セミナー 印刷

CO2有効利用技術の現状と今後の展望

CO2を用いた合成ガスや燃料、化学品の製造、メタノール・エタノールケミストリー…etc.
二酸化炭素の削減・有効利用に関連する国内外の技術動向を一挙解説

受講可能な形式:【Live配信】のみ

合成ガスや燃料、化学品の合成等など二酸化炭素の有効利用技術の現在と今後を解説

このセミナーの受付は終了致しました。
日時 2022年11月29日(火)  10:30~16:30
会場 Live配信セミナー(会社・自宅にいながら受講可能)  
会場地図
受講料(税込)
各種割引特典
49,500円 ( E-Mail案内登録価格 46,970円 ) S&T会員登録とE-Mail案内登録特典について
定価:本体45,000円+税4,500円
E-Mail案内登録価格:本体42,700円+税4,270円
※テレワーク応援キャンペーン(1名受講)【Live配信/WEBセミナー受講限定】
 1名申込みの場合:受講料( 定価:39,600円/E-mail案内登録価格 37,620円 )
39,600円 ( E-mail案内登録価格 37,620円 )

  定価:本体36,000円+税3,600円
  E-mail案内登録価格:本体34,200円+税3,420円
※1名様でLive配信/WEBセミナーを受講する場合、上記特別価格になります。
※お申込みフォームで【テレワーク応援キャンペーン】を選択のうえお申込みください。
※他の割引は併用できません。
E-Mail案内登録なら、2名同時申込みで1名分無料 1名分無料適用条件
2名で49,500円 (2名ともE-Mail案内登録必須/1名あたり定価半額24,750円) 
配布資料PDFテキスト(印刷不可・編集不可)
 ※PDFデータは、マイページよりダウンロードして頂きます(開催前日~前々日からが目安となります)。
オンライン配信ZoomによるLive配信受講方法・接続確認 (申込み前に必ずご確認ください)
備考※講義の録画・録音・撮影はご遠慮ください。
※開催日の概ね1週間前を目安に、最少催行人数に達していない場合、セミナーを中止することがございます。
得られる知識・海外のCO2削減技術
・日本のCO2削減状況
・CO2を用いた燃料の製造技術
・CO2を用いた化学品製造技術
・廃プラのケミカルリサイクル
・都市ゴミから燃料の合成技術
対象カーボンニュートラルに興味のある研究員、事業企画・開発担当者

セミナー講師

アイシーラボ 代表 室井 髙城 氏【講師紹介】

セミナー趣旨

 日本は2030年までに温暖化ガスの排出量を46%削減しなければならない。既に欧州は多くのCO2削減技術を実証し、グリーンメタンやグリーンメタノールなどが実装段階に入っている。ロシアのウクライナ侵攻はCO2削減を加速している。また、そのことにより天然ガスが高騰し、現時点では再エネを用いて製造したメタンやアンモニアが天然ガス原料としたものより安価になっている。2040年には石油由来のナフサを用いず、再エネ中心のコンビナートに転換しなければならない。また、廃プラや都市ゴミは貴重なカーボンニュートラルな国内の資源である。最新の欧米のCO2削減技術と世界の動向を解説し、新たなビジネスの可能性を見つけたい。

セミナー講演内容

1.CO2排出の現状
 
2.CCS
 2.1 排ガスからCO2の分離回収
 2.2 大気中のCO2の分離回収
 2.3 欧州で始まったCCSプロジェクト
 2.4 EORの現状  
 2.5 炭酸塩としての固定化
 2.6 CCSの課題
 
3.合成ガスの製造
 3.1 ドライリフォーミング
 3.2 逆シフト反応
 
4.CO2を用いた燃料の合成
 4.1 メタンの合成
 4.2 LPGの合成
 4.3 e-fuel
 4.4 航空燃料
 4.5 船舶燃料
 
5.CO2を用いた化学品の合成
 5.1 メタノールの合成
 5.2 軽質オレフィンの合成
 5.3 エタノールの合成
 5.4 芳香族の合成
 5.5 機能化学品の合成
 5.6 ポリマーの合成
 
6.メタノール, エタノールケミストリー
 6.1 メタノールから燃料の合成
 6.2 メタノールから化学品の合成
 6.3 アルコールから燃料の合成
 6.4 エタノールから化学品の合成
 
7. CO2フリー水素
 7.1 Green水素
 7.2 メタン分解による水素(ターコイズ水素)製造
 7.3 電解による水素製造
 7.4 共電解
 7.5 余剰電力
 7.6 人工光合成開発状況
 7.7 燃料電池の現状
 
8.水素貯蔵輸送
 8.1 液体水素
 8.2 MCH
 8.3 グリーンアンモニア
 
9.バイオマスの利用
 9.1 バイオマスから液体燃料の合成
 9.2 バイオマスから化学品の合成
 
10. 廃プラ・都市ゴミ利用
 10.1 廃プラのケミカルリサイクル
 10.2 液化によるナフサ原料
 10.3 ガス化による合成ガスの利用
 10.4 廃棄物からメタノール, エタノールの合成
 10.5 ジェット燃料の合成
 
□ 質疑応答 □