セミナー 印刷

【Live配信(Zoom使用)】
高分子材料の結晶化機構、
固体高次構造の物性の理解と制御、分析方法

~結晶高次構造、結晶化機構、結晶化速度の理解と制御、高分子結晶の各種分析・測定法~

■結晶になれる高分子鎖の特徴、高分子固体の構造モデル■
■どのようにして高分子結晶が成長するのか、その構造の特徴とは■
■高分子結晶はどの装置で測定すれば何が分かるか、原理と測定のポイント■

結晶性高分子の材料物性の理解、さらなる物性改良、加工性の向上のために

結晶化、結晶構造、高次構造、結晶成長、融解、、、、
 高分子の結晶化に関する基礎的事項を初心者でも習得できるように解説
日時 2022年9月15日(木)  13:00~16:30
会場 Live配信セミナー(会社・自宅にいながら受講可能)  
会場地図
受講料(税込)
各種割引特典
44,000円 ( E-Mail案内登録価格 41,800円 ) S&T会員登録とE-Mail案内登録特典について
定価:本体40,000円+税4,000円
E-Mail案内登録価格:本体38,000円+税3,800円
※テレワーク応援キャンペーン(1名受講)【Live配信/WEBセミナー受講限定】
 1名申込みの場合:受講料( 定価:35,200円/S&T会員 33,440円 )
35,200円 ( S&T会員受講料 33,440円 )

 定価:本体32,000円+税3,200円
 会員:本体30,400円+税3,040円
※1名様でLive配信/WEBセミナーを受講する場合、上記特別価格になります。
※お申込みフォームで【テレワーク応援キャンペーン】を選択のうえお申込みください。
※他の割引は併用できません。
E-Mail案内登録なら、2名同時申込みで1名分無料 1名分無料適用条件
2名で44,000円 (2名ともS&T会員登録必須​/1名あたり定価半額22,000円) 
配布資料電子媒体(PDFデータ/印刷可)を弊社HPのマイページよりダウンロードいただきます。
 (開催2日前を目安に、ダウンロード可となります)
 (ダウンロードには会員登録(無料)が必要となります)
オンライン配信ZoomによるLive配信 ►受講方法・接続確認(申込み前に必ずご確認ください)
備考※資料付
※講義中の録音・撮影はご遠慮ください。
※開催日の概ね1週間前を目安に、最少催行人数に達していない場合、セミナーを中止することがございます。
得られる知識・高分子の結晶化、結晶高次構造と材料物性の関係を理解できる。
・高分子構造の分析法を理解できる。
対象高分子の結晶化、高分子高次構造およびその分析法を理解したい方

セミナー講師

岡山大学 学術研究院 自然科学学域 応用化学専攻(高分子材料学) 研究教授 博士(工学) 内田 哲也 氏
【講師紹介】

セミナー趣旨

 汎用プラスチックからスーパーエンジニアリングプラスチックに至るまで様々な結晶性高分子が我々の身の回りで利用されている。結晶性高分子の材料物性を理解し、さらに改良していくには結晶高次構造の理解と制御が必要である。また加工性の向上には結晶化機構や結晶化速度を理解し、加工条件の最適化を行うことが必要である。
 本セミナーでは、結晶性高分子を利用した材料設計に必要不可欠な結晶化、結晶構造、高次構造、結晶成長、融解など高分子の結晶化に関する基礎的事項を初心者でも習得できるように論述する。また、高分子固体構造を解明するために用いる分析方法についても説明する。それらの基礎的事項に基づいて、実際に身の回りで使用されている高分子材料の結晶化機構や結晶高次構造と物性の特徴を説明する。

セミナー講演内容

1.高分子鎖の特徴
 (高分子とは?)
 ○平均分子鎖長
 ○一次構造、立体規則性 他

2.結晶性高分子と非晶性高分子
 (結晶になれる高分子鎖の特徴は?高分子固体の構造モデルは?)
 ○分子の種類と結晶性、非晶性
 ○高分子固体構造モデル
 ○ガラス転移と融解

3.高分子結晶の成長機構と構造の特徴
 (どのように高分子結晶が成長する?その構造の特徴は?)
 ○結晶とは
 ○高分子の結晶核形成、結晶成長機構
 ○結晶構造
 ○結晶形態
 ○固体高次構造
 ○結晶と融点

4.高分子結晶の各種分析法
 (どの装置で測定すれば何が分かるか?原理と測定のポイント)
 ○光学顕微鏡
 ○偏光顕微鏡
 ○走査型電子顕微鏡
 ○透過型電子顕微鏡
 ○走査プローブ顕微鏡
 ○X線回折法
 ○熱測定(示差走査熱量計、熱重量測定 他)
 ○引張試験、粘弾性試験

5.各種高分子の構造と物性の特徴
  例)ポリエチレンの固体構造と用途について
  (ポリ容器、レジ袋、おしぼり袋、ラップ、釣り糸 など)

  □質疑応答□