セミナー 印刷

【Live配信(リアルタイム配信)】

誘電体:高分子絶縁材料の基礎と
絶縁破壊・絶縁劣化の測定・対策および劣化診断と高機能化

■高分子絶縁材料(誘電体)のすべて。時間が許す限り徹底解説いたします。■

本セミナーは、Zoomによる【Live配信受講】のみです。
※詳細につきましては下記「オンライン配信」の項目をご確認ください。
★ 高分子の絶縁破壊や劣化のメカニズム、絶縁特性の計測や対策に焦点を当てわかりやすく解説します!
★ ますます苛酷な環境で求められる高分子絶縁材料を、どのように考え、どのように高機能化していくか!
★ 高周波領域での複素誘電率の周波数依存性の実測例とは!?
このセミナーの受付は終了致しました。
日時 2021年7月26日(月)  10:30~16:30
会場 Live配信セミナー ※会社・自宅にいながら受講可能です※  
会場地図
講師 早稲田大学 名誉教授・特任研究教授 大木 義路 氏
【活動・受賞など】
西安交通大学 名誉教授
文部科学大臣表彰科学技術賞
矢崎学術賞
米国電気電子学会フェロー、Forster記念賞、Whitehead記念賞、Ieda記念賞
電気学会フェロー、元副会長、規格調査会前会長、業績賞(2回)、進歩賞、著作賞、論文賞(2回)
放電学会 元会長
マテリアルライフ学会「総説賞」
早稲田大学大隈記念学術褒章
受講料(税込)
各種割引特典
49,500円 ( E-Mail案内登録価格 46,970円 ) S&T会員登録とE-Mail案内登録特典について
定価:本体45,000円+税4,500円
E-Mail案内登録価格:本体42,700円+税4,270円
E-Mail案内登録なら、2名同時申込みで1名分無料 1名分無料適用条件
2名で49,500円 (2名ともE-mail案内登録必須​/1名あたり定価半額24,750円)
テレワーク応援キャンペーン(1名受講)【Live配信/WEBセミナー受講限定】
1名申込みの場合:受講料( 定価:35,200円/E-mail案内登録価格 33,440円 )

35,200円 ( E-mail案内登録価格 33,440円 ) 
 定価:本体32,000円+税3,200円
 E-mail案内登録価格:本体30,400円+税3,040円
1名様でLive配信/WEBセミナーを受講する場合、上記特別価格になります。
※お申込みフォームで【テレワーク応援キャンペーン】を選択のうえお申込みください。
※他の割引は併用できません。
配布資料製本テキスト(開催前日着までを目安に発送)
※セミナー資料は開催日の4~5日前に、お申込み時のご住所へ発送いたします。
※間近でのお申込みの場合、セミナー資料の到着が開催日に間に合わないことがございます。
オンライン配信ZoomによるLive配信 ►受講方法・接続確認(申込み前に必ずご確認ください)
・本セミナーはビデオ会議ツール「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。
■最近よくあるお問い合わせ■
1.受講中の、カメラのON/OFF、マイクのON/OFFについて。
  → カメラは任意です、カメラが付いていなくても受講できます(OFFで構いません)。
  → 講義中はマイクOFF(ミュート)にしてください。質疑応答は、音声/チャット どちらでも質問ができます。
2.他の受講者に、所属を知られたくない。
  → Zoom入室の際、会社名を入れる必要はありません。名字(出席確認のため)だけで結構です。
3.開催日までに振込み(入金)が間に合わない。
  → 受講後でも構いません。お申込み時に振込み予定日を記入いただくか、決まり次第のご連絡で構いません。
備考※資料付 
※講義中の録音・撮影はご遠慮ください。
※開催日の概ね1週間前を目安に、最少催行人数に達していない場合、セミナーを中止することがございます。

