セミナー 印刷

【Live配信(リアルタイム配信)】
デジタル嗅覚技術の最新動向と応用展開

~匂いのセンシングデバイス・計測手法、香りの再現・印象予測、嗅覚ディスプレイなど~
~匂いセンサの開発・応用や嗅覚へのAI技術の応用に向けた基礎と最先端技術~

嗅覚の仕組みから、匂いセンサのデバイス・計測手法、パターン認識手法、嗅覚へのAI技術の応用、嗅覚ディスプレイまで!
同分野への参入や匂いセンサの開発・応用、嗅覚へのAI技術の応用に向け、基礎と最新動向を詳しく解説します。
日時 2021年8月31日(火)  13:00~16:30
会場 Live配信セミナー ※会社・自宅にいながら受講可能です※  
会場地図
受講料(税込)
各種割引特典
44,000円 ( E-Mail案内登録価格 41,800円 ) S&T会員登録とE-Mail案内登録特典について
定価:本体40,000円+税4,000円
E-Mail案内登録価格:本体38,000円+税3,800円
E-Mail案内登録なら、2名同時申込みで1名分無料 1名分無料適用条件
2名で44,000円 (2名ともE-Mail案内登録必須​/1名あたり定価半額22,000円) 
テレワーク応援キャンペーン(1名受講)【Live配信/WEBセミナー受講限定】
1名申込みの場合:受講料( 定価:35,200円/E-Mail案内登録価格:33,440円 )

35,200円 ( E-Mail案内登録価格 33,440円 ) 
 定価:本体32,000円+税3,200円
 E-Mail案内登録価格:本体30,400円+税3,040円
1名様でLive配信/WEBセミナーを受講する場合、上記特別価格になります。
※お申込みフォームで【テレワーク応援キャンペーン】を選択のうえお申込みください。
※他の割引は併用できません。
配布資料電子媒体(PDFデータ/印刷可)
・弊社HPのマイページよりダウンロードいただきます。
・開催2日前を目安に、ダウンロード可となります。
・ダウンロードには会員登録(無料)が必要となります。
オンライン配信ZoomによるLive配信 ►受講方法・接続確認(申込み前に必ずご確認ください)
備考※資料
※講義中の録音・撮影はご遠慮ください。
※開催日の概ね1週間前を目安に、最少催行人数に達していない場合、セミナーを中止することがございます。
得られる知識1.匂い計測の基礎知識
2.匂いセンサのデバイスとパターン情報処理の基礎
3.嗅覚ディスプレイの基礎知識
4.Machine olfaction分野の動
対象匂いセンサの開発に携わっている方、匂いセンサを自身の分野へ応用することを考えている方、AI技術を嗅覚に応用することを考えている方。ガスセンサやパターン認識の基礎があればよいが、なくてもわかるように構成する予定です。
e-nose

セミナー講師

東京工業大学 科学技術創成研究院 教授 博士(工学) 中本 高道 氏
専門:計測工学、ヒューマンインターフェース
講師ホームページはこちら

セミナー趣旨

 近年、開発が進んでいる匂いセンシングについて、これから当該分野への参入を考えている方、匂いセンサの応用を考えている方を中心に、基礎的な知識から匂いセンサの応用事例までについて説明する。デバイス、計測方法、嗅覚IT技術を説明し、さらに香り提示デバイスである嗅覚ディスプレイを紹介する。できるだけ、最先端の研究に触れてその動向を感じてもらえるようにしたい。

セミナー講演内容

1.匂い計測技術の基礎
 1.1 嗅覚の仕組み
 1.2 ガス分析技術
 1.3 官能検査
 1.4 生体信号計測
 
2.匂いセンサのデバイスと計測手法
 2.1 匂いセンサで使われるセンサデバイス
 2.2 水晶振動子センサ
 2.3 電気化学センサ
 2.4 匂いバイオセンサ
 2.5 能動センシングを用いた匂い記録再生システム
 
3.匂いセンサで使われるパターン認識手法
 3.1 多変量解析手法
 3.2 機械学習を用いた方法
 3.3 センサ選択の方法
 3.4 匂いセンサにおけるパターン認識適用事例
 
4.嗅覚IT技術
 4.1 要素臭を用いた香り再現
 4.2 DNNを用いた香り印象予測
 
5.嗅覚ディスプレイ
 5.1 嗅覚ディスプレイとは
 5.2 高速電磁弁開閉方式を用いた嗅覚ディスプレイとその応用コンテンツ
 5.3 弾性表面波デバイスを用いた嗅覚ディスプレイとその応用コンテンツ
 
6.デジタル嗅覚の今後の展望

 □質疑応答□