セミナー 印刷

仕事力アップ・チームでの協働に欠かせない
“対人力”の基礎と向上法

■若手人材の仕事に必要な各種実践能力の養成講座■

~良い人間関係構築、業務の円滑遂行・成果向上のためのコミュニケーション法~

本セミナーは都合により中止となりました(2022年11月18日)
受講可能な形式:【Live配信】のみ
◎良い人間関係を築くための「対人力」の向上へ、インプット・アウトプットコミュニケーション能力の鍛え方を解説。
◎チーム組織がうまく機能するように、組織の活性化やメンバーの意欲向上に繋がるコミュニケーションや、チームリーダーのスキルアップ法も解説します。
このセミナーの受付は終了致しました。
日時 2022年11月25日(金)  13:30~17:00
会場 Live配信セミナー(会社・自宅にいながら受講可能)  
会場地図
受講料(税込)
各種割引特典
44,000円 ( E-Mail案内登録価格 41,800円 ) S&T会員登録とE-Mail案内登録特典について
定価:本体40,000円+税4,000円
E-Mail案内登録価格:本体38,000円+税3,800円
※【テレワーク応援キャンペーン(1名受講)【Live配信/WEBセミナー受講限定】
  1名申込みの場合:受講料( 定価:35,200円/E-Mail案内登録価格 33,440円 )

 定価:本体32,000円+税3,200円/E-Mail案内登録価格:本体30,400円+税3,040円
※1名様でLive配信/WEBセミナーを受講する場合、上記特別価格になります。
※申込フォームで【テレワーク応援キャンペーン】を選択ください。他割引は併用できません。
E-Mail案内登録なら、2名同時申込みで1名分無料 1名分無料適用条件
2名で44,000円 (2名ともE-Mail案内登録必須/1名あたり定価半額22,000円)
配布資料・製本テキスト(開催前日着までを目安に申込時のご住所へ発送いたします)
 ※開催まで4営業日~前日にお申込みの場合、資料の到着が開催日に間に合わない可能性がありますこと
  ご了承下さい。Zoom上ではスライド資料は表示されますので、セミナー視聴には差し支えございません。
オンライン配信ZoomによるLive配信 ►受講方法・接続確認(申込み前に必ずご確認ください)
備考※ 講義の録画・録音・撮影はご遠慮ください。
対象企業などの若手社員の方や、教育・人材育成担当の方など

セミナー講師

セミナー趣旨

 他者と良好な人間関係を築くことは、円滑な業務遂行に必要不可欠であり、仕事の成果にも影響する重要な要素です。本セミナーでは良い人間関係を築くための技術=「対人力」の向上を目的としています。そこでまず、「コミュニケーションは発信者の意図ではなく、受け手が決める」という原則に基づいて、聴くことと観察することであるインプット系コミュニケーションの能力向上と、自身の考えや意図を上手に伝えるアウトプット系コミュニケーション能力の鍛え方などについて解説します。次にチームを生かす対人力や、チームの活性化、メンバーの意欲を高める会議進行運営者(ファシリテーター)スキルの向上法について解説し、チーム組織におけるコミュニケーションのあり方を考えます。最後に、対人情報の把握やその根拠の理解、自己発信情報の認識、ライフポジションや心の四つの窓といった心理学のフレームワークを紹介し、対人関係構築にどのように役立てられるのかを解説します。

セミナー講演内容

1.対人力の基礎
  1.1 対人力とは
  1.2 思考力と対人力のスキル
  1.3 問題解決とスキル
  1.4 対人力の三つの勘違い
  1.5 コンテクストフリーの対人力
  1.6 インプット系コミュニケーション能力を鍛える
  1.7 アウトプット系コミュニケーション能力を鍛える

2.チーム組織と対人力
  2.1 チームを活かす対人力、チームはなぜ求められるか
  2.2 チームの機能
  2.3 チーム成功の要因
  2.4 フィードバックの進め方
  2.5 シナジー効果
  2.6 会議進行運営者(ファシリテーター)とは
  2.7 ファシリテーターの尋ね方・聞き方・まとめ方
  2.8 チームの活性化(メンバーの意欲を高める)
  2.9 チーム組織を支えるコミュニケーション
    (ポジティブストローク、積極的傾聴、フィードバックの方法)の強化など

3.リーダーと対人力
  3.1 リーダーにはどんな対人力が必要か
  3.2 リーダーのコアスキル
  3.3 耳の痛い指摘受け入れの必要性
  3.4 リーダーとエンパワーメント
  3.5 リーダーとフォロワーの関係

4.対人力の強化に向けて
  4.1 セルフマネジメントの重要さ
  4.2 説明力の向上
  4.3 チームの活性化(メンバーの意欲を高める)
  4.4 チーム組織を支えるコミュニケーション法
  4.5 対人関係を決めるライフポジション
  4.6 ライフポジションの活用
  4.7 心の四つの窓
  4.8 「開かれた窓」をより広げる
  4.9 対人情報を把握する
  4.10 自己発信情報の認識
  4.11 対人情報に対する根拠の理解

□ 質疑応答 □