セミナー 印刷
【 2 名 同 時 申 込 で 1 名 無 料 】 対 象 セ ミ ナ ー 【Live配信セミナー(Zoom使用)】 ※会社・自宅にいながら学習可能です※

【Live配信(リアルタイム配信)】
トライボロジーの基礎とプラスチック材料の摩擦摩耗特性向上

手っ取り早く「トライボロジーとはこんなものか!」と理解していただける講座

「トライボロジーとはこんなものか!」と初心者が納得できる基礎講座
トライボロジーの基礎と高分子材料のトライボ特性と摩耗摩耗低減対策を解説
 
日時 2021年10月18日(月)  10:00~16:30
会場 Live配信セミナー ※会社・自宅にいながら受講可能です※  
会場地図
受講料(税込)
各種割引特典
49,500円 ( E-Mail案内登録価格 46,970円 ) S&T会員登録とE-Mail案内登録特典について
定価:本体45,000円+税4,500円
E-Mail案内登録価格:本体42,700円+税4,270円
※【テレワーク応援キャンペーン(1名受講)【Live配信/WEBセミナー受講限定】
  1名申込みの場合:受講料( 定価:35,200円/E-Mail案内登録価格 33,440円 )

 35,200円 ( E-Mail案内登録価格 33,440円 )
 定価:本体32,000円+税3,200円
 E-Mail案内登録価格:本体30,400円+税3,040円
※1名様でLive配信/WEBセミナーを受講する場合、上記特別価格になります。
※お申込みフォームで【テレワーク応援キャンペーン】を選択のうえお申込みください。
※他の割引は併用できません。
E-Mail案内登録なら、2名同時申込みで1名分無料 1名分無料適用条件
2名で49,500円 (2名ともE-Mail案内登録必須/1名あたり定価半額24,750円) 
配布資料・製本テキスト(開催前日着までを目安に発送)
 ※セミナー資料はお申し込み時のご住所へ発送させていただきます。
 ※開催日の4~5日前に発送します。
  開催前日の営業日の夕方までに届かない場合はお知らせください。

 ※開催まで4営業日~前日にお申込みの場合、セミナー資料の到着が開講日に間に合わない可能性がありますこと、
  ご了承下さい。
Zoom上ではスライド資料は表示されますので、セミナー視聴には差し支えございません。
オンライン配信【ZoomによるLive配信】
  ・本セミナーはビデオ会議ツール「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。
  ・お申し込み後、接続確認用URL(https://zoom.us/test)にアクセスして接続できるか等ご確認下さい。
  ・後日、別途視聴用のURLをメールにてご連絡申し上げます。
  ・セミナー開催日時に、視聴サイトにログインしていただき、ご視聴ください。
  ・リアルタイムで講師へのご質問も可能です。
  ・タブレットやスマートフォンでも視聴できます。
備考※講義の録画・録音・撮影はご遠慮ください。
得られる知識・トライボロジーの基礎知識
・トライボロジーの分野から見た高分子材料の基礎知識
・高分子材料の摩耗を低減するための様々な手法と特徴
・(PTFEを事例にした)高分子材料の摩耗低減のための研究事例
対象・お仕事で摩擦や摩耗に関わるようになったが、何から手を付けていいか分からない方
・トライボロジーの基本的な考え方を整理したい方
・プラスチックを摩擦や摩耗の観点で扱うことになった方

セミナー講師

豊橋技術科学大学 機械工学系 准教授 竹市 嘉紀 氏
[プロフィール]

 表面分析に関わるテーマで博士号取得。修了後、豊橋技術科学大学に着任し、表面分析を積極的に応用した固体潤滑に関わる研究に取り組んでいる。第58-59期日本トライボロジー学会理事・校閲委員会委員長 etc.

セミナー趣旨

 高分子材料(プラスチック材料)は軽量・安価・成形性などに優れ、また低摩擦を示す材料が多いことから摩擦面への適用が進んでいますが、金属材料と比較すると機械的強度や耐熱性に劣ることがネックになっています。摩擦が関連するシーンでプラスチックを扱っている、もしくはこれから扱う方で、トライボロジーのことはよく分からないという方を対象にしています。

 初心者の方にも手っ取り早く、「トライボロジーとはこんなものか!」と理解していただけることを目標にしています。講座の前半ではトライボロジーの基礎や学術をひととおり学び、後半では高分子材料におけるトライボロジーに関する基礎的な問題、また、高分子材料の摩耗をどのように低減するのか、講師の研究事例も織り交ぜながら、様々な事例を整理して紹介します。

セミナー講演内容

1.トライボロジーの基礎
 1.1 トライボロジーの色々
  ・身の回りのトライボロジー問題
  ・トライボロジーの歴史 ほか
 1.2 トライボロジーにおける固体表面
  ・化学的性質
  ・表面粗さ
  ・硬度 ほか
 1.3 摩擦抵抗がなぜ生じるのか(凝着説)
  ・ヘルツの接触理論
  ・真実接触面積
  ・凝着説 ほか
 1.4 摩耗について
  ・摩耗の分類
  ・摩耗理論 ほか
 1.5 様々な潤滑状態
  ・流体潤滑
  ・境界潤滑
  ・ストライベック線図 ほか
 1.6 摩擦・摩耗の評価と悩ましい問題
  ・摩擦試験の形態 ほか

2.高分子材料のトライボロジー
 2.1 様々な固体潤滑
 2.2 高分子材料の基礎
  ・プラスチックの分類
  ・ガラス転移点・融点 ほか
 2.3 トライボマテリアルとしての高分子材料(代表的な樹脂材料と特徴)
 2.4 フィラーによる耐摩耗性向上
  ・フィラーの種類
  ・フィラーの役割 ほか
 2.5 耐摩耗性向上に関する研究
  ・PTFEを事例とした様々な研究成果
  ・熱硬化性樹脂の研究事例 ほか

3.トライボロジーにおける各種分析観察手法(簡単な紹介)

□ 質疑応答 □