セミナー 印刷
【 2 名 同 時 申 込 で 1 名 無 料 】 対 象 セ ミ ナ ー 【Live配信セミナー(Zoom使用)】 ※会社・自宅にいながら学習可能です※

【Live(リアルタイム)配信】
微粒子分散系のレオロジー

~レオロジーの観点から分散・凝集制御の基礎を学ぶ~

微粒子の分散・凝集制御に必要な学問を身につけよう!
レオロジーの基礎から微粒子分散系を取り扱う方法を解説
このセミナーの受付は終了致しました。
日時 2022年5月25日(水)  13:00~16:30
会場 Live配信セミナー(会社・自宅にいながら受講可能)  
会場地図
講師 神戸大学 大学院工学研究科 応用化学専攻 工学博士 教授 鈴木 洋 氏
[その他 肩書・活動・受賞など]
2015-2018 日本レオロジー学会 理事
2016-2018 化学工学会粒子流体プロセス部会 部会長
2016-2021 神戸大学大学院工学研究科 複雑熱流体工学研究センター センター長
2019-2021 化学工学会熱工学部会 部会長
2021    日本レオロジー学会 学会賞受賞
 
受講料(税込)
各種割引特典
44,000円 ( E-Mail案内登録価格 41,800円 ) S&T会員登録とE-Mail案内登録特典について
定価:本体40,000円+税4,000円
E-Mail案内登録価格:本体38,000円+税3,800円
※【テレワーク応援キャンペーン(1名受講)【Live配信/WEBセミナー受講限定】
  1名申込みの場合:受講料( 定価:35,200円/E-Mail案内登録価格 33,440円 )

 35,200円 (E-Mail案内登録価格 33,440円 )
 定価:本体32,000円+税3,200円
 E-Mail案内登録価格:本体30,400円+税3,040円
※1名様でLive配信/WEBセミナーを受講する場合、上記特別価格になります。
※お申込みフォームで【テレワーク応援キャンペーン】を選択のうえお申込みください。
※他の割引は併用できません。
E-Mail案内登録なら、2名同時申込みで1名分無料 1名分無料適用条件
2名で44,000円 (2名ともE-Mail案内登録必須/1名あたり定価半額22,000円) 
配布資料・製本テキスト(開催前日着までを目安に発送)
  ※セミナー資料は開催日の4~5日前にお申し込み時のご住所へ発送致します。
  ※間近でのお申込みの場合、セミナー資料の到着が開催日に間に合わないことがございます。
オンライン配信ZoomによるLive配信 ►受講方法・接続確認(申込み前に必ずご確認ください)
備考※講義の録画・録音・撮影はご遠慮ください。
※開催日の概ね1週間前を目安に、最少催行人数に達していない場合、セミナーを中止することがございます。
得られる知識・レオロジーの基礎
・微粒子分散系の基礎
・レオメータの利用方法

セミナー趣旨

 微粒子分散系は、食品・樹脂コンポジット、塗料、化粧品など様々な応用分野に存在する系である。しかしながら微粒子の分散媒中の挙動については複雑であり、これまでの技術では分散・凝集制御は試行錯誤的に取り扱われてきた。本講ではレオロジーの基礎から微粒子分散系を取り扱う方法を講義する。その上で微粒子の分散・凝集制御に必要な学問を身につけ、塗布乾燥などのいくつかのトピックスについて取り上げ、実際の微粒子分散系を俯瞰する。

セミナー講演内容

1.レオロジーの基礎
 1.1 ひずみとひずみ速度
 1.2 応力と粘度
 1.3 複雑流体

2.粘度発現のメカニズム
 2.1 低分子流体
 2.2 微粒子分散系
 2.3 高分子流体

3.粘弾性流体
 3.1 マックスウェル要素
 3.2 フォークト要素
 3.3 緩和と遅延
 3.4 粘弾性流体の挙動

4.粘弾性流体の解析
 4.1 コーシーの方程式
 4.2 擬塑性流体モデル
 4.3 粘弾性流体モデル

5.微粒子分散系
 5.1 分散系の分類
 5.2 粒子間相互作用
 5.3 ゼータ電位
 5.4 DLVO理論

6.サスペンジョン
 6.1 サスペンジョンの粘度
 6.2 セルモデル
 6.3 凝集体分散系の粘度

7.粘度測定法
 7.1 回転式レオメータ
 7.2 細管式粘度計

8.チクソトロピー
 8.1 チクソトロピーとは
 8.2 チクソトロピー性の発現メカニズム
 8.3 チクソトロピーモデル

9.添加剤による分散・凝集制御
 9.1 分散制御
 9.2 凝集制御
 9.3 凝集剤・分散剤

10.流れによる分散・凝集制御
 10.1 凝集速度制御
 10.2 スタティックミキサー

11.塗膜の微粒子挙動
 11.1 印刷ペーストの粘度履歴
 11.2 コーティングプロセス

12.膜乾燥課程の微粒子挙動
 12.1 沈降と乾燥
 12.2 バインダーによる構造制御

□ 質疑応答 □