セミナー 印刷
【 2 名 同 時 申 込 で 1 名 無 料 】 対 象 セ ミ ナ ー 【Live配信セミナー(Zoom使用)】 ※会社・自宅にいながら学習可能です※

【Live配信(リアルタイム配信)】
水素および水素キャリアの製造・利用技術の最新動向

~国内のエネルギー政策の状況、再生可能エネルギーの国内外の導入状況・課題から解説~

再生可能エネルギーの国内外の導入状況・課題から、各水素キャリアの特徴、水素および水素キャリアの製造・利用技術の最新動向について、先駆的な研究開発(効率的な水素製造技術、発電用の水素エンジンの開発、水素に適したアンモニアの合成プロセス、直接燃焼による発電など)を進める講師が解説します。
このセミナーの受付は終了致しました。
日時 2021年5月21日(金)  13:00~15:30
会場 Live配信セミナー ※会社・自宅にいながら受講可能です※  
会場地図
受講料(税込)
各種割引特典
35,200円 ( E-Mail案内登録価格 33,440円 ) S&T会員登録とE-Mail案内登録特典について
定価:本体32,000円+税3,200円
E-Mail案内登録価格:本体30,400円+税3,040円
E-Mail案内登録なら、2名同時申込みで1名分無料 1名分無料適用条件
2名で35,200円 (2名ともE-Mail案内登録必須​/1名あたり定価半額17,600円) 
配布資料製本テキスト(開催前日着までを目安に発送)
※セミナー資料はお申し込み時のご住所へ発送させていただきます。
※開催日の4~5日前に発送します。
※開催まで4営業日~前日にお申込みの場合、
 セミナー資料の到着が、開講日に間に合わない可能性がありますこと、ご了承下さい。
オンライン配信ZoomによるLive配信 ►受講方法・接続確認(申込み前に必ずご確認ください)
備考※資料付
※講義中の録音・撮影はご遠慮ください。
※開催日の概ね1週間前を目安に、最少催行人数に達していない場合、セミナーを中止することがございます。

セミナー講師

国立研究開発法人産業技術総合研究所 再生可能エネルギー研究センター 研究チーム長 博士(工学) 辻村 拓 氏
専門:燃焼工学、再生可能エネルギー
米ローレンスリバモア国立研究所 客員研究員(2010~2011年) 
東京電機大学 客員教授
産総研福島再生可能エネルギー研究所 https://www.aist.go.jp/fukushima/

セミナー趣旨

 地球温暖化の防止に向けた2℃目標が掲げられ、再生可能エネルギーによる発電が急伸する一方、電力系統の不安定性が危惧されています。そのような中で、水素は電力エネルギーの貯蔵・利用の手段として注目されています。
 本セミナーでは、発電などに向けた、水素や水素キャリア(有機ハイドライド、アンモニア等)の製造・利用技術の動向について解説します。

セミナー講演内容

1.産総研福島再生可能エネルギー研究所の紹介

2.日本のエネルギー政策の状況

3.再生可能エネルギーの国内外の導入状況と課題

4.水素や水素キャリアの導入意義と役割

5.水素、水素キャリアの製造技術の開発動向

6.水素、水素キャリアの利用技術の開発動向

7.まとめ


 □質疑応答□