セミナー 印刷

【Live配信(リアルタイム配信)】
ハイエントロピー合金の基礎・特徴と
鋳造合金としての研究開発事例

延性・靭性に優れ、一般的な合金と比べて高い高温強度・熱的安定性・耐食性などを示す金属新素材の「ハイエントロピー合金」。
その定義や分類といった基礎から、特徴、鋳造合金としての各種研究開発の現状までを詳しく解説します。
このセミナーの受付は終了致しました。
日時 2022年6月27日(月)  13:00~16:30
会場 Live配信セミナー(会社・自宅にいながら受講可能)  
会場地図
受講料(税込)
各種割引特典
44,000円 ( E-Mail案内登録価格 41,800円 ) S&T会員登録とE-Mail案内登録特典について
定価:本体40,000円+税4,000円
E-Mail案内登録価格:本体38,000円+税3,800円
E-Mail案内登録なら、2名同時申込みで1名分無料 1名分無料適用条件
2名で44,000円 (2名ともE-Mail案内登録必須​/1名あたり定価半額22,000円) 
テレワーク応援キャンペーン(1名受講)【Live配信/WEBセミナー受講限定】
1名申込みの場合:受講料( 定価:35,200円/E-Mail案内登録価格:33,440円 )

35,200円 ( E-Mail案内登録価格 33,440円 ) 
 定価:本体32,000円+税3,200円
 E-Mail案内登録価格:本体30,400円+税3,040円
1名様でLive配信/WEBセミナーを受講する場合、上記特別価格になります。
※お申込みフォームで【テレワーク応援キャンペーン】を選択のうえお申込みください。
※他の割引は併用できません。
配布資料製本テキスト(開催前日着までを目安に発送)
 ※セミナー資料はお申し込み時のご住所へ発送させていただきます。
 ※開催日の4~5日前に発送します。
 ※開催まで4営業日~前日にお申込みの場合、
  セミナー資料の到着が、開講日に間に合わない可能性がありますこと、ご了承下さい。
オンライン配信ZoomによるLive配信 ►受講方法・接続確認申込み前に必ずご確認ください
備考※資料付
※講義中の録音・撮影はご遠慮ください。
※開催日の概ね1週間前を目安に、最少催行人数に達していない場合、セミナーを中止することがございます。
得られる知識1.ハイエントロピー合金の定義
2.ハイエントロピー合金の主要な合金系
3.ハイエントロピー合金の基礎概念である「エントロピーを増やす意味」と「元素の多様性と不均一性」
4.鋳造合金としての研究開発の現状(特に、地方公設試験研究機関での研究の現状)
対象ハイエントロピー合金を全く知らない方でも対応できる内容にしてあります。

セミナー講師

兵庫県立大学 大学院工学研究科 教授 博士(工学) 永瀬 丈嗣 氏
専門:材料科学、金属材料学
1998年3月大阪大学工学部を卒業、2003年3月大阪大学より博士(工学)を授与、その後大阪大学大学院工学研究科の助手・助教、超高圧電子顕微鏡センターの助教・講師・准教授を経て、2021年4月より兵庫県立大学大学院工学研究科の教授(現職)。
研究室HP: https://uh-matdesign.net
個人HP : https://t-nagase.sakura.ne.jp

セミナー趣旨

 ハイエントロピー合金は、一般的に5成分以上の構成元素から構成され、かつエントロピーを増大させるため等原子組成比に近い組成となる金属新素材である。これまで次世代構造材料として注目されてきた「アモルファス合金」・「金属ガラス」・「金属間化合物」等と異なり、基本的に延性に優れた材料であると分類することができ、「延性に優れた金属材料の高強度化」というベクトルで開発が進むという意味でも、新たな方向性のもとで研究開発が進む金属新素材である。
 本講演では、ハイエントロピー合金の基礎概念である「エントロピーを増大させる意味」、「元素の多様性と不均一性」について解説したのち、元素を原子尺度で混合するという意味でハイエントロピー合金試料・バルク材作製のメインルートである「鋳造法」に注目した研究開発の現状について報告する。

セミナー講演内容

1.ハイエントロピー合金の定義と分類
 1.1 構成元素の数と組成による定義、エントロピーによる定義
 1.2 成分数の「5」や「1.5R」の意味
 1.3 ハイエントロピー合金の分類
 
2.エントロピーを増大させる意味
 2.1 ハイエントロピー合金が注目されるに至ったナノ双晶による高強度・高延性の達成
 2.2 4つのコア効果
 2.3 鋳造合金におけるエントロピーの増大による強度の増加
 2.4 元素の多様性と不均一性による特殊効果の発現
 
3.鋳造合金としての研究・開発
 3.1 共晶ハイエントロピー合金
 3.2 ハイエントロピー黄銅
 3.3 生体用ハイエントロピー合金
 3.4 軽量ハイエントロピー合金
 3.5 ハイエントロピー鋳鉄
 
4.まとめ 

 □質疑応答□