セミナー 印刷
【 2 名 同 時 申 込 で 1 名 無 料 】 対 象 セ ミ ナ ー 【Live配信セミナー(Zoom使用)】 ※会社・自宅にいながら学習可能です※

【Live配信(リアルタイム配信)】
画像認識のデータ前処理に向けた画像フィルタリング技術

~基礎知識から機械学習をより効率的に行うノウハウとは~

画像処理のポイントとなる画像(ディジタル)フィルタリング
様々なフィルタを組み合わせて適切なフィルタ設計をするための知識を伝授します!
より効率的に画像認識・画像理解を行いたい方必見のセミナーです
日時 2021年2月9日(火)  10:30~16:30
会場 Live配信セミナー(リアルタイム配信) ※会社・自宅にいながら学習可能です※  
会場地図
受講料(税込)
各種割引特典
49,500円 ( S&T会員受講料 46,970円 ) S&T会員登録について
定価:本体45,000円+税4,500円
会員:本体42,700円+税4,270円
S&T会員なら、2名同時申込みで1名分無料 1名分無料適用条件
2名で49,500円 (2名ともS&T会員登録必須​/1名あたり定価半額の24,750円)
【テレワーク応援キャンペーン(1名受講)【Live配信/WEBセミナー受講限定】
 1名申込みの場合:受講料( 定価:35,200円/S&T会員 33,440円 )
  35,200円 ( S&T会員受講料 33,440円 )
   定価:本体32,000円+税3,200円
   会員:本体30,400円+税3,040円
 ※1名様でLive配信/WEBセミナーを受講する場合、上記特別価格になります。
 ※お申込みフォームで【テレワーク応援キャンペーン】を選択のうえお申込みください。
 ※他の割引は併用できません。
配布資料配布資料:製本テキスト(開催前日着までを目安に発送)
     ※セミナー資料はお申し込み時のご住所へ発送させていただきます。
     ※開催日の4~5日前に発送します。
      開催前日の営業日の夕方までに届かない場合はお知らせください。

     ※開催まで4営業日~前日にお申込みの場合、セミナー資料の到着が、
      開講日に間に合わない可能性がありますこと、ご了承下さい。
備考※資料付
※講義中の録音・撮影はご遠慮ください。
得られる知識・信号処理および画像処理の基礎
・画像フィルタの理解
・画像フィルタの設計方法
・フィルタ選択のノウハウ
・画像復元の方法の利用
【ZoomによるLive配信】
  ・本セミナーはビデオ会議ツール「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。
  ・お申し込み後、接続確認用URL(https://zoom.us/test)にアクセスして
   接続できるか等ご確認下さい。

  ・後日、別途視聴用のURLをメールにてご連絡申し上げます。
  ・セミナー開催日時に、視聴サイトにログインしていただき、ご視聴ください。
  ・リアルタイムで講師へのご質問も可能です。
  ・タブレットやスマートフォンでも視聴できます。

セミナー講師

埼玉大学 大学院理工学研究科 数理電子情報系専攻 教授 島村 徹也 氏
【専門】ディジタル信号処理とその音声、画像、通信などへの応用

セミナー趣旨

 画像処理の多くはディジタルフィルタリングである。その設計方法を理解し、実行方法を習得することにより、多種多様な画像処理が可能となる。最近では、画像認識/画像理解への応用が注目を集めている。

 本セミナーでは、主要なフィルタ設計法を取り上げ、その理論をできる限り詳細に説明することを心がける。また、MATLABを併用し、実際にアルゴリズムを提示、実行し、結果を確認しながら、解説を進める。現場で利用するフィルタ選択のノウハウ、最近評判のフィルタリング方法を紹介しつつ、特に画像の復元問題においては、複雑なアルゴリズムの中に存在するキーテクニックの特徴をわかりやすく解説する。最近の研究動向にも触れ、オリジナリティをどのように生み出すかにも言及する。

セミナー講演内容

1 画像処理の基礎
 1.1 画像表現
 1.2 フーリエ変換
 1.3 畳み込み
 1.4 空間領域と周波数領域のフィルタリング

2 ノイズ除去フィルタの設計
 2.1 平均値フィルタ
 2.2 メディアンフィルタ
 2.3 ガウシアンフィルタ
 2.4  バイラテラルフィルタ
 2.5 2次元フィルタ

3 エッジ検出(強調)フィルタの設計
 3.1 Prewittフィルタ
 3.2 Sobelフィルタ
 3.3 ラプラシアンフィルタ
 3.4 鮮鋭化フィルタ

4 画像復元のためのフィルタリング
 4.1 劣化の種類
 4.2  逆フィルタリング
 4.3 ウィーナーフィルタ
 4.4 ARMAモデリング
 4.5  圧縮センシング
 4.6  画像復元フィルタの選択

5 最近の研究動向

6 画像認識/画像理解への応用

  □ 質疑応答 □