セミナー 印刷
【 2 名 同 時 申 込 で 1 名 無 料 】 対 象 セ ミ ナ ー 【Live配信セミナー(Zoom使用)】 ※会社・自宅にいながら学習可能です※

【Live配信(リアルタイム配信)】
トヨタ流仕事術の“勘どころ”

~トヨタ式の考え方を身につけ、実際の業務に活かす~
~標準化と見える化・5回のなぜ・A3文化~
~トヨタ式とサムスン式から見るグローバルな仕事術とは~

無駄を排除した生産方式として注目を集める “トヨタ生産方式”
その考えの大元となる基本的な考え方やスキルについて解説します
またトヨタ自動車とサムスンに勤務経験がある講師ならではのビジネススキルを伝授致します!

テレワーク勤務下でも効率的に仕事を進めるセルフマネジメントのスキルを身につけることが出来ます!
 
日時 2021年12月8日(水)  13:00~16:30
会場 Live配信セミナー ※会社・自宅にいながら受講可能です※  
会場地図
受講料(税込)
各種割引特典
44,000円 ( E-Mail案内登録価格 41,800円 ) S&T会員登録とE-Mail案内登録特典について
定価:本体40,000円+税4,000円
E-Mail案内登録価格:本体38,000円+税3,800円
E-Mail案内登録なら、2名同時申込みで1名分無料 1名分無料適用条件
2名で44,000円 (2名ともE-Mail案内登録必須​/1名あたり定価半額の22,000円)
【テレワーク応援キャンペーン(1名受講)【Live配信/WEBセミナー受講限定】
 1名申込みの場合:受講料( 定価:35,200円/E-Mail案内登録価格 33,440円 )
  35,200円 ( E-Mail案内登録価格 33,440円 )
   定価:本体32,000円+税3,200円
   E-Mail案内登録価格:本体30,400円+税3,040円
 ※1名様でLive配信/WEBセミナーを受講する場合、上記特別価格になります。
 ※お申込みフォームで【テレワーク応援キャンペーン】を選択のうえお申込みください。
 ※他の割引は併用できません。
配布資料配布資料:製本テキスト(開催前日着までを目安に発送)
     ※セミナー資料はお申し込み時のご住所へ発送させていただきます。
     ※開催日の4~5日前に発送します。
      開催前日の営業日の夕方までに届かない場合はお知らせください。

     ※開催まで4営業日~前日にお申込みの場合、セミナー資料の到着が、
      開講日に間に合わない可能性がありますこと、ご了承下さい。
オンライン配信ZoomによるLive配信 ►受講方法・接続確認
備考※資料付
※講義中の録音・撮影はご遠慮ください。
※開催日の概ね1週間前を目安に、最少催行人数に達していない場合、セミナーを中止することがございます。
得られる知識・グローバル企業での実務状況、企業特徴の理解
・セルフマネジメント能力
・グルーバルに通用する基礎業務スキル
・企画/プレゼン/説得能力
対象・グローバル企業の実情を知りたい方
・能力向上を図りたい方、生産性を上げたい方
・楽に業務推進するワザを探している方
・上記視点の実務者と管理者

セミナー講師

技術オフィスTech-T  代表 高原 忠良 氏
【経歴】
 1980~1989 新日本無線株式会社 高融点金属・セラミックの研究
 1989~2012 トヨタ自動車 樹脂部品生産&材料・加工技術・CAE開発
 2012~2015 SamsungSDI(韓国本社) エンプラ研究所
 2015~2017 大手自動車メーカ 研究所 次世代車要素技術開発
 2017~現職 埼玉工業大学 客員教授
 2020~現職 技術オフィスTech-T 設立

セミナー趣旨

 トヨタ自動車、サムスン(韓国)での業務経験からグローバル・ビジネス・スキルの本質を見出しました。自分の目と耳で情報を認識するとともに、実際の対応に際しては、実に基礎的なスキルを着実に実行し続けるということです。自分事として理解し、着実に推進するということです。トヨタ生産方式やトヨタ式〇〇術というものも、実は、この基礎的なスキルの積み上げや組み合わせです。
 ニューノーマルの時代として、JOB型での働き方や遠隔地相互連携といったテレワークが求められています。トヨタ・サムスン式グローバル仕事術の特徴は、自己の役割を能動的に理解するとともにその責任範囲において即断即決で推進する点です。これはJOB型としての働き方に求められる能力に通じます。トヨタ式の標準化と見える化は、客観的な情報共有に有効で、テレワークの際に行き違いなく相互の業務を推進する際に役立ちます。これらのセルフマネジメントのスキルを身に付けることで、業務推進の速度と量の拡大、すなわち、生産性向上をも実現できます。ご紹介の仕事術は、製造業のみに限らず多くの分野で応用可能であり、グルーバルどの拠点でも効果的です。

セミナー講演内容

1.はじめに
グルーバル化や国際競争と日本の位置づけ、テレワークやJOB型業務状況などの現状の確認から講演を始めます。

2.トヨタ自動車とサムスンでの経験
実務経験から両社の特徴をご紹介します。気軽に聞いていただける内容です。

 2.1 トヨタ自動車
 2.2 サムスン
 2.3 企業文化の比較

3.トヨタ生産方式の簡単な紹介
トヨタ式、トヨタ流業務の理解のためには、そのベースとなっているトヨタ生産方式の理解が役立ちます。

 3.1 歴史
 3.2 構成する2本柱
 3.3 進化と現状
   〇プレス型段取時間:バンパ成形加工を例として
 3.4 製造だけじゃない、トヨタ全社のカイゼン活動
 3.5 他社での導入のむずかしさ

4.トヨタ式仕事術の具体的紹介
着眼点を理解いただければ、すぐに日々の仕事に活用できます。

 4.1 標準化と見える化
 4.2 「5回のなぜ」 トヨタ式問題解決
 4.3 アイデアを伝え賛同を得る技術 「トヨタのA3文化」

5.トヨタ・サムスン共通の基礎的仕事術
 5.1 グルーバル情報調査と自己の意思形成
   〇水素燃料自動車を例として
 5.2 業務プロセス要素とは
   A) 取組み姿勢
   B) コミュニケーション
   C) 目で見る管理

6.まとめ
  〇ニューノーマルの時代:グローバルで通じる仕事術とは

  □ 質疑応答 □