セミナー 印刷

【Live配信(リアルタイム配信)】
高分子材料の総合解析
~組成分析、構造・物性解析、形態観察、劣化解析~

材料特性を見極める各種分析技術と実務で役立つコツ・テクニック

「開発した材料が目標の性能を正しく発現しているか調べたい」
「更なる性能向上のための設計指針を獲得したい」
「材料の不具合の原因を様々な手法で解析したい」
「開発中の材料を競合他社材料と比較したい」
 …などなど、高分子材料を開発する上で必須の各種分析・解析技術。

 本セミナーでは、高分子材料を扱う技術者・研究開発者を対象に、様々な分析・解析手法を具体的な事例と共に解説します。



【得られる知識】
 高分子材料全般に適用可能な様々な分析手法の知識及び技術、汎用高分子材料の知識
 キーワード:NMR、MS、GPC、熱分析、粘弾性分析、ナノインデンター、OM、SEM、TEM、IR、分離処理、誘導体化

 
日時 【Live配信】 2021年10月27日(水)  13:00~15:30
会場 【Live配信】 Live配信セミナー ※会社・自宅にいながら受講可能です※  
会場地図
受講料(税込)
各種割引特典
27,500円 ( E-Mail案内登録価格 26,070円 ) S&T会員登録とE-Mail案内登録特典について
定価:本体25,000円+税2,500円
E-Mail案内登録価格:本体23,700円+税2,370円
E-Mail案内登録なら、2名同時申込みで1名分無料 1名分無料適用条件
2名で27,500円 (2名ともS&T会員登録必須​/1名あたり定価半額13,750円)
※他の割引は併用できません。
配布資料PDFテキスト【印刷可・編集不可】のみ
※PDFテキストはマイページよりダウンロードいただきます。(開催の営業日2日前よりダウンロード可)
オンライン配信ZoomによるLive配信(申込み前に必ずご確認ください) 
 ►受講方法・接続確認 https://www.science-t.com/onlineseminar/zoom.html
備考※講義中の録音・撮影はご遠慮ください。

セミナー講師

株式会社UBE科学分析センター 高分子分析研究室 室長 博士(工学) 宮内 康次 氏 【講師詳細】
【専⾨】NMR分析、高分子構造解析

セミナー趣旨

 高分子材料について、性能発現・向上のための設計指針獲得、成型加工性評価、機械的・電気的特性との関係性把握、不具合解析、競合材比較等を目的とした総合的な解析例を紹介する。ポリオレフィン等の高分子単体の特性解析から高分子複合材料の総合解析について解説し、物性解析、形態観察についても広範囲かつ詳細な事例を示す。さらに広く一般に利用されているポリアミド、ポリウレタン、ポリエステルについて組成、添加剤、変性、劣化解析を説明し、最後にNMR、MSに関する有用な最新技術を概説する。

セミナー講演内容

1.特性解析
 1.1 NMRによる1次構造解析
 1.2 GPCによる分子量分布分析

2.ポリオレフィン複合材料解析
 2.1 樹脂の分離分析            
 2.2 添加剤分析              

3.物性解析
 3.1 熱分析
 3.2 粘弾性測定
 3.3 ナノインデンテーション
 3.4 界面強度分析

4.形態観察
 4.1 モルフォロジー
 4.2 破面・劣化解析
 4.3 異物分析

5.ポリアミド・ポリウレタン・ポリエステル分析
 5.1 組成・添加剤分析
 5.2 変性構造解析
 5.3 劣化解析

6.最新分析技術
 6.1 拡散NMR
 6.2 クライオNMR
 6.3 LC-MS/MS

 □ 質疑応答 □