セミナー 印刷

【Live配信(Zoom使用)】
UV硬化樹脂の
硬化度・物性の測定、評価と
表面・内部硬化における主要な硬化不良対策

~UV硬化での表面・内部では何が起こっているのか~

■硬化物性に対するUV照射条件の影響と光源の選択■
■表面および内部硬化性に影響する要因と不良対策■
■モノマー・オリゴマー、光開始剤、添加剤の影響■

UV硬化樹脂の硬化度に影響する要因や対策

UV硬化挙動の違い、 硬化条件のコーティング物性、耐黄変性等への影響

基材を含む複合部材を用いた硬化度・各種物性の評価手法

水銀ランプ方式からLEDへの変更、、、
このセミナーの受付は終了致しました。
日時 2022年8月8日(月)  13:00~16:30
会場 Live配信セミナー(会社・自宅にいながら受講可能)  
会場地図
受講料(税込)
各種割引特典
44,000円 ( E-Mail案内登録価格 41,800円 ) S&T会員登録とE-Mail案内登録特典について
定価:本体40,000円+税4,000円
E-Mail案内登録価格:本体38,000円+税3,800円
※テレワーク応援キャンペーン(1名受講)【Live配信/WEBセミナー受講限定】
 1名申込みの場合:受講料( 定価:35,200円/S&T会員 33,440円 )
35,200円 ( S&T会員受講料 33,440円 )

 定価:本体32,000円+税3,200円
 会員:本体30,400円+税3,040円
※1名様でLive配信/WEBセミナーを受講する場合、上記特別価格になります。
※お申込みフォームで【テレワーク応援キャンペーン】を選択のうえお申込みください。
※他の割引は併用できません。
E-Mail案内登録なら、2名同時申込みで1名分無料 1名分無料適用条件
2名で44,000円 (2名ともS&T会員登録必須​/1名あたり定価半額22,000円) 
配布資料電子媒体(PDFデータ/印刷可)を弊社HPのマイページよりダウンロードいただきます。
 (開催2日前を目安に、ダウンロード可となります)
 (ダウンロードには会員登録(無料)が必要となります)
オンライン配信ZoomによるLive配信 ►受講方法・接続確認(申込み前に必ずご確認ください)
備考※資料付
※講義中の録音・撮影はご遠慮ください。
※開催日の概ね1週間前を目安に、最少催行人数に達していない場合、セミナーを中止することがございます。
対象主にこれからUV硬化技術を導入する企業の技術者、光源をランプ式からUV‐LEDに切り替えようと考えている企業の技術者

セミナー講師

東亞合成(株) 名古屋工場 技術開発部 課長 博士(工学) 佐内 康之 氏
 専門:光重合
 研究の内容・キーワード:UV硬化、ラジカル重合、硬化不良対策

セミナー趣旨

 UV硬化技術は短時間で容易にインキ、コーティング、接着剤などの高分子材料を得ることができ、量産設備も比較的簡便な仕様とできる汎用性が高い技術である。硬化方法の特性から、種々の基材上への「表面加工」として用いられることが多く、硬化度や力学物性を樹脂単体で評価することが難しい。
 本講演では、UV硬化樹脂の硬化度に影響する要因や対策について概説し、基材を含む複合部材を用いた硬化度・各種物性の評価手法を紹介する。また、環境負荷低減に向け、UV硬化に用いられる光源も従来の水銀ランプ方式からUV‐LEDへと切り替えられるケースも増えており、LEDを使用する際に注意すべき点についても述べる。さらに、UV硬化樹脂のバイオベース化に向けた取り組みについても研究・開発事例を紹介する。

セミナー講演内容

1.イントロダクション
 1.1 代表的なモノマー・オリゴマー(バイオ由来含めて)
 1.2 光開始剤の種類

2.硬化物性に対するUV照射条件の影響
 2.1 コーティングと接着剤のUV硬化挙動の違い
 2.2 硬化条件とコーティング物性
 2.3 硬化条件と塗膜の耐黄変性

3.硬化不良対策
 3.1 表面硬化性に影響する要因と対策
  ・化学構造と表面硬化性
  ・UV強度と表面物性
  ・膜厚と硬化性
 3.2 内部硬化性に影響する要因と対策
  ・光の吸収と透過について
  ・光開始剤やモノマーの吸収特性の影響

4.着色や濁り
 4.1 着色や濁りの原因
 4.2 モノマー・オリゴマーの影響
 4.3 光開始剤の影響
 4.4 添加剤の影響

□質疑応答□