セミナー 印刷

ナノフィラーの高分散・充填化技術の基礎及び
機能性ナノコンポジットの開発動向

~フィラー分散のメカニズム、分散・充填モデル実験とそのスケールアップ例~
~機能性ナノフィラー(グラフェン・CNT、CNF)充填コンポジットのポイントと動向~

受講可能な形式:【Live配信】のみ

フィラーの分散メカニズムや高分散充填への考え方などの基礎知識から
分散モデル実験やスケールアップについて解説!

また機能性ナノフィラー(グラフェン・CNT、CNF)の分散や
機能性コンポジットの研究開発動向及び高機能化のポイントを詳説します
このセミナーの受付は終了致しました。
日時 2022年11月29日(火)  10:00~16:30
会場 Live配信セミナー(会社・自宅にいながら受講可能)  
会場地図
受講料(税込)
各種割引特典
49,500円 ( E-Mail案内登録価格 46,970円 ) S&T会員登録とE-Mail案内登録特典について
定価:本体45,000円+税4,500円
E-Mail案内登録価格:本体42,700円+税4,270円
E-Mail案内登録なら、2名同時申込みで1名分無料 1名分無料適用条件
2名で49,500円 (2名ともE-Mail案内登録必須​/1名あたり定価半額の24,750円)
【テレワーク応援キャンペーン(1名受講)【Live配信/WEBセミナー受講限定】
 1名申込みの場合:受講料( 定価:39,600円/E-Mail案内登録価格 37,620円 )
   定価:本体36,000円+税3,600円
   E-Mail案内登録価格:本体34,200円+税3,420円
 ※1名様でLive配信/WEBセミナーを受講する場合、上記特別価格になります。
 ※お申込みフォームで【テレワーク応援キャンペーン】を選択のうえお申込みください。
 ※他の割引は併用できません。
配布資料製本テキスト(開催前日着までを目安に発送)
※セミナー資料はお申し込み時のご住所へ発送させていただきます。
※開催日の4~5日前に発送します。
 開催前日の営業日の夕方までに届かない場合はお知らせください。

※開催まで4営業日~前日にお申込みの場合、セミナー資料の到着が、
 開講日に間に合わない可能性がありますこと、ご了承下さい。
オンライン配信ZoomによるLive配信 ►受講方法・接続確認
備考※講義中の録音・撮影はご遠慮ください。
※開催日の概ね1週間前を目安に、最少催行人数に達していない場合、セミナーを中止することがございます。
得られる知識1.フィラーの特性および表面処理(分散剤)に関する基礎知識
2.スラリー及びポリマーへのフィラー分散法の基礎知識
3.ポリマーへのフィラー分散モデル実験(ゼータ電位など)基礎と実際(実証)
4.ナノフィラー充填効果およびその高効率化策
5.機能性ナノフィラー(ナノ炭素、セルロースナノファイバー)複合材料の現状、高機能化のポイント及び
 課題とその対応に関する国内外の現状
対象フィラー、コンポジットに興味のある方なら、どなたでも受講可能です

セミナー講師

(公財)名古屋産業科学研究所 上席研究員 小長谷 重次 氏
【専門】高分子化学(重縮合、機能性高分子)、フィラー分散、機能性複合材料

セミナー趣旨

 本講座ではスラリーやポリマーへのフィラーの分散法に関する基礎的知識のみならず、さらにシリカや炭酸カルシウム粒子を例にそれらの表面処理法とポリマーへの充填例につき最近の文献や特許情報をもとに解説する。次に、酸化チタン、アルミナ、炭酸カルシウムなどの(ナノ)フィラーのポリエステル(PET)への分散モデル実験、そしてモデル実験のPET[重合系での実証実験結果を紹介し、モデル実験結果と実重合系(スケールアップを含む)結果との整合性を紹介する。さらに、話題の機能性ナノフィラー(ナノ炭素粒子やセルロースナノファイバー)の分散、それらの機能性ナノコンポジット(力学特性、導電・伝熱関係)の研究開発動向及び高機能化のポイント・具体的方策を紹介する。

セミナー講演内容

1.フィラー基礎
 1.1 フィラーの種類:無機性、有機性、有機・無機ハイブリッドタイプ
 1.2 主要フィラーの製法とその特性:炭酸カルシウム、シリカ、酸化チタン
 1.3 フィラーの粉砕・分級法とその特徴
    a)乾式粉砕
    b)湿式粉砕
 1.4 フィラー径と粒度分布評価法
    a)直接観察法(電子顕微鏡法)
    b)間接観察(動的光散乱法ほか)
    c)最近の話題
 1.5 フィラー種による表面特性の特徴
    a)無機酸化物と無機塩との表面特性差異
    b)表面電荷(ゼータ電位)と測定法

2.フィラーのスラリーやポリマーへの高分散充填に関する基礎
 2.1 フィラー分散スラリー調製の考え方
 2.2 フィラー分散支配因子:表面電荷と立体障害効果
 2.3 ゼータ電位(表面電荷)測定法の実際と問題点
 2.4 表面処理がポリマーへの高分散充填に与える効果
    a)シリカ粒子
    b)炭酸カルシウム粒子
    c)セルロースナノファイバー など

3.ポリエステル(PET)へのフィラー分散に関するモデル実験と実証例
 3.1 PET中での酸化チタンフィラー(TiO2)の分散モデル実験とその評価法
    a)各種添加物がTiO2のゼータ電位、分散に与える影響、
    b)PETモノマー(BHET)がTiO2のゼータ電位、分散に与える影響
 3.2 PET重合系におけるTiO2分散モデル実験結果の実証
 3.3 各種ナノフィラーのPETへの高分散化モデル実験と実証例
    a)TiO2ナノ粒子
    b)アルミナナノ粒子
    c)炭酸カルシウムナノ粒子

4.機能性ナノフィラーを用いた先端材料の研究開発動向
 4.1 機能性ナノフィラーとナノ効果概説
 4.2 ナノ炭素粒子(CNT,グラフェン類など)
  4.2.1 ナノ炭素粒子の開発動向
  4.2.2 ナノ炭素充填体の分散性向上に関する技術
  4.2.3 ナノ炭素充填効果アップ策:パーコレーション、ダブルパーコレーション
  4.2.4 ナノ炭素粒子充填先端材料に関する研究開発動向
  4.2.5 開発・上市における課題と対応の現状
 4.3 セルロースナノファイバー(CeNF)
  4.3.1 環境問題におけるCeNFの意義
  4.3.2 CeNFの研究開発動向
  4.3.3 CeNFの力学特性を活用した先端材料の研究開発動向
  4.3.4.各種ポリマーとの相溶性改善を目指したCeNFの改質(表面修飾)例
    a)ポリプロピレン(PP)
    b)ポリアミド(PA)
    c)セルローストリアセテート(CTA)
  4.3.4.CeNFの吸着特性を活用した先端材料の研究開発動向
  4.3.5.開発・上市における課題と対応の現状

5.まとめ

  □ 質疑応答 □