セミナー 印刷
【 2 名 同 時 申 込 で 1 名 無 料 】 対 象 セ ミ ナ ー 【Live配信セミナー(Zoom使用)】 ※会社・自宅にいながら学習可能です※

【Live配信(リアルタイム配信)】
リビング重合の基礎知識と
リビングラジカル重合を用いた応用技術

リビング重合の基礎知識からリビングラジカル重合を用いた高分子合成やそのノウハウ、最新動向を解説
リビングラジカル重合での精密合成と構造解析、物性や機能とは・・・
さらにミセルやハイドロゲルなどの自己組織化材料などの機能性材料設計についても言及します
このセミナーの受付は終了致しました。
日時 2021年7月21日(水)  13:00~16:30
会場 Live配信セミナー ※会社・自宅にいながら受講可能です※  
会場地図
受講料(税込)
各種割引特典
44,000円 ( E-Mail案内登録価格 41,800円 ) S&T会員登録とE-Mail案内登録特典について
定価:本体40,000円+税4,000円
E-Mail案内登録価格:本体38,000円+税3,800円
E-Mail案内登録なら、2名同時申込みで1名分無料 1名分無料適用条件
2名で44,000円 (2名ともE-Mail案内登録必須​/1名あたり定価半額の22,000円)
【テレワーク応援キャンペーン(1名受講)【Live配信/WEBセミナー受講限定】
 1名申込みの場合:受講料( 定価:35,200円/E-Mail案内登録価格 33,440円 )
  35,200円 ( E-Mail案内登録価格 33,440円 )
   定価:本体32,000円+税3,200円
   E-Mail案内登録価格:本体30,400円+税3,040円
 ※1名様でLive配信/WEBセミナーを受講する場合、上記特別価格になります。
 ※お申込みフォームで【テレワーク応援キャンペーン】を選択のうえお申込みください。
 ※他の割引は併用できません。
配布資料配布資料:製本テキスト(開催前日着までを目安に発送)
     ※セミナー資料はお申し込み時のご住所へ発送させていただきます。
     ※開催日の4~5日前に発送します。
      開催前日の営業日の夕方までに届かない場合はお知らせください。

     ※開催まで4営業日~前日にお申込みの場合、セミナー資料の到着が、
      開講日に間に合わない可能性がありますこと、ご了承下さい。
オンライン配信ZoomによるLive配信 ►受講方法・接続確認
備考※資料付
※講義中の録音・撮影はご遠慮ください。
※開催日の概ね1週間前を目安に、最少催行人数に達していない場合、セミナーを中止することがございます。
得られる知識・重合反応、リビング重合、高分子合成に関する基礎知識
・リビングラジカル重合を用いた高分子合成やそのノウハウ、構造を制御した高分子材料の最先端研究
対象・リビング重合や各種重合反応、高分子合成の基礎知識を習得したい方
・リビングラジカル重合を使ってみたいが、どのような系や方法を使えば良いのかわからない方。
・リビングラジカル重合を用いた高分子合成と機能材料設計、高分子の構造解析に関して興味のある方
※基礎から解説しますので、特に予備知識は必要ありません

セミナー講師

京都大学 大学院工学研究科 高分子化学専攻 准教授 寺島 崇矢 氏
【専門】高分子化学(精密重合、精密高分子合成、高分子自己組織化、機能材料設計)

セミナー趣旨

 リビング重合は、高分子の分子量や末端基構造を制御でき、ブロック共重合体やグラフトポリマー、星型ポリマーなど構造が制御された高分子を合成する手法として有効です。今では様々なリビング重合系が開発されており、狙いの構造をもつ高分子を自在に設計できる時代になりつつあります。

 そこ本講演では、リビング重合の基礎知識からリビングラジカル重合を用いた応用技術まで幅広くご紹介いたします。まず、リビング重合の種類や特徴、選択方法についてお話し、リビングラジカル重合を用いた高分子の精密合成と構造解析、物性や機能、さらにミセルやハイドロゲルなどの自己組織化材料など、様々な機能性材料の設計に関する実例を紹介し、リビング重合の基礎から最先端までお話いたします。リビング重合や精密高分子合成に関する本講演が魅力ある機能材料開発の一助となれば幸いです。皆様のご参加をお待ちしております。

セミナー講演内容

1.リビング重合の基礎
 1.1 リビング重合の特徴と原理:通常の連鎖重合や逐次重合との違い
 1.2 リビング重合による高分子合成と一次構造の制御
 1.3 リビングアニオン重合
 1.4 リビングカチオン重合
 1.5 リビングラジカル重合
  1.5.1 ニトロキシドを用いた重合
  1.5.2 原始移動ラジカル重合(ATRP)
  1.5.3 可逆的付加開裂連載移動(RAFT)重合
 1.6 その他のリビング重合

2.リビングラジカル重合を用いた精密高分子合成と一次構造制御
 2.1 高分子の分子量制御と構造解析
 2.2 ランダム,グラジエント,ブロック共重合体の合成と物性
 2.3 末端機能性ポリマーと局所機能化ポリマーの合成
 2.4 星型ポリマーの合成と機能
 2.5 環化ポリマーの合成と機能

3.両親媒性高分子・ランダム共重合体の自己組織化と集合構造制御
 3.1 ミセルのサイズと会合数の制御
 3.2 自己修復性ハイドロゲル
 3.3 ミクロ相分離材料

  □ 質疑応答 □