セミナー 印刷

プラスチック包装材料の技術動向と環境対応への課題と現状

~プラスチック包装材料の環境対応に向けた考え方~
~プラスチック包装材料のリサイクルの現状と課題~
~軟包装材料の国内外の最新動向~

受講可能な形式:【Live配信】のみ

SDGsなど世の中の流れにより循環型パッケージが求められている“包装材料”
その中でもプラスチックを使用する軟包装やプラスチック容器は早急な対応が必要です。
本セミナーでは環境対応への考え方から循環型パッケージやリサイクルの現状と課題、国内外における事例・最新動向について解説!!
このセミナーの受付は終了致しました。
日時 2022年9月28日(水)  13:00~16:30
会場 Live配信セミナー(会社・自宅にいながら受講可能)  
会場地図
受講料(税込)
各種割引特典
44,000円 ( E-Mail案内登録価格 41,800円 ) S&T会員登録とE-Mail案内登録特典について
定価:本体40,000円+税4,000円
E-Mail案内登録価格:本体38,000円+税3,800円
E-Mail案内登録なら、2名同時申込みで1名分無料 1名分無料適用条件
2名で44,000円 (2名ともE-Mail案内登録必須​/1名あたり定価半額の22,000円)
【テレワーク応援キャンペーン(1名受講)【Live配信/WEBセミナー受講限定】
 1名申込みの場合:受講料( 定価:35,200円/E-Mail案内登録価格 33,440円 )
   定価:本体32,000円+税3,200円
   E-Mail案内登録価格:本体30,400円+税3,040円
 ※1名様でLive配信/WEBセミナーを受講する場合、上記特別価格になります。
 ※お申込みフォームで【テレワーク応援キャンペーン】を選択のうえお申込みください。
 ※他の割引は併用できません。
配布資料配布資料:製本テキスト(開催前日着までを目安に発送)
     ※セミナー資料はお申し込み時のご住所へ発送させていただきます。
     ※開催日の4~5日前に発送します。
      開催前日の営業日の夕方までに届かない場合はお知らせください。

     ※開催まで4営業日~前日にお申込みの場合、セミナー資料の到着が、
      開講日に間に合わない可能性がありますこと、ご了承下さい。
オンライン配信ZoomによるLive配信 ►受講方法・接続確認
備考※講義中の録音・撮影はご遠慮ください。
※開催日の概ね1週間前を目安に、最少催行人数に達していない場合、セミナーを中止することがございます。
得られる知識・プラスチックの再生技術(メカニカルリサイクル、ケミカルリシクルの種類と現状)
・循環型ポリマーの海外での採用事例
・recyclableとは何かの応手定義  
・軟包装材料の回収・再生処理の課題
・プラスチック材料の進むべき方向
対象包装設計者以外に包装に携わる営業も含めて全員が理解しなければいけない内容であり、紙に変えるとか、bio-based polymers使用で終わる問題ではない。

セミナー講師

住本技術士事務所  所長 住本 充弘 氏
【専門】軟包装材料の包装設計・新包装開発、包装の環境問題、産業資材の開発
【経歴】1967年 東北大学理学部卒業、同年大日本印刷入社、
    2014年 同社を定年退社、以後包装コンサルタントとして国内外で活動

セミナー趣旨

 世界は循環型パッケージ向けて進んでいる。特にプラスチックを多く利用する軟包装、プラススチック容器は早急なる対応が迫られている。海外樹脂メーカー,包装のコンバーターは循環型ポリマー、recyclableに向けてつき進んでいる。循環型ポリマーの安全性についてはFDA,EFSAも関心が高く、それぞれコメントを出している。国内はまだこれからの感じが強いがEUの規制も来年頃には出る予定であり、待ったなしの状態である。国内外の現状、事例を参考にこれからのプラスチック包装の進むべき方向を説明する。

セミナー講演内容

1.包装の大きなトレンド
  現在及び今後の包装はどのような動きをしているかを理解

2.SDGsの理解
  Circular Economyに関連してSDGs対応とは何か、具体的なテーマ事例を理解

3.循環型パッケージへの対応(回収し再生再利用のパッケージ)
 3.1 なぜ循環型パッケージが必要か
 3.2 循環型プラスチックの必要性
 3.3 循環型プラスチックの現状
 3.4 回収プラスチック包材の再生再利用技術
 3.5 回収・選別システム事例:sorting技術事例、英国Recycleye社

4.プラスチック再生技術・循環型プラスチックの課題
 4.1 メカニカルリサイクルの課題と再生法の新技術
 4.2 ケミカルリサイクルの各技術と課題
  (1) 熱分解タイプ
  (2) ガス化タイプ
  (3) 超臨界タイプ
  (4) PETボトルの再生処理技術
     ・メカニカルリサイクル
     ・ケミカルリサイクル
     ・酵素分解リサイクル
 4.3 溶剤利用剥離技術

5.プラスチック包装材料のリサイクルの現状と課題
 5.1 廃プラの収集、プラスチックに係る資源循環の促進等に関する法律
 5.2 FDA、EFSAの対応
 5.3 紙を含む包装仕様の対応

6.プラスチック製の包装のRecyclableとは 
 6.1 Recyclable認定基準
 6.2 認定されたRecyclable Packagesの事例
 6.3 認定機関がない国内の対応事例 

7.循環型プラッスチックの採用事例
 7.1 rPET
 7.2 rPP容器

8.軟包装材料の国内外の最新動向
 8.1 OPPのAl2O3蒸着フィルム
 8.2 新しいOPPフィルム
 8.3 Bio-based Polymersの利用
 8.4 食品包材の回収・再生再利用技術のEU事例(NEXTLOOPP他)
 8.5 Certified Resins採用事例

9.コンポスタブル及び生分解性樹脂の課題

10.プラスチック包材と小ロット対策

  ・無駄なプラスチック包材の廃棄量削減と包材製造工程の進歩
  ・包材製造時のCO2排出量削減を求める動き

11.英国の30%再生樹脂の使用とは

まとめ


  □ 質疑応答 □