セミナー 印刷
【 2 名 同 時 申 込 で 1 名 無 料 】 対 象 セ ミ ナ ー 【Live配信セミナー(Zoom使用)】 ※会社・自宅にいながら学習可能です※

【Live配信(リアルタイム配信)】
異種材接合のメカニズムの理解と現状、課題

~接合過程の基礎現象と継手強度向上、各種組み合わせの接合例~
~Al / Fe、Al / Cu、Al / Ti、Al / Mg、Fe / Ti、金属 / 熱可塑性樹脂~

本セミナーは都合により、中止となりました。
(2022年3月22日18:00 更新)
マルチマテリアル化のキーテクノロジーである異種材接合
異種材接合の拡散、界面反応などのメカニズムの理解から各種異種材接合の課題・実用例などを解説いたします
このセミナーの受付は終了致しました。
日時 2022年3月29日(火)  10:30~16:30
会場 Live配信セミナー(会社・自宅にいながら受講可能)  
会場地図
受講料(税込)
各種割引特典
49,500円 ( E-Mail案内登録価格 46,970円 ) S&T会員登録とE-Mail案内登録特典について
定価:本体45,000円+税4,500円
E-Mail案内登録価格:本体42,700円+税4,270円
E-Mail案内登録なら、2名同時申込みで1名分無料 1名分無料適用条件
2名で49,500円 (2名ともE-Mail案内登録必須​/1名あたり定価半額の24,750円)
【テレワーク応援キャンペーン(1名受講)【Live配信/WEBセミナー受講限定】
 1名申込みの場合:受講料( 定価:35,200円/E-Mail案内登録価格 33,440円 )
  35,200円 ( E-Mail案内登録価格 33,440円 )
   定価:本体32,000円+税3,200円
   E-Mail案内登録価格:本体30,400円+税3,040円
 ※1名様でLive配信/WEBセミナーを受講する場合、上記特別価格になります。
 ※お申込みフォームで【テレワーク応援キャンペーン】を選択のうえお申込みください。
 ※他の割引は併用できません。
配布資料配布資料:製本テキスト(開催前日着までを目安に発送)
     ※セミナー資料はお申し込み時のご住所へ発送させていただきます。
     ※開催日の4~5日前に発送します。
      開催前日の営業日の夕方までに届かない場合はお知らせください。

     ※開催まで4営業日~前日にお申込みの場合、セミナー資料の到着が、
      開講日に間に合わない可能性がありますこと、ご了承下さい。
オンライン配信ZoomによるLive配信 ►受講方法・接続確認
備考※資料付
※講義中の録音・撮影はご遠慮ください。
※開催日の概ね1週間前を目安に、最少催行人数に達していない場合、セミナーを中止することがございます。
得られる知識〇異種材接合とは
〇異種材接合過程で生じる基礎現象について
〇種々の異種材接合の現状と課題、今後の展望とは
対象異種材接合に興味がある若手研究者

セミナー講師

セミナー趣旨

 異なる特性を有する材料を適材適所で組み合わせて、工業製品の高機能化や多機能化、さらにはコスト削減を目指したものづくりの考え方は「マルチマテリアル化」と呼ばれ、製品の設計自由度を大幅に高めることから、国内外問わず数多くの研究・開発が進められている。しかし、実用上要望が多い異種材接合の組合せの多くにおいて、接合界面での過度な材料間の反応により優れた特性を得ることは難しいため、一部の実用化例が報告されているものの、世の中で広く利用されるに至っていない。

 本講義では、異種材接合の重要性や課題を理解し、異種材接合過程で生じる種々の現象を踏まえつつ、さまざまな異種材組み合わせに対する接合の現状や適用例、継手性能改善に対する方策、今後の展開について平易に解説する。

セミナー講演内容

1.異種材接合とは
 1-1.異種材接合の重要性
 1-2.異種材接合の課題
 1-3.異種材接合を達成する接合方法
 
2.異種材接合で生じる基礎現象
 2-1.拡散と界面反応
 2-2.金属間化合物の形成
 2-3.継手強度とミクロ組織の関係
 
3.アルミニウム/鉄の異種材接合
  3-1.接合時の諸現象と課題
  3-2.種々の接合法を用いた実施例・実用化例
  3-3.継手強度向上に向けた対策例
  3-4.界面反応の制御技術
 
4.その他の異種材接合
  4-1.アルミニウム/銅の異種材接合
  4-2.アルミニウム/チタンの異種材接合
  4-3.アルミニウム/マグネシウムの異種材接合
  4-4.鉄/チタンの異種材接合 
  4-5.金属/熱可塑性樹脂の異種材接合
  4-6.今後の展開

  □ 質疑応答 □