セミナー 印刷

【Live配信(リアルタイム配信)】
ダイヤモンド電極の特性・作製技術と応用最前線

~環境計測・生体計測ならびにCO2からの有用物質創製等への応用~

本セミナーは都合により中止となりました。(2022年1月11日 16:30更新)
導電性ダイヤモンドを化学電極として利用し、優れた電気化学特性をもつ「ダイヤモンド電極」。
環境物質センサー生体関連物質センサー生体内物質計測ウイルス測定水処理・汚水浄化有機電解合成CO2 還元による有用物質合成など、様々な応用展開が可能な同材料について、基礎から応用最前線までを詳しく解説します。
このセミナーの受付は終了致しました。
日時 2022年1月18日(火)  13:00~16:30
会場 Live配信セミナー(会社・自宅にいながら受講可能)  
会場地図
受講料(税込)
各種割引特典
44,000円 ( E-Mail案内登録価格 41,800円 ) S&T会員登録とE-Mail案内登録特典について
定価:本体40,000円+税4,000円
E-Mail案内登録価格:本体38,000円+税3,800円
E-Mail案内登録なら、2名同時申込みで1名分無料 1名分無料適用条件
2名で44,000円 (2名ともE-Mail案内登録必須​/1名あたり定価半額22,000円) 
テレワーク応援キャンペーン(1名受講)【Live配信/WEBセミナー受講限定】
1名申込みの場合:受講料( 定価:35,200円/E-Mail案内登録価格:33,440円 )

35,200円 ( E-Mail案内登録価格 33,440円 ) 
 定価:本体32,000円+税3,200円
 E-Mail案内登録価格:本体30,400円+税3,040円
1名様でLive配信/WEBセミナーを受講する場合、上記特別価格になります。
※お申込みフォームで【テレワーク応援キャンペーン】を選択のうえお申込みください。
※他の割引は併用できません。
配布資料電子媒体(PDFデータ/印刷可)
・弊社HPのマイページよりダウンロードいただきます。
・開催2日前を目安に、ダウンロード可となります。
・ダウンロードには会員登録(無料)が必要となります。
オンライン配信ZoomによるLive配信 ►受講方法・接続確認申込み前に必ずご確認ください
備考※資料付
※講義中の録音・撮影はご遠慮ください。
※開催日の概ね1週間前を目安に、最少催行人数に達していない場合、セミナーを中止することがございます。
得られる知識ダイヤモンド電極研究開発の現状
ダイヤモンド電極の応用展開
カーボンリサイクルに向けたCO2還元の現状
対象特に限定いたしません。どなたでも歓迎です。予備知識も特に必要ありません。

セミナー趣旨

 ホウ素を高濃度にドープした導電性ダイヤモンド(ダイヤモンド電極)は、優れた電気化学特性をもち、次世代の電極材料として期待されている。我々はこれまで、ダイヤモンド電極を用いて、主に生体関連物質・環境汚染物質等の微量分析にむけて、その基礎的な評価を行ってきたが、電気化学センサーとしての実用化は視野に入りつつある。さらに近年、それにとどまらず、生体内での薬物動態のリアルタイム測定などへも展開している。一方で、電位窓が広い、残余電流が小さいといった特性はもちろん、きわめてすぐれた耐久性、活性種を効率的に生成できる特性に注目したときに、近年新しい応用展開が期待されつつある。
 本セミナーでは、電気化学センサーとしての展開に加え、新しい有機電解合成法としての利用法、特にCO2還元による有用物質生成用の電極としての機能などについて、最近の展開を紹介する。

セミナー講演内容

1.材料としてのダイヤモンド
 1.1 ダイヤモンド材料の特徴・応用例
 1.2 ダイヤモンドの人工合成法

2.ダイヤモンド電極
 2.1 ホウ素ドープダイヤモンド
 2.2 ダイヤモンド電極の作製法
 2.3 ダイヤモンド電極の電気化学特性
 2.4 ダイヤモンド電極の応用例
 
3.環境物質センサーへの応用
 3.1 有効塩素(残留塩素)
 3.2 重金属
 3.3 その他
 
4.生体関連物質センサーへの応用
 4.1 尿酸
 4.2 シュウ酸
 4.3 グルコース
 4.4 その他
 
5.生体内物質計測への応用
 5.1 脳内ドーパミン測定
 5.2 組織内グルタチオン測定
 5.3 胃内pH測定
 5.4 薬物動態のリアルタイム測定
 5.5 その他
 
6.その他センサー応用
 6.1 ウイルス測定
 6.2 pH測定
 
7.水処理、汚水浄化への応用
 7.1 ダイヤモンド電極での活性種の生成
 7.2 有機物分解
 7.3 ダイヤモンド電極腐食の問題とその解決法
 7.4 難分解性物質の分解
 
8.有機電解合成への応用
 8.1 有機電解合成とその背景
 8.2 ダイヤモンド電極の特異性
 8.3 創薬・化学品合成への応用
 
9.CO2 還元による有用物質合成への応用
 9.1 ホルムアルデヒド生成
 9.2 電解効率100%のギ酸生成
 9.3 C2/C3化合物生成の試み
 9.4 カーボンリサイクルに向けた最近の取り組み
 
10.オゾン水
 10.1 オゾン水生成
 10.2 オゾン水濃度計測
 
11.ダイヤモンド電極の基礎評価
 11.1 電極特性を決定する要因
 11.2 応用用途にふさわしいダイヤモンド電極のデザイン
 11.3 電極界面制御
 11.4 全反射測定赤外分光法による電極界面のその場観測
 11.5 電極界面反応に関する理論計算
 
12.将来展望       

 □質疑応答□