セミナー 印刷

【Live配信(リアルタイム配信)】
【出席者特典:アーカイブ付(5日間視聴OK)】

フッ素系コーティング剤/
フルオロアクリレート系ポリマーの基礎と応用展開

■撥水・撥油性、撥液性の評価、電子デバイス用防水・防湿コーティング、超撥液コーティング■
■さらには細胞培養容器、インクジェットプロセス用、環境規制動向まで解説!■
■撥水・撥油性、撥液性に関しては、非フッ素系についても解説いたします。■

本セミナーは、Zoomによる【Live配信受講】のみです。
※詳細につきましては下記「ライブ配信」の項目をご確認ください。
★ フルオロアクリレート系ポリマー技術・フッ素系コーティングをとことん解説します!
日時 2021年9月30日(木)  10:30~16:30
会場 Live配信セミナー ※会社・自宅にいながら受講可能です※  
会場地図
講師 技術コンサルタント MMリサーチ代表 博士(工学) 森田 正道 氏
【元・ダイキン工業(株) テクノロジー・イノベーションセンター 主任技師】2020.9末まで。
受講料(税込)
各種割引特典
55,000円 ( E-Mail案内登録価格 52,250円 ) S&T会員登録とE-Mail案内登録特典について
定価:本体50,000円+税5,000円
E-Mail案内登録価格:本体47,500円+税4,750円
E-Mail案内登録なら、2名同時申込みで1名分無料 1名分無料適用条件
2名で55,000円 (2名ともE-Mail案内登録必須​/1名あたり定価半額27,500円)
テレワーク応援キャンペーン(1名受講)【Live配信/WEBセミナー受講限定】
1名申込みの場合:受講料( 定価:49,500円/E-Mail案内登録価格 46,970円 ) 

49,500円 ( E-Mail案内登録価格 46,970円 ) 
 定価:本体45,000円+税4,500円
 E-Mail案内登録価格:本体42,700円+税4,270円
1名様でLive配信/WEBセミナーを受講する場合、上記特別価格になります。
※お申込みフォームで【テレワーク応援キャンペーン】を選択のうえお申込みください。
※他の割引は併用できません。
特典※出席参加者に限り、アーカイブ:録画映像(5日間視聴可)も付いています。繰り返しの視聴学習が可能!
(※原則編集は行いません。3営業日以内を目途にZoomのURLまたは当社サイトのマイページからご視聴いただけます。)
配布資料製本テキスト(開催前日着までを目安に発送)
※セミナー資料は開催日の4~5日前に、お申込み時のご住所へ発送いたします。
※開催まで4営業日~前日にお申込みの場合、セミナー資料の到着が開講日に間に合わない可能性があります。
オンライン配信ZoomによるLive配信 ►受講方法・接続確認(申込み前に必ずご確認ください)
・本セミナーはビデオ会議ツール「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。
■最近よくあるお問い合わせ■
1.受講中の、カメラのON/OFF、マイクのON/OFFについて。
  → カメラは任意です、カメラが付いていなくても受講できます(OFFで構いません)。
  → 講義中はマイクOFF(ミュート)にしてください。質疑応答は、音声/チャット どちらでも質問ができます。
2.他の受講者に、所属を知られたくない。
  → Zoom入室の際、会社名を入れる必要はありません。名字(出席確認のため)だけで結構です。
3.開催日までに振込み(入金)が間に合わない。
  → 受講後でも構いません。お申込み時に振込み予定日を記入いただくか、決まり次第のご連絡で構いません。
備考※資料付
※講義中の録音・撮影はご遠慮ください。
※開催日の概ね1週間前を目安に、最少催行人数に達していない場合、セミナーを中止することがございます。

セミナー趣旨

 フルオロアクリレート系ポリマーは1950年代から繊維用途の撥水撥油剤として使用されてきたが、分子設計の多様性を生かして、近年、様々な用途に展開されている。本講演では、フルオロアクリレート系ポリマーの基礎(分子運動性、表面再編成、動的撥液性など)を抑えた上で、各種用途(特に、繊維処理用撥水撥油剤、電子デバイス用途、細胞培養容器、超撥液コーティング)について解説する。
 また、一般に動的撥液性が高いと言われるフッ素系材料、シリコーン系材料、炭化水素系材料・・・計数十種類を網羅的に測定した結果を元に、第4世代撥液材料(平滑表面で微細凹凸表面と同等の転落速度を有する)の構成材料になり得る設計指針について解説する。今後、増えてくることが予想される非フッ素系コーティング剤(設計指針に共通点が多い)についても概要を解説する。

セミナー講演内容

<得られる知識・技術>
・多くの用途では、その場で液滴が弾くことではなく、液滴の移動しやすさ、すなわち、液滴除去性であること。
・フルオロアクリレート系ポリマーの動的動的撥液性に関する知識は、今後、増えてくることが予想される非フッ素系コーティング剤でも適用できる。
・フッ素のカテゴリーで、フルオロアクリレート系ポリマーの代替となり得る材料について理解できる。

<プログラム>
1.撥水撥油性、フッ素系コーティング剤の基礎と応用
 1.1 表面自由エネルギーの基礎
 1.2 撥水撥油剤(非フッ素系についても解説)、防水・防湿コーティング剤、離型剤
   → 主モノマー・コモノマーの選択により 「表面再編成」を抑制・「相構造」を制御
 1.3 SR剤、紙用撥水撥油剤、化粧品用粉体
   → 「表面再編成」を積極的に利用した機能性材料

2.フルオロアクリレート系ポリマーの動的表面特性の基礎と応用
 2.1 ポリマー分子設計
 2.2 撥液性評価方法:
   接触角、転落角[実用的に意味のある転落角 (roll-off angle)の測定法]、転落速度、水中接触角
 2.3 構造解析:表面元素分析、表面摩擦力、結晶性

3.電子デバイス用 防水・防湿コーティング剤
 3.1 基本特性:防水・防湿・防錆性、作業性、労働安全性
 3.2 ポリマー設計(PFOAフリー)
 3.3 間隙/水深/水圧の関係、膜厚と電気特性の関係、加速試験(超促進耐候性試験、対硫化試験)
 3.4 競合品・競合技術との比較:
   コーティング剤、プラズマCVD、樹脂CVD、部材(防水テープ・メッシュ・パッキン)

4.超撥液コーティング
 4.1 物理的表面改質による撥液性向上の基礎、超撥液性と耐久性の両立
 4.2 第4世代撥液材料(平滑表面で微細凹凸表面と同等の転落速度を有する新規フッ素樹脂)の創成

5.細胞「非接着性」培養容器
 分子運動性の抑制が細胞「非接着性」の起源

6.インクジェットプロセス用撥液剤
 6.1 これが次世代有機ELディスプレイのコストダウンの決め手!
   撥液性と現像性の両立、量産適合性
 6.2 メタルマスクを使わないオールフッ素フォトリソ法による蒸着プロセスもあり得る

7.環境規制
  PFOS・PFOA、PFHxS問題の動向
  → 先進国C6、中国C8のダブルスタンダード

  □質疑応答□