セミナー 印刷
【 2 名 同 時 申 込 で 1 名 無 料 】 対 象 セ ミ ナ ー 【Live配信セミナー(Zoom使用)】 ※会社・自宅にいながら学習可能です※

【Live配信(リアルタイム配信)】
バイオマス材料と生分解性プラスチックの現状と課題

~バイオマス材料の問題点と汎用・機能性モノマーへの変換~
~生分解性プラスチックのメカニズムと評価手法、課題、研究動向~

喫緊の課題であるプラスチックの環境問題に対応するために求められることとは…
バイオマス資源と生分解性プラスチックが注目を集めているがその現状と課題、法整備の状況、研究動向を解説!
このセミナーの受付は終了致しました。
日時 2022年6月29日(水)  10:30~16:30
会場 Live配信セミナー(会社・自宅にいながら受講可能)  
会場地図
受講料(税込)
各種割引特典
49,500円 ( E-Mail案内登録価格 46,970円 ) S&T会員登録とE-Mail案内登録特典について
定価:本体45,000円+税4,500円
E-Mail案内登録価格:本体42,700円+税4,270円
E-Mail案内登録なら、2名同時申込みで1名分無料 1名分無料適用条件
2名で49,500円 (2名ともE-Mail案内登録必須​/1名あたり定価半額の24,750円)
【テレワーク応援キャンペーン(1名受講)【Live配信/WEBセミナー受講限定】
 1名申込みの場合:受講料( 定価:39,600円/E-Mail案内登録価格 37,620円 )
   定価:本体36,000円+税3,600円
   E-Mail案内登録価格:本体34,200円+税3,420円
 ※1名様でLive配信/WEBセミナーを受講する場合、上記特別価格になります。
 ※お申込みフォームで【テレワーク応援キャンペーン】を選択のうえお申込みください。
 ※他の割引は併用できません。
配布資料配布資料:製本テキスト(開催前日着までを目安に発送)
     ※セミナー資料はお申し込み時のご住所へ発送させていただきます。
     ※開催日の4~5日前に発送します。
      開催前日の営業日の夕方までに届かない場合はお知らせください。

     ※開催まで4営業日~前日にお申込みの場合、セミナー資料の到着が、
      開講日に間に合わない可能性がありますこと、ご了承下さい。
オンライン配信ZoomによるLive配信 ►受講方法・接続確認
備考※資料付
※講義中の録音・撮影はご遠慮ください。
※開催日の概ね1週間前を目安に、最少催行人数に達していない場合、セミナーを中止することがございます。
得られる知識・プラスチックによる環境問題
・バイオベース材料・生分解性材料の違い
・フラン誘導体の可能性
・生分解性材料の現状
対象バイオベース材料や生分解性材料の材料開発を行う技術者

セミナー講師

群馬大学 分子科学部門 准教授 橘 熊野 氏
【専門】高分子化学、バイオマス材料、生分解性材料、超分子科学など

セミナー趣旨

 20世紀に普及したプラスチック(高分子・有機材料)は、人々の生活を豊かにした反面、多くの環境問題を引き起こしてきた。化石資源を大量消費することで、地球温暖化や石油資源の枯渇の問題、大量消費されたプラスチックの廃棄物処理問題、環境中(特に海洋)に流出したプラスチックによる環境汚染などである。これらの問題は人類共通の課題だと認識され、2015年にCOP21で採択された「パリ協定」、2015年に国連で採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ(SDGs)」、2018年のG7で採択された「海洋プラスチック憲章」など、既存のプラスチックが引き起こす環境問題への対応が急務である。欧州においては、化石資源からバイオマス資源への転換や環境中で分解するプラスチックの利用が義務付けられ、我が国は海洋国であるために、SDGを推進するべく「海で分解される材料」の開発が進めようとしている。以上のことから、既存の化石資源由来で非環境分解性のプラスチックから、バイオマス材料及び生分解性材料への転換に向けた研究開発が学術界だけではなく産業界でも進められている。

 本セミナーは、バイオマス材料の活用事例とその課題から生分解性プラスチックにおける生分解のメカニズム、評価方法、現状の課題、研究動向を解説します。またバイオプラスチックの世界的な情勢や法整備の状況についても言及します。

セミナー講演内容

1.プラスチックによる環境問題
 1.1 化石資源
 1.2 環境流出の問題

2.環境問題への対策
 2.1 バイオベースプラスチック
 2.2 プラスチックリサイクル
 2.3 生分解性プラスチック

3.バイオマス資源
 3.1 バイオマス資源の問題点
 3.2 第2世代バイオマス資源としてのフラン誘導体
 3.3 汎用高分子モノマーへの変換
 3.4 機能性モノマーへの変換と重合
 3.5 含フラン環高分子

4.生分解性プラスチック
 4.1 生分解条件
 4.2 生分解のメカニズム
 4.3 生分解性評価方法
 4.4 市販生分解性プラスチック
 4.5 市販生分解性プラスチックの問題点
 4.6 生分解性プラスチックの研究開発

5.バイオプラスチックに関する世界的情勢・法整備

  □ 質疑応答 □