セミナー 印刷

【Live配信(リアルタイム配信)】
二酸化炭素資源化に寄与する触媒技術の最新動向
~ポリマー直接合成用固体触媒系の開発~

CO2から直接モノマー・ポリマーを合成する化学変換技術の現状・課題・応用・展望


 世界で開発が加速するCO2有効利用(CCU)技術。
 本セミナーでは、CO2を固定するための化学変換(還元的・非還元的変換)技術および利用される触媒について、基礎・最新の開発動向から現状の課題、期待される今後の展望まで、幅広く解説いたします。

◇CO2の化学変換とその触媒技術
 :還元的・非還元的変換による化学品合成技術の基礎、CO2変換に有効な固体触媒の設計指針

◇CO2からのモノマー合成技術 
 カーボネート/カーバメート/ウレアなど、各種モノマーの合成技術

◇CO2からのポリマー合成技術 
 :間接的・直接的なポリマー合成基質やジオール脱水剤の使用・不使用な触媒系など

 
このセミナーの受付は終了致しました。
日時 2022年3月4日(金)  13:00~16:30 ※zoomによるLive配信
会場 Live配信セミナー(会社・自宅にいながら受講可能)  
会場地図
受講料(税込)
各種割引特典
44,000円 ( E-Mail案内登録価格 41,800円 ) S&T会員登録とE-Mail案内登録特典について
定価:本体40,000円+税4,000円
E-Mail案内登録価格:本体38,000円+税3,800円
E-Mail案内登録なら、2名同時申込みで1名分無料 1名分無料適用条件
2名で44,000円 (2名ともE-mail案内登録必須​/1名あたり定価半額の22,000円)
 テレワーク応援キャンペーン(1名受講)【Live配信/WEBセミナー受講限定】
1名申込みの場合:受講料( 定価:35,200円/E-mail案内登録 33,440円 )
 定価:本体32,000円+税3,200円 E-mail案内登録:本体30,400円+税3,040円
1名様でLive配信/WEBセミナーを受講する場合、上記特別価格になります。
※お申込みフォームで【テレワーク応援キャンペーン】を選択のうえお申込みください。
※他の割引は併用できません。
配布資料PDFテキスト【印刷可・編集不可】のみ
※PDFテキストはマイページよりダウンロードいただきます。(開催の営業日2日前よりダウンロード可)
オンライン配信ZoomによるLive配信(申込み前に必ずご確認ください) 
 ►受講方法・接続確認 https://www.science-t.com/onlineseminar/zoom.html
備考※講義中の録音・撮影はご遠慮ください。

【得られる知識】
 ・二酸化炭素の非還元的変換手法の基本知識 
 ・二酸化炭素からの直接モノマー合成技術
 ・二酸化炭素からの直接ポリマー合成技術
 ・二酸化炭素変換に有効な固体触媒の設計指針

【受講対象】
 ・二酸化炭素の化学的変換に興味のある企業、研究者
 ・ポリマー合成に興味のある企業、研究者
 ・固体触媒、特に、金属酸化物触媒に興味のある研究者
 

セミナー講師

大阪市立大学 人工光合成研究センター 准教授 博士(工学) 田村 正純 氏 【講師詳細】
専門:触媒化学、有機合成化学

セミナー趣旨

 昨今、気候変動に伴なう異常気象等の災害が頻発しており、二酸化炭素やメタン等の温室効果ガスの排出抑制及び削減は世界レベルの課題である。中でも、二酸化炭素は温室効果ガスの主要成分であり、二酸化炭素を化学変換することで固定化する技術に注目が集まっている。
 本セミナーでは、二酸化炭素の化学変換の中でも、比較的低エネルギーでの変換が期待される非還元的変換による有用化学品合成を中心に紹介する。特に、固体触媒系を用いた有機カーボネートやカーバメート、ウレアなどのモノマー合成からポリカーボネート合成まで幅広く紹介する。

セミナー講演内容

1. 二酸化炭素の化学変換の基礎

2. 二酸化炭素の還元的変換と非還元的変換
 2.1 二酸化炭素の還元的変換による化学品合成
 2.2 二酸化炭素の非還元的変換による化学品合成
 2.3 二酸化炭素の非還元的変換の課題

3. 二酸化炭素の非還元的変換によるモノマー合成
 3.1 二酸化炭素とアルコールからのカーボネート合成
 3.2 二酸化炭素とアミン、アルコールからのカーバメート合成
 3.3 二酸化炭素とアミンからのウレア合成

4. 二酸化炭素からのポリマー合成 
 4.1 二酸化炭素を原料とした間接的なポリマー合成
 4.2 二酸化炭素からの直接的ポリマー合成
  4.2.1 二酸化炭素と反応性の高い基質からのポリマー合成
  4.2.2 二酸化炭素とジオールからのポリマー合成
   4.2.2.1 脱水剤を用いた触媒系
   4.2.2.1 脱水剤を用いない触媒系

5. 今後の展望

 □ 質疑応答 □