セミナー 印刷

【Live配信(リアルタイム配信)】
マテリアルズインフォマティクスを実践するための
基礎と応用技術・事例、最新動向

~機械学習・記述子・データベースといった実践に必要な基礎知識をしっかり理解~
~材料探索・化学反応予測・実験条件最適化・スペクトル自動解析等の応用技術と事例~

これからマテリアルズインフォマティクスを実践されたい方、応用技術・事例や最新動向を学びたい方など、ぜひお役立てください。
実践するための基礎知識から、材料探索・実験条件最適化・量子化学計算との融合・化学原理の自動構築などの具体的な応用技術・結果の詳細、最新動向、今後の展望までを詳しく解説します。
このセミナーの受付は終了致しました。
日時 2022年7月20日(水)  10:30~16:30
会場 Live配信セミナー(会社・自宅にいながら受講可能)  
会場地図
受講料(税込)
各種割引特典
49,500円 ( E-Mail案内登録価格 46,970円 ) S&T会員登録とE-Mail案内登録特典について
定価:本体45,000円+税4,500円
E-Mail案内登録価格:本体42,700円+税4,270円
E-Mail案内登録なら、2名同時申込みで1名分無料 1名分無料適用条件
2名で49,500円 (2名ともS&TE-Mail案内登録必須​/1名あたり定価半額24,750円) 
テレワーク応援キャンペーン(1名受講)【Live配信/WEBセミナー受講限定】
1名申込みの場合:受講料(定価:39,600円/E-Mail案内登録価格:37,620円 )
   定価:本体36,000円+税3,600円
   E-Mail案内登録価格:本体34,200円+税3,420円
 ※1名様でLive配信/WEBセミナーを受講する場合、上記特別価格になります。
 ※お申込みフォームで【テレワーク応援キャンペーン】を選択のうえお申込みください。
 ※他の割引は併用できません。
配布資料電子媒体(PDFデータ/印刷可)
・弊社HPのマイページよりダウンロードいただきます。
・開催2日前を目安に、ダウンロード可となります。
・ダウンロードには会員登録(無料)が必要となります。
オンライン配信ZoomによるLive配信 ►受講方法・接続確認(申込み前に必ずご確認ください)
備考※資料付(PDFデータ)
※講義中の録音・撮影はご遠慮ください。
※開催日の概ね1週間前を目安に、最少催行人数に達していない場合、セミナーを中止することがございます。
得られる知識・化学におけるマテリアルズインフォマティクスを実践するための基礎知識
・AI技術を用いた最新の化学研究の動向と詳細
対象・日頃より化学研究を実践しており、AI技術の導入を考えている方
・化学におけるマテリアルズインフォマティクスに関する最近の動向を知りたい方

セミナー講師

早稲田大学 先進理工学研究科 化学・生命化学専攻 准教授 博士(理学) 清野 淳司 氏
専門:ケム・インフォマティクス、マテリアリズインフォマティクス、量子化学
2010年~2012年 早稲田大学 理工学術院 助手
2012年~2015年 日本学術振興会 特別研究員(PD)
2015年~2020年 早稲田大学 理工学術院総合研究所 次席研究員(研究院講師)
2020年~2021年 東京都立大学 理学部 化学科 特任准教授
2017年~2021年 科学技術振興機構 さきがけ研究者
2021年~現在 早稲田大学 先進理工学研究科 化学・生命化学専攻 准教授
ホームページ: http://www.chem.waseda.ac.jp/seino/

セミナー趣旨

 現在、化学における多くの分野で人工知能(AI)技術と融合した研究が進められています。
 本セミナーでは、機械学習・記述子・データベースなど、化学におけるマテリアルズインフォマティクス(MI)研究を実践するための基礎について説明します。またAI技術を活用した幾つかの具体的な応用事例(材料探索、化学反応予測、実験条件最適化、スペクトル自動解析、量子化学計算との融合、化学原理の自動構築など)を紹介します。

セミナー講演内容

1.化学における人工知能技術の基礎
 1.1 化学におけるデジタルトランスフォーメーション
 1.2 人工知能技術
 1.3 機械学習の基礎
 1.4 化学における機械学習のための記述子
 1.5 化学におけるデータベース
 
2.化学における人工知能技術の応用事例(近年の動向、技術・結果の詳細、将来展望)
 2.1 材料探索
 2.2 化学反応予測
 2.3 実験条件最適化
 2.4 スペクトル自動解析
 2.5 量子化学計算との融合
 2.6 化学原理の自動構築
 
3.将来展望


 □質疑応答□