セミナー 印刷

界面活性剤の基礎知識と活用へのポイント

~界面化学の基礎、界面活性剤の分子構造と物性、実際の活用例~

受講可能な形式:【Live配信】のみ

界面活性剤の基本的なメカニズムや特性を理解し、目的に沿った選定や実際の業務に活かす!
表面張力、ミセル形成、可溶化、乳化などの界面化学の基礎から解説するので、初学者にもオススメ
このセミナーの受付は終了致しました。
日時 2022年9月28日(水)  13:00~16:30
会場 Live配信セミナー(会社・自宅にいながら受講可能)  
会場地図
受講料(税込)
各種割引特典
44,000円 ( E-Mail案内登録価格 41,800円 ) S&T会員登録とE-Mail案内登録特典について
定価:本体40,000円+税4,000円
E-Mail案内登録価格:本体38,000円+税3,800円
E-Mail案内登録なら、2名同時申込みで1名分無料 1名分無料適用条件
2名で44,000円 (2名ともE-Mail案内登録必須​/1名あたり定価半額の22,000円)
【テレワーク応援キャンペーン(1名受講)【Live配信/WEBセミナー受講限定】
 1名申込みの場合:受講料( 定価:35,200円/E-Mail案内登録価格 33,440円 )
   定価:本体32,000円+税3,200円
   E-Mail案内登録価格:本体30,400円+税3,040円
 ※1名様でLive配信/WEBセミナーを受講する場合、上記特別価格になります。
 ※お申込みフォームで【テレワーク応援キャンペーン】を選択のうえお申込みください。
 ※他の割引は併用できません。
配布資料配布資料:製本テキスト(開催前日着までを目安に発送)
     ※セミナー資料はお申し込み時のご住所へ発送させていただきます。
     ※開催日の4~5日前に発送します。
      開催前日の営業日の夕方までに届かない場合はお知らせください。

     ※開催まで4営業日~前日にお申込みの場合、セミナー資料の到着が、
      開講日に間に合わない可能性がありますこと、ご了承下さい。
オンライン配信ZoomによるLive配信 ►受講方法・接続確認
備考※講義中の録音・撮影はご遠慮ください。
※開催日の概ね1週間前を目安に、最少催行人数に達していない場合、セミナーを中止することがございます。
得られる知識・界面科学の基礎知識
・界面活性剤に関わる指標の意味
・界面活性剤の選び方
・洗浄や乳化の原理
対象・界面科学関連企業の新入社員
・業務上界面科学の基礎知識が必要となった中堅社員や営業関係の方
・本テーマに興味のある方なら、どなたでも

セミナー講師

名古屋市立大学 大学院 理学研究科 准教授 片山 詔久 氏  【研究室HP】
【専門】物理化学
【兼務】〇日本油化学会東海支部支部長 〇界面科学部会副部会長

セミナー趣旨

 界面活性剤は、様々な産業界で幅広く利用されている反面、最近では大学での関連する講座が減る傾向にあるなど、界面科学に対する基礎知識が不足しています。そこで本講座では、界面科学を基礎から修得して、界面活性剤を各産業界で利用するために必要な知識と活用例をお話しいたします。

セミナー講演内容

1.界面とコロイド

2.界面活性剤とは

3.界面活性剤の種類
 (1) 溶解性による区別
 (2) イオン性による区別
 (3) 界面活性を占めす部分のイオンによる分類

4.界面活性剤の一般的な分子構造とはたらき
 (1) 陰イオン(アニオン)性界面活性剤
 (2) 陽イオン(カチオン)性界面活性剤
 (3) 双性(両性)界面活性剤
 (4) 非イオン(ノニオン)性界面活性剤

5.界面活性剤の集合状態
 (1) ミセル形成と臨界ミセル濃度(CMC)
 (2) 乳化と可溶化
 (3) 吸着現象
 (4) 臨界充填パラメータ(CPP)
 (5) 親水性親油性バランス(HLB)

6.界面活性剤の溶解性
 (1) クラフト点
 (2) 曇点
 
7.表面張力
 (1) 表面張力とは
 (2) ぬれ性、接触角、界面張力
 (3) ギブス吸着等温式

8.界面活性剤の活用例

9.まとめ

  □ 質疑応答 □