セミナー 印刷

基材への塗布層の設計、コーティング技術と
乾燥、欠陥・故障対策および機能性付与

~均一で欠陥の無い塗布・コーティングを実現するための
 基材、塗布液、塗布層の形成、塗布乾燥工程からのアプローチ~

■基材、コーティング液の素材■
■各種コーティング方法と乾燥過程■
■コーティング層の欠陥とその防止法、機能化の例■

受講可能な形式:【Live配信】のみ

均一なコーティング膜形成を実現するために
塗布される基材の表面処理・最適化、塗布層とその素材、水系塗布・溶剤系塗布、
厚みムラ、はじき・へこみ、白化、割れ、異物、気泡、、、塗布乾燥工程で発生する故障対策
コーティング層の機能化の実際
日時 2022年12月21日(水)  10:30~16:30
会場 Live配信セミナー(会社・自宅にいながら受講可能)  
会場地図
受講料(税込)
各種割引特典
49,500円 ( E-Mail案内登録価格 46,970円 ) S&T会員登録とE-Mail案内登録特典について
定価:本体45,000円+税4,500円
E-Mail案内登録価格:本体42,700円+税4,270円
※テレワーク応援キャンペーン(1名受講)【Live配信/WEBセミナー受講限定】
 1名申込みの場合:受講料( 定価:39,600円/E-mail案内登録価格 37,620円 )
39,600円 ( E-mail案内登録価格 37,620円 )

  定価:本体36,000円+税3,600円
  E-mail案内登録価格:本体34,200円+税3,420円
※1名様でLive配信/WEBセミナーを受講する場合、上記特別価格になります。
※お申込みフォームで【テレワーク応援キャンペーン】を選択のうえお申込みください。
※他の割引は併用できません。
E-Mail案内登録なら、2名同時申込みで1名分無料 1名分無料適用条件
2名で49,500円 (2名ともE-mail案内登録必須​/1名あたり定価半額24,750円) 
配布資料PDFテキスト(印刷可・編集不可)
オンライン配信ZoomによるLive配信 ►受講方法・接続確認(申込み前に必ずご確認ください)

セミナー視聴・資料ダウンロードはマイページから
お申し込み後、マイページの「セミナー資料ダウンロード/映像視聴ページ」に
お申込み済みのセミナー一覧が表示されますので、該当セミナーをクリックしてください。
開催日の【営業日2日前】より視聴用リンクと配布用資料のダウンロードリンクが表示されます。
備考※講義中の録音・撮影はご遠慮ください。
※開催日の概ね1週間前を目安に、最少催行人数に達していない場合、セミナーを中止することがございます。
得られる知識基材、コーティング液の素材、コーティング方法、コーティング層の欠陥とその防止法、機能化の例
対象・コーティングの初心者でコーティングを学びたい方
・実務でコーティングの知識が必要になった方 等
キーワード:基材、コーティング液の素材、コーディング方法、乾燥過程、欠陥とその対策、コーティング層の機能化

セミナー講師

畠山技術士事務所 所長 技術士(応用理学部門) 畠山 晶 氏
元 富士フイルム(株)
【講師紹介】

セミナー趣旨

 近年、コーティングにより、色々な機能を付与することが行われている。しかし、そのためには均一で欠陥のないコーティング層を形成することが前提になる。このセミナーでは均一なコーティング層を得るために必要な塗素材、塗布乾燥工程について説明する。更にコーティング層の欠陥とその対策手段についても説明したい。さらに機能化の例についても紹介する予定である。

セミナー講演内容

1.基材
 1.1 基材
  (1)有機基材
  (2)無機基材
  (3)基材表面の形状
 1.2 基材の表面処理
  (1)コロナ処理
  (2)シランカップリング剤処理
  (3)基材の下塗り
  (4)研磨

2.塗布層とその素材
 2.1 塗布層の素材
  (1)塗布層の構成素材
  (2)バインダー
  (3)架橋剤
  (4)界面活性剤
  (5)マット剤
  (6)フィラー
  (7)ポリマー
  (8)滑り剤
  (9)可塑剤
  (10)消泡剤
  (11)増粘剤
  (12)溶剤
 2.2 塗布液の物性

3.塗布方法
 3.1 塗布層の形成方法
 3.2 水系塗布と溶剤系塗布
 3.3 塗布法の例
  (1)スロットダイコーター
  (2)バーコーター
  (3)グラビアコーター
  (4)スライドホッパーコーター
  (5)スピンコーター

4.乾燥過程
 4.1 乾燥過程
 4.2 恒率乾燥
 4.3 減率乾燥

5.塗布乾燥工程で発生する故障
 5.1 厚みムラ
 5.2 スジ故障
 5.3 エア同伴
 5.4 はじきとへこみ
 5.5 割れ
 5.6 異物
 5.7 泡故障
 5.8 ゆず肌
 5.9 白化

6.コーティング層の機能化の例
 6.1 導電性
 6.2 熱伝導性
 6.3 低熱膨張性
 6.4 高屈折率化
 6.5 バリア性
 6.6 すべり性と耐傷性
 6.7 耐接着
 6.8 表面抵抗率低減とゴミ付き
 6.9 高耐久性
 6.10 機能性付与の弊害

7.まとめ

  □質疑応答□