セミナー 印刷

【Live配信(リアルタイム配信)】
フッ素樹脂の基礎と
側鎖結晶性ブロック共重合体を用いた
表面改質による機能性付与

~簡便・均質・省エネルギー・低環境負荷等の特徴を有する表面改質手法~

「特殊な機械や試薬を必要としない」「簡便・均質」「薄膜・多孔膜や大型の成形品など様々な基材に対して改質が可能」などの特徴を有する、フッ素樹脂の表面改質手法とその事例について、フッ素樹脂の基礎から解説します。
様々な機能を付与でき、他の難改質性高分子にも適用可能な手法です。
このセミナーの受付は終了致しました。
日時 2022年6月21日(火)  13:00~16:30
会場 Live配信セミナー(会社・自宅にいながら受講可能)  
会場地図
受講料(税込)
各種割引特典
44,000円 ( E-Mail案内登録価格 41,800円 ) S&T会員登録とE-Mail案内登録特典について
定価:本体40,000円+税4,000円
E-Mail案内登録価格:本体38,000円+税3,800円
E-Mail案内登録なら、2名同時申込みで1名分無料 1名分無料適用条件
2名で44,000円 (2名ともE-Mail案内登録必須​/1名あたり定価半額22,000円) 
テレワーク応援キャンペーン(1名受講)【Live配信/WEBセミナー受講限定】
1名申込みの場合:受講料( 定価:35,200円/E-Mail案内登録価格:33,440円 )

35,200円 ( E-Mail案内登録価格 33,440円 ) 
 定価:本体32,000円+税3,200円
 E-Mail案内登録価格:本体30,400円+税3,040円
1名様でLive配信/WEBセミナーを受講する場合、上記特別価格になります。
※お申込みフォームで【テレワーク応援キャンペーン】を選択のうえお申込みください。
※他の割引は併用できません。
配布資料電子媒体(PDFデータ/印刷可)
・弊社HPのマイページよりダウンロードいただきます。
・開催2日前を目安に、ダウンロード可となります。
・ダウンロードには会員登録(無料)が必要となります。
オンライン配信ZoomによるLive配信 ►受講方法・接続確認(申込み前に必ずご確認ください)
備考※資料付(PDFデータ)
※講義中の録音・撮影はご遠慮ください。
※開催日の概ね1週間前を目安に、最少催行人数に達していない場合、セミナーを中止することがございます。
得られる知識・新しい接着・分子間相互作用力に関する知識
・リビングラジカル重合の基本知識
・難改質性樹脂の機能発現メカニズム
・側鎖結晶性ブロック共重合体の基本的機能
対象・分子間相互作用力に対して、興味のある研究者
・ポリエチレンやPETなどの難改質性高分子を取り扱っている研究者・開発者
・新しい技術やテーマを探している技術者

セミナー講師

福岡大学 工学部 化学システム工学科 教授 工学博士 八尾 滋 氏
専門:高分子物性・機能性材料
1986年 京都大学大学院工学研究科高分子科学専攻 博士後期課程修了
同年 宇部興産入社
2007年 三菱総合研究所入社
2011年 福岡大学
ホームページ: https://www.cis.fukuoka-u.ac.jp/~shyao/index.html

セミナー趣旨

 フッ素樹脂は、その熱的・化学的安定性から、今後ますます需要が高まることが予測されているエンジニアリングプラスチックである。しかし一方で、改質が不可能であることから他の材料と接着することができないなど、表面の改質が極めて困難な樹脂としても知られている。従来の改質法としては、プラズマなどに代表される物理的な手法で、半ば主鎖分解を起こすことにより官能基を導入する手法が試みられてきているが、このような手法は高電圧・高真空の装置を必要としたり、大面積・曲面あるいは閉鎖系などへ均質に改質することが不可能であった。
 一方福岡大学では、同様に難改質系とされるポリエチレン、ポリプロピレン、PET、シリコーンなどが、側鎖に長鎖アルカン鎖を持つ側鎖結晶性ブロック共重合体を用いることで、簡便にかつ良好に、化学的に改質できることを明らかにしてきた。
 本講演では、この技術をフッ素樹脂に展開した例について紹介する。

セミナー講演内容

1.フッ素樹脂の基礎や特徴
 
2.接着の原理

 2.1 従来の接着の原理
   化学結合、極性力などに起因する接着
 2.2 ファンデルワールス力を用いた接着機構
   構造の類似性、結晶化超分子間力を用いた接着機構
 
3.側鎖結晶性ブロック共重合体を用いた表面改質機構
 3.1 側鎖結晶性ブロック共重合体とは
 3.2 側鎖結晶性ブロック共重合体の創製
   リビングラジカル重合によるブロック共重合体創製
 3.3 側鎖結晶性ブロック共重合体の基礎物性
 3.4 ポリエチレンの表面改質事例の紹介
   側鎖結晶性ブロック共重合体を用いた基本的な改質手法について
 3.5 ポリプロピレン、PET、シリコーンへの適用
 
4.フッ素樹脂の表面改質

 4.1 フッ素系側鎖結晶性ブロック共重合体での事例紹介
 4.2 炭化水素系側鎖結晶性ブロック共重合体での事例紹介
 
5.今後の展開

 □質疑応答□