セミナー 印刷

ロール to ロールにおける
テンション(張⼒)コントロール技術

最適なウェブハンドリングを実現するための技術ノウハウと問題回避策

【Live配信(リアルタイム配信)】

 
 テンション制御の基礎とシステム構築の基本的な考え⽅使⽤条件に応じた制御⽅法の選択からアクチュエーターの使い分けまで、電気制御・機械設計・保守関係に関わる⽅々に知っていただきたいウェブハンドリングの実⽤知識をご紹介します。

 
このセミナーの受付は終了致しました。
日時 2021年5月27日(木)  13:00~16:30
会場 Live配信セミナー ※会社・自宅にいながら受講可能です※  
会場地図
受講料(税込)
各種割引特典
44,000円 ( E-Mail案内登録価格 41,800円 ) S&T会員登録とE-Mail案内登録特典について
定価:本体40,000円+税4,000円
E-Mail案内登録価格:本体38,000円+税3,800円
E-Mail案内登録なら、2名同時申込みで1名分無料 1名分無料適用条件
2名で44,000円 (2名ともS&T会員登録必須​/1名あたり定価半額の22,000円)
 テレワーク応援キャンペーン(1名受講)【Live配信/WEBセミナー受講限定】
1名申込みの場合:受講料( 定価:35,200円/S&T会員 33,440円 )
 定価:本体32,000円+税3,200円 会員:本体30,400円+税3,040円
1名様でLive配信/WEBセミナーを受講する場合、上記特別価格になります。
※お申込みフォームで【テレワーク応援キャンペーン】を選択のうえお申込みください。
※他の割引は併用できません。
配布資料・PDFテキスト【印刷可・編集不可】のみ
※PDFテキストはマイページよりダウンロードいただきます。(開催の営業日2日前よりダウンロード可)
オンライン配信 ZoomによるLive配信 ►受講方法・接続確認(申込み前に必ずご確認ください)
備考※講義中の録音・撮影はご遠慮ください。

セミナー講師

三菱電機株式会社 FAエンジニアリングサービスセンター
FAフィールドエンジニアリング部 第1グループ
溝上 嗣康 ⽒
【専⾨】機械⼯学

セミナー趣旨

 紙やフィルムなどの⾝近な製品の製造過程において、各種ウェブを加⼯する際のテンション制御技術は⽋かせません。ロール状に巻かれたウェブを連続的に加⼯・制御する場合、効率化のためにロール to ロール制御が⽤いられていますが、この制御には使⽤条件に応じた的確な制御⽅法の選択やアクチュエータの使い分けが必要となります。
 本講座では、張⼒制御の種類やシステムの基礎について解説し、問題回避策の⼀例をご紹介いたします。

セミナー講演内容

1.ロール to ロールの世界
 1-1 ロール to ロール制御
 1-2 ロール to ロールとウエブ
 1-3 ロール to ロールの特徴

2.張⼒制御の概要
 2-1 張⼒制御とは
 2-2 張⼒制御導⼊による効果

3.張⼒制御の基礎
 3-1 張⼒とは
 3-2 巻き軸のトルクと⼒の関係
 3-3 慣性モーメントの影響
 3-4 メカロスの影響
 3-5 巻き軸のトルクと三種類の⼒

4.張⼒制御の⽅法
 4-1 トルク制御と速度制御
  4-1-1 トルク制御のしくみ
  4-1-2 速度制御のしくみ
 4-2 ダンサロール
 4-3 トルク制御と速度制御の使い分け
 4-4 速度制御の例

5.トルク制御を⽤いた張⼒制御の種類
 5-1 ⼿動制御
 5-2 オープンループ制御
 5-3 フィードバック制御
 5-4 フィードフォワード/フィードバック複合制御
 5-5 各制御⽅式の⽐較

6.張⼒検出器
 6-1 張⼒検出器の種類と特徴
 6-2 張⼒検出器にかかる⼒と選定
 6-3 張⼒検出器選定のポイント
 6-4 ⾃動調⼼式ピロー形ユニット/⾃動調⼼軸受けの使⽤
 6-5 ⾃動調⼼式ピロー形ユニット/⾃動調⼼軸受けの選定

7.テンション制御システムの基礎
 7-1 各部の名称と役割
 7-2 主軸の設定
 7-3 基本のテンション制御システム
 7-4 アクチュエータ⽐較 使い分け

8.テンション制御問題回避策例
 8-1 巻出し軸のメカロスキャンセル
 8-2 トルク変動・ハンチング発⽣
 8-3 ライン速度が遅い場合の巻出し制御
 8-4 巻取ウエブの巻締り解消⽅法
 8-5 ダンサローラ等での慣性の影響の回避
 8-6 検出ローラの⾃重の慣性の影響
 8-7 材料特性と機械仕様の考え⽅

 □質疑応答□