セミナー 印刷
【 2 名 同 時 申 込 で 1 名 無 料 】 対 象 セ ミ ナ ー 【Live配信セミナー(Zoom使用)】 ※会社・自宅にいながら学習可能です※

【live(リアルタイム)配信】
ブロック共重合体の基礎とエレクトロニクス分野への応用

本セミナーでは、ブロック共重合体と有機半導体の基礎を解説するとともに、ブロック共重合体の特殊性と各種の半導体デバイス(有機電界発光素子、有機薄膜太陽電池、フォトリフラクティブ素子)への応用例について紹介する。
日時 2021年10月28日(木)  10:30~16:30
会場 Live配信セミナー ※会社・自宅にいながら受講可能です※  
会場地図
受講料(税込)
各種割引特典
49,500円 ( E-Mail案内登録価格 46,970円 ) S&T会員登録とE-Mail案内登録特典について
定価:本体45,000円+税4,500円
E-Mail案内登録価格:本体42,700円+税4,270円
※【テレワーク応援キャンペーン(1名受講)【Live配信/WEBセミナー受講限定】
  1名申込みの場合:受講料( 定価:35,200円/E-Mail案内登録価格 33,440円 )

 35,200円 ( E-Mail案内登録価格 33,440円 )
 定価:本体32,000円+税3,200円
 E-Mail案内登録価格:本体30,400円+税3,040円
※1名様でLive配信/WEBセミナーを受講する場合、上記特別価格になります。
※お申込みフォームで【テレワーク応援キャンペーン】を選択のうえお申込みください。
※他の割引は併用できません。
E-Mail案内登録なら、2名同時申込みで1名分無料 1名分無料適用条件
2名で49,500円 (2名ともE-Mail案内登録必須​/1名あたり定価半額の24,750円)
配布資料・PDFテキスト(印刷可・編集不可)
 ※PDFデータは、マイページよりダウンロードして頂くか、E-Mailで送付いたします。
  (開催前日~前々日を目安にダウンロード可、または送付)
オンライン配信【ZoomによるLive配信】
  ・本セミナーはビデオ会議ツール「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。
  ・お申し込み後、接続確認用URL(https://zoom.us/test)にアクセスして接続できるか等ご確認下さい。
  ・後日、別途視聴用のURLをメールにてご連絡申し上げます。
  ・セミナー開催日時に、視聴サイトにログインしていただき、ご視聴ください。
  ・リアルタイムで講師へのご質問も可能です。
  ・タブレットやスマートフォンでも視聴できます。
備考※講義の録画・録音・撮影はご遠慮ください。
得られる知識・高分子の基礎、ブロック共重合体の基礎
・ブロック共重合体の合成と構造解析
・ブロック共重合体の凝集系での構造
・有機半導体の基礎
・ブロック共重合体の有機半導体への展開
・種々の有機半導体デバイス
対象・高分子を基盤にした機能性材料の研究開発に携わっているまたはこれから携わる研究者
・特に有機半導体、高分子合成に携わっているまたはこれから携わる研究者
・その他、ブロック共重合体や有機半導体について基礎的な知識、経験、興味のある方々

セミナー講師

東京農工大学 大学院 工学研究院 応用化学部門 教授 荻野 賢司 氏
[その他 活動・役職など] 一般社団法人繊維学会 会長
 

セミナー趣旨

 高分子の合成技術の進歩に伴い、さまざまなタイプのブロック共重合体の合成が可能になってきている。凝集系においてブロック共重合体は、特徴的なミクロ相分離構造を示すが、薄膜系では相分離構造の配向制御等も可能になってきている。

 一方、有機半導体の応用においては、高分子等の材料を薄膜として使用することが多く、ミクロ相分離構造を示すブロック共重合体を半導体材料として用いることでデバイスの活性層のナノメーターサイズでの構造制御が自己組織的に可能となり、デバイス性能の向上が見込める。

 本講座では、高分子化合物の特徴を概説した後、ブロック共重合体の合成、構造決定の手法を紹介する。次に有機半導体について概説し、その基礎物性としての電荷移動度とその測定法を講義する。半導体特性を有するブロック共重合体の特殊性と各種の半導体デバイス(有機電界発光素子、有機薄膜太陽電池、フォトリフラクティブ素子)への応用例について紹介する。可能な限り原理原則に立ち返って本質を理解いただくとともに、この分野の最新情報に関して講義する。

セミナー講演内容

1.高分子について
 1.1 高分子とは
 1.2 高分子化合物の性質と特徴

2.ブロック共重合体について
 2.1 ブロック共重合体とは
 2.2 ブロック共重合体の合成
 2.3 ブロック共重合体の構造

3.有機半導体について
 3.1 有機半導体の基礎
 3.2 電荷移動度とその測定法
 3.3 ブロック共重合体薄膜中の電荷移動

4.ブロック共重合体の有機半導体デバイスへの応用展開
 4.1 有機電界発光素子
 4.2 有機薄膜太陽電池
 4.3 フォトリフラクティブ素子

5.その他のトピックスと今後の展望

□ 質疑応答 □