セミナー 印刷
【 2 名 同 時 申 込 で 1 名 無 料 】 対 象 セ ミ ナ ー 【Live配信セミナー(Zoom使用)】 ※会社・自宅にいながら学習可能です※

【Live配信(リアルタイム配信)】
一発で正確に伝わる“説明術”
~ワークを交えて学ぶ10の掟~

オンライン会議などが増え、対面形式ではない状況下で話す機会も増加しております
対面ではない為、“正確に” “端的に” 相手に伝える能力がより一層求められます

本セミナーでは、ワークを交えつつポイントとなる10の掟を伝授致します!
このセミナーの受付は終了致しました。
日時 2021年7月21日(水)  13:00~16:30
会場 Live配信セミナー ※会社・自宅にいながら受講可能です※  
会場地図
受講料(税込)
各種割引特典
44,000円 ( E-Mail案内登録価格 41,800円 ) S&T会員登録とE-Mail案内登録特典について
定価:本体40,000円+税4,000円
E-Mail案内登録価格:本体38,000円+税3,800円
E-Mail案内登録なら、2名同時申込みで1名分無料 1名分無料適用条件
2名で44,000円 (2名ともE-Mail案内登録必須​/1名あたり定価半額の22,000円)
【テレワーク応援キャンペーン(1名受講)【Live配信/WEBセミナー受講限定】
 1名申込みの場合:受講料( 定価:35,200円/E-Mail案内登録価格 33,440円 )
  35,200円 ( E-Mail案内登録価格 33,440円 )
   定価:本体32,000円+税3,200円
   E-Mail案内登録価格:本体30,400円+税3,040円
 ※1名様でLive配信/WEBセミナーを受講する場合、上記特別価格になります。
 ※お申込みフォームで【テレワーク応援キャンペーン】を選択のうえお申込みください。
 ※他の割引は併用できません。
配布資料配布資料:製本テキスト(開催前日着までを目安に発送)
     ※セミナー資料はお申し込み時のご住所へ発送させていただきます。
     ※開催日の4~5日前に発送します。
      開催前日の営業日の夕方までに届かない場合はお知らせください。

     ※開催まで4営業日~前日にお申込みの場合、セミナー資料の到着が、
      開講日に間に合わない可能性がありますこと、ご了承下さい。
オンライン配信ZoomによるLive配信 ►受講方法・接続確認
備考※資料付
※講義中の録音・撮影はご遠慮ください。
※開催日の概ね1週間前を目安に、最少催行人数に達していない場合、セミナーを中止することがございます。
得られる知識ズバッと伝わる説明のスキルを短時間でマスター出来ます
対象自分の考えている事が相手に伝わらない事で悩んでいる方 など

セミナー講師

セミナー趣旨

 あなたは、上手な説明ができていますか?何が言いたいのかわからない。もっとわかりやすく説明して。つまり、どういうこと?等、説明しても理解してもらえないことでお悩みではないでしょうか。ビジネスパーソンにとって「説明」は仕事を進める上で大変重要なものです。
 本セミナーでは、上手な説明を実現する方法を講義ばかりではなく、ワークを通して具体的・実践的に解説します。

セミナー講演内容

1.説明とは何か
 (1)なぜ説明が重要なのか
   ・報連相(報告・連絡・相談)の効率化
   ・プレゼンテーションの成功
 (2)説明が上手な人と下手な人の相違点
 (3)説明が上手な人のメリットとは【個人ワーク】

2.説明10の掟
 (1)事前準備が決め手
 (2)結論ファースト
 (3)簡潔明瞭
 (4)PREP法を使う(結論・理由・具体例・結論)
 (5)大きな声でノイズを減らす
 (6)滑舌よく語尾をはっきり
 (7)短い言葉で言い切る
 (8)一理三例・例え話
 (9)しゃべるより見せろ
(10)質疑応答をしっかりやる

3.説明の事前準備
 (1)説明準備シートを使う
   ・説明内容の要約     
   ・ズバリ一言にまとめる
   ・結論は何か       
   ・言いたいことは何か
   ・想定される質疑応答を考える
 (2)説明内容の要約(説明の前に要約をする)
 (3)要約の練習①
   ・他部署との打合せを要約【個人ワーク】
   ・ズバリ一言にまとめる【個人ワーク】  
   ・解答例と解説
 (4)要約の練習②
   ・社内文書の要約【個人ワーク】  
   ・ズバリ一言にまとめる【個人ワーク】
   ・解答例と解説
 (5)要約のポイント(5W2H)
 (6)短くまとめたものを説明に使う

4.説明の実践
 (1)説明準備シートの作成
   ・ケーススタディ①【個人ワーク】  
   ・ケーススタディ②【個人ワーク】
 (2)説明準備シートからの説明【講師がサンプル実践】
 (3)PREP資料術
 (4)質疑応答のポイント


  □ 質疑応答 □