セミナー 印刷

【Live配信(リアルタイム配信)orアーカイブ配信】
繊維強化複合材料の力学的特性と損傷・破壊

~損傷・破壊を理論的に捉えるための、複合材料・材料力学・破壊力学の理解~
~引張破壊・圧縮破壊・層間破壊・ボルト結合部の破壊等の損傷・破壊現象~

繊維強化複合材料の損傷・破壊現象を捉えるために、複合材料の力学、材料力学・破壊力学、各損傷・破壊現象等について詳しく解説。
材料についての理解が深まり、構造物や部材の開発・設計などに向けて知識を応用する方法を学べるセミナーです。
このセミナーの受付は終了致しました。
日時 【会場受講】 2022年5月25日(水)  13:00~16:30
【Live配信】 2022年5月25日(水)  13:00~16:30
【アーカイブ受講】 2022年6月6日(月)  ごろ配信開始予定(視聴期間:配信後営業日10日間)
会場 【会場受講】 東京・千代田区駿河台 連合会館  4F 401会議室
会場地図
【Live配信】 Live配信セミナー(会社・自宅にいながら受講可能)  
会場地図
【アーカイブ受講】 Webセミナー(会社・自宅にいながら受講可能)  
会場地図
受講料(税込)
各種割引特典
44,000円 ( E-Mail案内登録価格 41,800円 ) S&T会員登録とE-Mail案内登録特典について
定価:本体40,000円+税4,000円
E-Mail案内登録価格:本体38,000円+税3,800円
E-Mail案内登録なら、2名同時申込みで1名分無料 1名分無料適用条件
2名で44,000円 (2名ともE-Mail案内登録必須​/1名あたり定価半額22,000円) 
テレワーク応援キャンペーン(1名受講)【Live配信/WEBセミナー受講限定】
 1名申込みの場合:受講料( 定価:35,200円/E-Mail案内登録価格:33,440円 )

 35,200円 ( E-Mail案内登録価格 33,440円 ) 
 定価:本体32,000円+税3,200円
 E-Mail案内登録価格:本体30,400円+税3,040円
1名様でLive配信/WEBセミナーを受講する場合、上記特別価格になります。
※お申込みフォームで【テレワーク応援キャンペーン】を選択のうえお申込みください。
※他の割引は併用できません。
配布資料製本テキスト
■会場受講:当日受付で配布
■Live配信受講(開催前日着までを目安に発送)
 ※セミナー資料はお申し込み時のご住所へ発送させていただきます。
 ※開催日の4~5日前に発送する予定です。
 ※開催まで4営業日~前日にお申込みの場合、
  セミナー資料の到着が、開講日に間に合わない可能性がありますこと、ご了承下さい。
■アーカイブ配信受講:(開催日を目安に発送)
 ※セミナー資料はお申し込み時のご住所へ発送させていただきます。
オンライン配信Live配信 ►受講方法・視聴環境確認申込み前に必ずご確認ください
アーカイブ配信 ►受講方法・視聴環境確認申込み前に必ずご確認ください
備考※資料付
※講義中の録音・撮影はご遠慮ください。
※講義中のパソコン使用はキーボードの打音などでご遠慮いただく場合がございます。
得られる知識・複合材料に関する基礎知識
・材料力学・破壊力学の基礎的な考え方
・複合材料の破壊に関する一般的な知識(引張破壊・圧縮破壊・層間破壊等)
対象・複合材料の技術者・研究者
・構造設計の技術者・研究者
・複合材料製の構造物の設計に携わる人

セミナー講師

国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構 (JAXA) 参与(招聘研究員) 工学博士 末益 博志 氏
専門:航空宇宙構造力学・複合材料工学
1980年4月~1986年3月31日 東京大学 宇宙航空研究所/工学部 助手
1986年4月~1995年3月31日 上智大学 理工学部 助教授
1995年4月~2018年3月31日 上智大学 理工学部 教授
2018年4月~2019年3月31日 宇宙航空研究開発機構 客員研究員
2019年4月~         宇宙航空研究開発機構 参与
2009年4月~2011年3月    日本複合材料学会 会長
2018年4月~         上智大学名誉教授

セミナー趣旨

  繊維強化複合材料の力学的挙動は、損傷・破壊を含めて、複雑で理解・推量不可能に見える。しかし、不均質性や界面の影響を考えてきちんと整理すれば、思った以上に力学的現象を把握・推測が可能になる。ところで、自然界の生物材料(木材、竹、骨等)は複合材料に分類できるが、これらの材料に関しては経験を生かして(難しい数学を使うことなく)いろいろな分野に便利に・上手に応用している。製造現場では、「材料力学や構造力学といった難しい理論など使わない」という人もいる。また最近ではコンピュータによるシミュレーションで実現象を再現したり、AIを設計に生かすなどコンピュータサイエンス技術の発展も著しい。この方面からも材料力学や応用力学といった基礎学問は必要なくなるという声も聞く。しかし、実際の構造物や部材の開発・設計において、材料に関する知識とそれを理解し生かす理論が必須となり、その全体を正しく把握できる人材が組織のキーとなる。
 本講義では、複合材料の損傷や破壊現象を紹介し、現象を理解するのに有効な材料力学や破壊力学の基礎を概説し、学問の目を通して破壊現象を推論することを試みる。複合材料に関する知識を応用する方法を学んで、これからの研究・開発に自信を持って取り組めるようになってもらうことが本講義の目標である。

セミナー講演内容

1.繊維複合材料とは
 1.1 複合材料は何故軽くて強いのか
 1.2 複合材料の弱点
 1.3 複合材料の力学的評価のための準備
 
2.複合材料の力学の基礎
 2.1 複合材料の弾性特性
 2.2 複合材料の強度と強度則
 2.3 不均質性に起因する応力
 
3.複合材料の損傷と破壊の例
 3.1 引張強度
 3.2 圧縮強度
 3.3 層間剥離
 3.4 ボルト結合部の破壊
 
4.まとめ

 
□質疑応答・名刺交換□