セミナー 印刷

常温型フッ素系コーティング剤の
原理、構造、種類、実用例とPFAS規制問題

~フッ素コーティング剤を使うための基本とノウハウ、留意点~

■フッ素系コーティング剤の原理と有用な使用方法■
■塗布・乾燥方法等のノウハウと評価■
■フッ素化合物の規制動向の現状と対策■

受講可能な形式:【Live配信】のみ

フッ素系コーティング剤の種類 基本構造と特徴
実装基板、電子部品への展開、指紋付着低減・防汚コーティング剤としての応用
撥水・撥油、防湿・耐酸、防汚、離型、低摩擦、反射低減、、
フッ素系化合物の環境問題として取り上げられているPFAS(PFOS PFOA)規制の現状と対策
このセミナーの受付は終了致しました。
日時 2022年11月28日(月)  13:00~16:30
会場 Live配信セミナー(会社・自宅にいながら受講可能)  
会場地図
受講料(税込)
各種割引特典
44,000円 ( E-Mail案内登録価格 41,800円 ) S&T会員登録とE-Mail案内登録特典について
定価:本体40,000円+税4,000円
E-Mail案内登録価格:本体38,000円+税3,800円
E-Mail案内登録なら、2名同時申込みで1名分無料 1名分無料適用条件
2名で44,000円 (2名ともE-Mail案内登録必須​/1名あたり定価半額22,000円) 
テレワーク応援キャンペーン(1名受講)【Live配信/WEBセミナー受講限定】
1名申込みの場合:受講料( 定価:35,200円/E-Mail案内登録価格:33,440円 )

 定価:本体32,000円+税3,200円
 E-Mail案内登録価格:本体30,400円+税3,040円
1名様でLive配信/WEBセミナーを受講する場合、上記特別価格になります。
※お申込みフォームで【テレワーク応援キャンペーン】を選択のうえお申込みください。
※他の割引は併用できません。
配布資料電子媒体(PDFデータ/印刷可)
・弊社HPのマイページよりダウンロードいただきます。
・開催2日前を目安に、ダウンロード可となります。
・ダウンロードには会員登録(無料)が必要となります。
オンライン配信ZoomによるLive配信 ►受講方法・接続確認(申込み前に必ずご確認ください)
備考※講義中の録音・撮影はご遠慮ください。
※開催日の概ね1週間前を目安に、最少催行人数に達していない場合、セミナーを中止することがございます。

セミナー講師

(株)フロロテクノロジー 代表取締役 伊藤 隆彦 氏

セミナー趣旨

 透明で常温乾燥が可能なフッ素コーティング剤の基本原理、構造、評価、使用方法について説明いたします。また、現在盛んに行われているプリント配線板の防湿コーティング、LEDの硫化防止やリチウム電池の発火防止等のアプリケーション、タッチパネルの指紋付着防止における評価方法や使用方法、ナノインプリントリソグラフィーやカーボンファイバーシートなどの高精度樹脂成型の離型について説明いたします。

セミナー講演内容

1.フッ素系コーティング剤の種類 基本構造と特徴
 (1)表面張力の基礎
 (2)フッ素化合物の概要
 (3)フッ素系コーティング剤の種類
 (4)フッ素系コーティング剤の構造
 (5)フッ素系コーティング剤に用いられる溶剤

2.フッ素系防湿・耐酸コーティング剤
 (1)特徴・性能
 (2)系統別比較
 (3)評価方法
 (4)使用上のノウハウ
  a.塗布方法
  b.乾燥方法
 (5)使用例
 (6)よくあるお問い合わせと説明

3.撥水撥油処理剤
 (1)基本特性
 (2)使用例
 (3)評価方法

4.防汚(指紋低減)コーティング剤
 (1)防汚コーティングの基礎
  a.防汚コーティングの理論
  b.防汚コーティング 系統別比較
 (2)防汚性評価方法
  a.動的接触角測定
  b.簡易試験法
 (3)耐久性評価方法
  a.磨耗試験方法とそのコツ
 (4)評価実例
 (5)フッ素系防汚コーティング剤 使用上のコツ
  a.塗布方法
  b.乾燥方法
 (6)よくあるお問い合わせと説明
 
5.樹脂・エラストマー成型離型剤
 (1)構造と基本特性
 (2)応用例
  a.ナノインプリントリソグラフィー
  b.一般的な樹脂成型

6.低摩擦コーティング剤
 (1)基本特性
 (2)使用例
 (3)評価方法

7.表面反射低減コーティング剤
 (1)基本特性
 (2)使用例
 (3)評価方法

8.環境問題 PFAS問題について
 (1)PFASの種類 製品用途
 (2)規制の方向性
 (3)対策案

  □質疑応答□