セミナー 印刷

乳化・分散に役立つ界面活性剤を徹底解説!
選定・活用・分析・評価ノウハウ

~粒度分布 安定性 界面物性 レオロジー評価~
~乳化系のCCDカメラ・高速カメラによる観察法~

受講可能な形式:【Live配信(アーカイブ配信付)】のみ

界面化学の基礎知識から、界面活性剤の選び方、長期安定化や微細化といったテクニック、
そして、粒度分布、安定性、界面物性、レオロジーなど、何を指標にどんな評価をすべきかまで、
乳化・分散に役立つ界面活性剤の選定・活用・分析・評価ノウハウを徹底解説します
日時 2022年12月8日(木)  10:30~16:30
会場 Live配信セミナー(会社・自宅にいながら受講可能)  
会場地図
受講料(税込)
各種割引特典
49,500円 ( E-Mail案内登録価格 46,970円 ) S&T会員登録とE-Mail案内登録特典について
定価:本体45,000円+税4,500円
E-Mail案内登録価格:本体42,700円+税4,270円
E-Mail案内登録なら、2名同時申込みで1名分無料 1名分無料適用条件
2名で49,500円 (2名ともE-Mail案内登録必須​/1名あたり定価半額の24,750円)
【テレワーク応援キャンペーン(1名受講)【Live配信/WEBセミナー受講限定】
 
1名申込みの場合:受講料39,600円 ( E-Mail案内登録価格 37,620円 )
   定価:本体36,000円+税3,600円
   E-Mail案内登録価格:本体34,200円+税3,420円
 ※1名様でLive配信/WEBセミナーを受講する場合、上記特別価格になります。
 ※お申込みフォームで【テレワーク応援キャンペーン】を選択のうえお申込みください。
 ※他の割引は併用できません。
配布資料PDFテキスト(印刷可・編集不可)
オンライン配信ZoomによるLive配信 ►受講方法・接続確認(申込み前に必ずご確認ください)

セミナー視聴・資料ダウンロードはマイページから
お申し込み後、マイページの「セミナー資料ダウンロード/映像視聴ページ」に
お申込み済みのセミナー一覧が表示されますので、該当セミナーをクリックしてください。
開催日の【営業日2日前】より視聴用リンクと配布用資料のダウンロードリンクが表示されます。

アーカイブ(見逃し)配信について
視聴期間:開催翌週の3日間[12/12~12/14]
※アーカイブは原則として編集は行いません
※視聴準備が整い次第、担当から視聴開始のメールご連絡をいたします。
(開催終了後にマイページでご案内するZoomの録画視聴用リンクからご視聴いただきます)
備考※講義中の録音・撮影はご遠慮ください。
※開催日の概ね1週間前を目安に、最少催行人数に達していない場合、セミナーを中止することがございます。
得られる知識
1.乳化・分散のための界面化学と界面活性剤に関する基礎知識  
2.安定なエマルション/ディスパージョンを作るには?
3.エマルション/ディスパージョン製剤の評価方法
4.化粧品・食品・医薬品の商品設計・開発の実例

セミナー講師

山形大学 大学院 理工学研究科 化学・バイオ工学専攻 教授 博士(工学) 野々村 美宗 氏
【専門】物理化学、界面化学、化粧品学
花王(株)でメイクアップ化粧料や身体洗浄料の商品開発を担当。
2007年から現職。日本化学会、日本油化学会、化粧品技術者会、日本香粧品学会会員

セミナー趣旨

 水の中に油や粉を分散して、化粧品・食品・医薬品・化学品に使われる製剤を開発するためには、界面活性剤はなくてはならない重要な原料です。しかし、安全性やコストの縛りもある中で、長期保存安定性を確保しながら、商品として求められるテクスチャーや機能を実現することは思いのほか難しいものです。本講義では、エマルション/ディスパージョン製剤を調製するために必要な界面化学や界面活性剤に関する基礎知識を学んだ上で、エマルション/ディスパージョンの生成・崩壊メカニズムに基づいた微細化・安定化のテクニックについて説明します。
 また、商品開発をする上で避けて通ることの出来ないエマルション/ディスパージョンの状態、粒度分布、安定性、界面物性、レオロジーの評価法について学びます。エマルション/ディスパージョンの特性を理解するために不可欠な表面張力・動的表面張力・表面粘弾性に加えて、最近様々な分野で利用されているCCDカメラや高速カメラによる観察の結果について紹介します。
 さらに、最近注目されている固体粒子によって安定化されたピッカリングフォーム、われわれが開発した摩擦評価装置を用いたエマルション製剤や化粧品・食品の評価、黄色ブドウ球菌を選択的に抗菌する界面活性剤について解説します。

セミナー講演内容

1.界面活性剤の特性と魅力
 1.1 界面活性剤とは?
 1.2 界面活性剤の機能と歴史
 
2.乳化・分散のための界面化学の基礎知識
 2.1 表面張力と界面張力
 2.2 DLVO理論: 液滴-液滴、粒子-粒子間に働く相互作用とそのコトントロール
 
3. 乳化・分散のために使われる界面活性剤の基礎知識
 3.1 界面活性剤の定義と種類  
 3.2 石けん: 今も昔もエマルション/ディスパージョン設計の主役
 3.3 両性界面活性剤: アニオン界面活性剤との会合体形成と界面膜の強化
 3.4 皮膚刺激/環境負荷の低い機能性界面活性剤: 
   アミノ酸系界面活性剤・アルキルリン酸系界面活性剤・アルキルエーテルカルボン酸
 3.5 シリコーン系界面活性剤: 安全性・撥水性が高い機能性材料
 3.6 天然由来の界面活性剤 サポニン ゼラチン カゼイン 大豆たんぱく
 
4.安定なエマルション/ディスパージョンの作り方 
 4.1 クリーミングと合一の防ぎ方: 最適な界面活性剤と添加剤の選び方
 4.2 長期安定なエマルションの作り方: αゲル乳化法・粘土鉱物乳化法
 4.3 微細なエマルション滴の作り方: 転相乳化法/転相温度乳化法(PIT 乳化法)/D相乳化法/液晶乳化法
 4.4 固体粒子の表面状態とディスパージョンの安定化
 
5.エマルション/ディスパージョンの評価法
 5.1 W/OかO/Wか? 色素、電気伝導度、希釈法
 5.2 乳化系の判定: 目視観察、顕微鏡観察
 5.3 状態・物理特性: 粒子径・粒度分布測定、粘度・レオロジー測定
 5.4 自己組織化構造: 表面張力濃度曲線、偏光顕微鏡、X線解析
 5.5 長期保存安定性
 
6.最新情報
 6.1 固体粒子によって安定化されたピッカリングエマルションとドライウオーター
 6.2 エマルション/ディスパーションの摩擦ダイナミクスと化粧料・身体洗浄料の評価
 6.3 口腔内の状態を模倣した食感センシングシステムを用いた食品の摩擦評価
 6.4 界面活性剤の新しい機能: 黄色ブドウ球菌を選択的に抗菌する界面活性剤

  □質疑応答□

キーワード:界面活性剤、エマルション、ディスパージョン、保存安定性、ピッカリングエマルション、摩擦、抗菌、食品、化粧品、医薬品、化学品