セミナー 印刷
【 2 名 同 時 申 込 で 1 名 無 料 】 対 象 セ ミ ナ ー 【Live配信セミナー(Zoom使用)】 ※会社・自宅にいながら学習可能です※

【Live配信(リアルタイム配信)】
PVA(ポリビニルアルコール)の基礎知識と機能化設計

PVA(ポリビニルアルコール)の合成手法から性能評価、機能化設計までを包括的に解説!
近年、センサーや抗菌フィルムなど新規分野への応用展開の最新動向とは・・・
日時 2021年10月22日(金)  13:00~16:30
会場 Live配信セミナー ※会社・自宅にいながら受講可能です※  
会場地図
受講料(税込)
各種割引特典
44,000円 ( E-Mail案内登録価格 41,800円 ) S&T会員登録とE-Mail案内登録特典について
定価:本体40,000円+税4,000円
E-Mail案内登録価格:本体38,000円+税3,800円
E-Mail案内登録なら、2名同時申込みで1名分無料 1名分無料適用条件
2名で44,000円 (2名ともE-Mail案内登録必須​/1名あたり定価半額の22,000円)
【テレワーク応援キャンペーン(1名受講)【Live配信/WEBセミナー受講限定】
 1名申込みの場合:受講料( 定価:35,200円/E-Mail案内登録価格 33,440円 )
  35,200円 ( E-Mail案内登録価格 33,440円 )
   定価:本体32,000円+税3,200円
   E-Mail案内登録価格:本体30,400円+税3,040円
 ※1名様でLive配信/WEBセミナーを受講する場合、上記特別価格になります。
 ※お申込みフォームで【テレワーク応援キャンペーン】を選択のうえお申込みください。
 ※他の割引は併用できません。
配布資料配布資料:製本テキスト(開催前日着までを目安に発送)
     ※セミナー資料はお申し込み時のご住所へ発送させていただきます。
     ※開催日の4~5日前に発送します。
      開催前日の営業日の夕方までに届かない場合はお知らせください。

     ※開催まで4営業日~前日にお申込みの場合、セミナー資料の到着が、
      開講日に間に合わない可能性がありますこと、ご了承下さい。
オンライン配信ZoomによるLive配信 ►受講方法・接続確認
備考※資料付
※講義中の録音・撮影はご遠慮ください。
※開催日の概ね1週間前を目安に、最少催行人数に達していない場合、セミナーを中止することがございます。
得られる知識・ポリビニルアルコール系の材料について基礎知識
・ポリビニルアルコール系材料の機能化設計と最新の応用について
対象・ポリビニルアルコール系の材料を取り扱っている方
・研究開発に携わって数年の若手技術者や新人の方
・最新のポリビニルアルコール系の材料について情報を得たい方
 ※予備知識は必要ございません

セミナー講師

セミナー趣旨

 ポリビニルアルコール(PVA)は世界で年間約65万トン生産され、食品包装フィルムや化粧品、洗濯のりなど様々な場面で利用されている。近年、優れた重合方法や有機反応の台頭により、一次構造を制御したPVAの合成や、簡便なPVAの機能化が行えるようになってきている。その結果、センサーや薬物キャリア、抗菌フィルムなど新しいPVA材料が報告されている。
 本講義では、PVAの基礎から機能化設計、また機能性PVAの応用などについて最新の研究をもとに紹介する。

セミナー講演内容

1.PVAの歴史と基礎
 1.1 合成高分子の歴史
   ・天然高分子と合成高分子
   ・これまでにどのような合成高分子が開発されたか
 1.2 未来のプラスチック
   ・未来のテクノロジーに組み込まれる合成高分子
 1.3 プラスチックの問題点
   ・マイクロプラスチック
   ・生分解性高分子
 1.4 PVAの性質
   ・生体適合性や生分解性
   ・機械的な強度

2.PVAの重合方法と構造設計
 2.1 フリーラジカル重合によるPVAの重合
   ・PVAの重合方法の問題点
   ・PVAの重合方法
   ・フリーラジカル重合の特徴
 2.2 リビング重合によるPVAの重合 
   ・リビング重合の特徴
   ・リビング重合によるPVAの合成方法
   ・リビング重合により合成されたPVAの特徴
 2.3 PVAの修飾
   ・固体表面へのPVAの修飾
   ・高分子鎖への修飾

3.PVAの物理化学的な性質の評価方法
 3.1 分子量と分子量分布の評価
   ・核磁気共鳴装置による評価
   ・静的光散乱法による評価
   ・ゲル浸透クロマトグラフィーによる評価
   ・MALDI-TOF MSによる評価
 3.2 結晶化度の評価
   ・X線回折法による評価
   ・示差走査熱量計による評価
 3.3 PVAの成形加工
   ・加工法による強度の向上

4.PVAの機能化設計
 4.1 有機反応、重合を用いた機能化
   ・ヒドロキシ基を利用した機能化
   ・架橋構造を介した機能化
 4.2 複合材料による機能化
   ・PVAへの刺激応答性の導入
   ・機能化されたPVAフィルムとナノファイバー
   ・機能化されたPVAの生分解性

5.高機能化PVAの最前線
 5.1 デバイスとしての応用
 5.2 センサーとしての応用
 5.2 バイオマテリアルとしての応用
 5.3 その他の応用

6.まとめ

  □ 質疑応答 □