特典について
定価:本体25,000円+税2,500円
E-Mail案内登録価格:本体23,700円+税2,370円
E-Mail案内登録なら、2名同時申込みで1名分無料 1名分無料適用条件
2名で27,500円 (2名ともE-mail案内登録必須​/1名あたり定価半額13,750円)
※他の割引は併用できません。
配布資料・PDFテキスト(印刷可)
 ※PDFテキストはマイページよりダウンロードいただきます。(開催の営業日2日前よりダウンロード可)
オンライン配信ZoomによるLive配信 ►受講方法・接続確認(申込み前に必ずご確認ください)
備考※講義中の録音・撮影はご遠慮ください。
※開催日の概ね1週間前を目安に、最少催行人数に達していない場合、セミナーを中止することがございます。
得られる知識・チップレット集積技術の情報機械/半導体集積回路全体の中での位置づけ
・チップレット集積のモチベーション
・チップレット集積技術の過去、現在の動向
・チップレット集積技術の今後の方向性

セミナー講師

東京工業大学 科学技術創成研究院 未来産業技術研究所 特任教授 栗田 洋一郎 氏 [Webページ]
【略歴】
 1994年 東京工業大学卒業
 1996年 東京工業大学大学院修士課程終了
 1996-2002年 NEC(日本電気)社
 2002-2010年 NECエレクトロニクス社
 2010-2012年 ルネサスエレクトロニクス社
 2012-2021年 東芝
 2021年-    東京工業大学
 博士(工学・東京工業大学)

セミナー趣旨

ムーアの法則の終焉に伴い、チップレット集積技術は、素子集積規模のスケールアウトやフォン・ノイマンボトルネックの解消に代表される異種集積を実現する技術として期待されており、実際のインプリメンテーションも始まっている。このような背景や、その将来について、現在の研究状況を踏まえながら解説する。

セミナー講演内容

1.情報機械の歴史と半導体集積回路
2.半導体集積回路の課題
3.チップレット集積技術の現在
4.最新の研究動向(ECTC 2022、IMAPS 2022より)
5.今後の方向性


□ 質疑応答(20分程度) □