セミナー 印刷
【 2 名 同 時 申 込 で 1 名 無 料 】 対 象 セ ミ ナ ー 【Live配信セミナー(Zoom使用)】 ※会社・自宅にいながら学習可能です※

【Live(リアルタイム)配信】
聞いて納得 見て納得
動画で学ぶ 粉体の取り扱いとトラブル対策

粉体装置を模した透明スケルトンモデルの稼働動画を示しながら解説

透明な装置内で粉体がどういった挙動を見せるのか?視覚でも理解できるセミナー
講義中に下記のような動画を配信しながら装置内の粉体の挙動を解説します!
※クリック頂きますと該当のYoutubeページで動画をご確認頂けます。

連続式「流動層乾燥機/テーブルフィーダー付」
円錐部付「円筒回転ボールミル」
V型混合機(ブレンダー)
ホッパー付「振動フィーダー」
均一ピッチ「スクリューフィーダー」
高速攪拌型「混合造粒機」
 
このセミナーの受付は終了致しました。
日時 2022年2月25日(金)  10:30~16:30
会場 Live配信セミナー(会社・自宅にいながら受講可能)  
会場地図
受講料(税込)
各種割引特典
49,500円 ( E-Mail案内登録価格 46,970円 ) S&T会員登録とE-Mail案内登録特典について
定価:本体45,000円+税4,500円
E-Mail案内登録価格:本体42,700円+税4,270円
※【テレワーク応援キャンペーン(1名受講)【Live配信/WEBセミナー受講限定】
  1名申込みの場合:受講料( 定価:35,200円/E-Mail案内登録価格 33,440円 )

 35,200円 ( E-Mail案内登録価格 33,440円 )
 定価:本体32,000円+税3,200円
 E-Mail案内登録価格:本体30,400円+税3,040円
※1名様でLive配信/WEBセミナーを受講する場合、上記特別価格になります。
※お申込みフォームで【テレワーク応援キャンペーン】を選択のうえお申込みください。
※他の割引は併用できません。
E-Mail案内登録なら、2名同時申込みで1名分無料 1名分無料適用条件
2名で49,500円 (2名ともE-Mail案内登録必須/1名あたり定価半額24,750円) 
配布資料・製本テキスト(開催前日着までを目安に発送)
  ※セミナー資料は開催日の4~5日前にお申し込み時のご住所へ発送致します。
  ※間近でのお申込みの場合、セミナー資料の到着が開催日に間に合わないことがございます。
オンライン配信ZoomによるLive配信 ►受講方法・接続確認(申込み前に必ずご確認ください)
備考※講義の録画・録音・撮影はご遠慮ください。
※開催日の概ね1週間前を目安に、最少催行人数に達していない場合、セミナーを中止することがございます。
得られる知識・粉体粒体取り扱いプロセスを俯瞰することができる。
・なぜ「粉は魔物といわれる」か、腑に落ちる理解が得られる。
・粉体トラブルの基本を「基本的素子」に分解して理解する。
・装置の選定根拠を実例から把握する。
・トラブルに対するコストパフォーマンスの良い処理を会得できる
対象・粉体業界の若手の究者・技術者
・材料研究部門からプロセス開発部門に変わられた技術者
・「粉体/粒体生産プロセス」に課題を感じている技術者
・粉体/粒体プロセスを俯瞰して、自分の「立ち位置」を確認したい技術者

セミナー講師

セミナー趣旨

 粉、粒は、現代の工業プロセスの中で必須の、基本的な「材料取り扱い技術」である。しかしながら「粉体は世に出るまでの仮姿」といわれる様に、なかなかそのノウハウは、専門家以外は理解されていない事が多い。また、数値シミュレーション技術を用いることによって実験回数の軽減は可能でも、粉体には粒度分布という自然形態があるため、新しい物質には「実際に小型装置で試してみること」が基本である。

 本講座では、小型透明卓上スケルトンモデル®を駆使して「粉体挙動を見える化」し、装置設計に使われている実験式と、装置内粉体挙動の観察から参加者の「疑似体験」をうながし、「腑に落ちる、応用が効く理解」を得られるように講演する。その結果「粉体トラブルを予測し、その対策をあらかじめ考慮して仕組んでおくプロセス」を構築できる技術者になって頂きたい。

セミナー講演内容

1.初めに、粉体粒体取り扱い技術を俯瞰する
 1.1 分類と定義
 1.2 単位操作をつなぐ技術
 1.3「粉は生きている」といわれる理由【閉塞とその解消方法の動画】
 1.4「粉は魔物」といわれる理由【偏析現象の動画】

2.乾燥と粉砕操作
 2.1 装置選定に関する「プロセスエンジニアーの頭の中」を見る
 2.2「粉の気持ちになって」といわれるのはなぜか?【流動層乾燥機の動画】
 2.3 プロセスのスケールアップは寸法を大きくするのではない【ボールミルの動画】
  ・現象を拡大する計算例
 2.4 粉体現象の律速を理解し「現象の規模を大きくする」【噴霧乾燥機の動画】
  ・乾燥範囲に区別した計算例
 2.5 回分式運転をどの様に連続式運転にするか? 【連続流動層乾燥機動画】
  ・熱移動容量係数を基準とする計算例【振動流動層乾燥機動画】

3.混合と造粒操作 
 3.1 適正混合時間とは何か、その決定理由は?【V型ブレンダーの動画】
 3.2 対流混合と剪断混合【容器回転型混合器動画】
 3.3 分散と凝集、粉砕助剤【傾斜皿形転動造粒動画】
 3.4 造粒の原理とその製品粒子の特性【高速攪拌混合造粒動画】
 3.5 液架橋現象とバインダー【流動層造粒機の動画】
 3.6 粒子表面改質、形状改質装置の実例【押出造粒と球形化の動画】

4.トラブル現象と対策
 4.1 トラブルは多くの要因の総合現象であり、要素に分類できる
 4.2 それぞれの要素に対する対策はすべて存在する【円錐型キルンの偏析動画】
 4.3 事前対策と事後対策、エスケープルート的対策例
 4.4 世界的傾向、PAT技術と、ドイツの例
 4.5 IOT利用の動向、センサーとリアルタイムオンラインフィードバック
 4.6 失敗ができないプロセスの疑似体験を積む為に「VRとAR」を利用する

5.質疑応答と希望する動画の再配信・再解説