セミナー趣旨

 電気を使用する全ての機器やデバイスにとって、必須の絶縁を担っているのは、多くの場合、高分子である。機器の小型化や高機能化に伴い、高分子絶縁体はますます苛酷な環境に置かれるようになって来ており、絶縁破壊や絶縁劣化の懸念が避けられない。本セミナーでは、高分子絶縁体(誘電体)の性質について基礎的な考え方を講義した後、高分子の絶縁性(絶縁破壊と絶縁劣化)、中でも絶縁破壊や劣化のメカニズムや絶縁特性の計測や対策(防止方法)に焦点を当てて分かり易く講義していきます。
  最後に、時間が許す限り、汎用高分子とエンジニアリングプラスチック・スーパーエンプラ、さらに、最近の話題となっている高分子である生分解性高分子の電気的物性を詳しく紹介していきます。世界的に大きな話題となっているナノコンポジット化による更なる機能性向上を目指す研究の現状についてもできるだけ詳しくお話しします。また、報告例の少ない高周波領域での複素誘電率の周波数依存性の実測例も詳しく紹介していきます。

セミナー講演内容

<得られる知識、技術>
・絶縁破壊や劣化のメカニズム
・絶縁特性の計測法
・絶縁破壊や劣化の対策(防止方法)
・高分子の電気絶縁特性の実例
・汎用高分子・エンジニアリングプラスチック・スーパーエンプラ・生分解性高分子の電気的物性
・ナノコンポジット化による機能性向上


<プログラム>
1.誘電体とは?
 1.1 誘電体の重要性(誘電体の性質と用途)   ~電気の時代にも,光の時代にも重要~
 1.2 誘電体(絶縁体)のエネルギー構造  ~導体,半導体,絶縁体のちがい~
 1.3 誘電分極 ~サブナノ秒から日以上まで~

2.高分子の導電性
 2.1 電気絶縁材料としての高分子  ~「高分子ならでは」の長所と欠点~
 2.2 電気伝導の基礎理論  ~イオン,電子,正孔はどのように運ばれるか~
 2.3 電極よりの電荷注入  ~熱,光,電界はどのように作用するか~
 2.4 誘電体内での電荷の発生  ~電子,正孔はどのように発生するか~
 2.5 空間電荷  ~厄介な空間電荷 ~
 2.6 高分子の導電性  ~「高分子ならでは」の電気伝導~

3.絶縁破壊・劣化とその理論  ~絶縁破壊は何故起こってしまうのか~
 3.1 絶縁破壊メカニズムの種類と破壊過程の違い
   ~電子的破壊から純熱的破壊まで~
 3.2 絶縁劣化の種類とそのメカニズム
   ~部分放電劣化からトラッキングまで~

4.用途に応じた絶縁破壊や劣化の対策  ~こうすれば絶縁破壊は防げる~
 4.1 電界集中の防止  ~電界を下げる工夫~
 4.2 電極配置/機器構造の最適化  ~破壊を防ぐ知恵~
 4.3 材料・材質の選択  ~材料選択の考え方~

5.導電性・絶縁性の測定と劣化診断の技術
 5.1 導電率  ~導電率を正しく測るためには~
 5.2 絶縁破壊電界  ~簡単には測れない真の値~
   部分放電、沿面放電の防止
 5.3 空間電荷  ~最近可能となった空間電荷測定~
 5.4 ケーブルの劣化診断の一手法  ~高感度なFDR法~

6.特殊環境下で使用される高分子絶縁材料
 6.1 耐熱性  ~耐熱性に対する1つの視点~
 6.2 耐放射線性  ~意外な材料が放射線に弱い~

7.高分子の複素誘電率の周波数・温度依存性の実測例
 7.1 汎用高分子とエンジニアリングプラスチック・スーパーエンプラ
 7.2 各種高分子の高周波領域での複素誘電率
 7.3 各種高分子のTHz領域での複素誘電率
 7.4 生分解性高分子の高周波領域での複素誘電率特性
 7.5 生分解性高分子の他の特性

8.高分子絶縁材料の高機能化の実例
 8.1 高分子ナノコンポジット(有機・無機ナノコンポジット)
 8.2 我が国における実用化例
 8.3 高機能化を可能としたメカニズム

  □質疑応答□