セミナー 印刷
【 2 名 同 時 申 込 で 1 名 無 料 】 対 象 セ ミ ナ ー 【Live配信セミナー(Zoom使用)】 ※会社・自宅にいながら学習可能です※

【Live配信(リアルタイム配信)】
音と聴覚の基礎知識と感性を考慮したサウンドデザイン

~快音化・サイン音・リアリティ感をデザインするためには~

ヒトの感性を考慮したサウンドをデザインし、製品の付加価値を高める!
また近年はVR/ARなどの映像だけでなく、音にもリアリティ感が求められている

デモ音を活用して音とヒトの感性の関係性について解説します
このセミナーの受付は終了致しました。
日時 2022年6月24日(金)  13:00~16:30
会場 Live配信セミナー(会社・自宅にいながら受講可能)  
会場地図
受講料(税込)
各種割引特典
44,000円 ( E-Mail案内登録価格 41,800円 ) S&T会員登録とE-Mail案内登録特典について
定価:本体40,000円+税4,000円
E-Mail案内登録価格:本体38,000円+税3,800円
E-Mail案内登録なら、2名同時申込みで1名分無料 1名分無料適用条件
2名で44,000円 (2名ともE-Mail案内登録必須​/1名あたり定価半額の22,000円)
【テレワーク応援キャンペーン(1名受講)【Live配信/WEBセミナー受講限定】
 1名申込みの場合:受講料( 定価:35,200円/E-Mail案内登録価格 33,440円 )
   定価:本体32,000円+税3,200円
   E-Mail案内登録価格:本体30,400円+税3,040円
 ※1名様でLive配信/WEBセミナーを受講する場合、上記特別価格になります。
 ※お申込みフォームで【テレワーク応援キャンペーン】を選択のうえお申込みください。
 ※他の割引は併用できません。
配布資料配布資料:製本テキスト(開催前日着までを目安に発送)
     ※セミナー資料はお申し込み時のご住所へ発送させていただきます。
     ※開催日の4~5日前に発送します。
      開催前日の営業日の夕方までに届かない場合はお知らせください。

     ※開催まで4営業日~前日にお申込みの場合、セミナー資料の到着が、
      開講日に間に合わない可能性がありますこと、ご了承下さい。
オンライン配信ZoomによるLive配信 ►受講方法・接続確認
備考※資料付
※講義中の録音・撮影はご遠慮ください。
※開催日の概ね1週間前を目安に、最少催行人数に達していない場合、セミナーを中止することがございます。
得られる知識〇音の物理的性質に関する基礎知識
〇聴覚と音響心理に関する基礎知識
〇音色の性質と音質評価指標
〇音のデザインに関する知見
対象〇音の感性的な側面、音質・音色評価、サウンドデザイン分野に関して興味を持っておられる方
※基礎的事項から解説いたしますので、予備知識は必要ありません

セミナー講師

日本大学 特任教授 岩宮 眞一郎 氏 【HP】
【兼任】九州大学 名誉教授
【専門】音響学

セミナー趣旨

 音と聴覚に関わる知識知識や音色や音質評価指標などの音の感性的側面について分かりやすく解説するとともに、さまざまな分野に活用されている音のデザイン(サウンドデザイン)のアイデアとその必要性およびその研究動向について幅広く紹介します。音は見えないために、講義だけでは、音圧レベルやスペクトルといった音に関わる物理量は理解しにくく、音のデザインに活用されたときの音の効果も実感できません。
 本講義では、音のデモンストレーションを活用して、音と聞こえの関係を感覚的に理解し、さまざまな分野で活用されている音のデザインの効果を実感していただけるようにいたします。

セミナー講演内容

1.音と聴覚の基礎知識
 1.1 音は空気の圧力変化
  1.1.1 純音,正弦波,周波数,振幅
  1.1.2 スペクトル,複合音,ノイズ
 1.2 聴覚の働きが音を理解する
  1.2.1 耳たぶから脳に至る聴覚系のしくみ
  1.2.2 空気の振動を神経インパルスに変換するしくみ

2.音の3要素と音質評価指標
 2.1 音の3要素:音の大きさ,音の高さ(ピッチ),音色
  2.2.1 音の大きさとデシベル
  2.2.2 音の高さ(ピッチ)と周波数
  2.2.3 音色の複雑さ
 2.2 音質評価指標
  2.2.1 スペクトルとシャープネス
  2.2.2 振幅変動と変動強度,ラフネス

3.感性を考慮した音のデザイン(サウンドデザイン)
 3.1 さまざまなタイプの音のデザイン(サウンドデザイン)
 3.2 製品音のデザイン
  3.2.1 製品音の快音化
  3.2.2 自動車のドア閉め音の良さに対する意識構造
  3.2.3 製品音のイメージに及ぼす音響特性
  3.2.4 製品音の音質改善の経済評価
 3.3 サイン音のデザイン:メッセージを伝える音の最適化
  3.3.1 サイン音のデザイン指針
  3.3.2 断続音を用いたサイン音における緊急感のコントロール
  3.3.3 サイン音のユニバーサル・デザイン
  3.3.4 サイン音の快適化
 3.4 リアリティを演出する音のデザイン
  3.4.1 映像メディアにおいて活用されるリアリティを演出する音のデザイン
  3.4.2 現実の世界でもリアリティを演出する音のデザインが求められるようになってきた

  □ 質疑応答 □