セミナー 印刷
【 2 名 同 時 申 込 で 1 名 無 料 】 対 象 セ ミ ナ ー 【Live配信セミナー(Zoom使用)】 ※会社・自宅にいながら学習可能です※

【Live配信(リアルタイム配信)】
一日速習! 
電子機器の熱設計と放熱技術

電子機器の高性能化が進むにつれて、より重要視されている『熱』への対策・・・
伝熱の基礎から代表的な放熱手法について詳しく解説していきます!
伝熱工学や流体力学などの知識がない方でも理解できる内容構成となっていますので、
これから熱設計を学びたい方、もう一度基礎からやり直したい方にオススメです!!
日時 2021年2月19日(金)  10:30~16:30
会場 Live配信セミナー(リアルタイム配信) ※会社・自宅にいながら学習可能です※  
会場地図
受講料(税込)
各種割引特典
49,500円 ( S&T会員受講料 46,970円 ) S&T会員登録について
定価:本体45,000円+税4,500円
会員:本体42,700円+税4,270円
S&T会員なら、2名同時申込みで1名分無料 1名分無料適用条件
2名で49,500円 (2名ともS&T会員登録必須​/1名あたり定価半額の24,750円)
【テレワーク応援キャンペーン(1名受講)【Live配信/WEBセミナー受講限定】
 1名申込みの場合:受講料( 定価:35,200円/S&T会員 33,440円 )
  35,200円 ( S&T会員受講料 33,440円 )
   定価:本体32,000円+税3,200円
   会員:本体30,400円+税3,040円
 ※1名様でLive配信/WEBセミナーを受講する場合、上記特別価格になります。
 ※お申込みフォームで【テレワーク応援キャンペーン】を選択のうえお申込みください。
 ※他の割引は併用できません。
配布資料配布資料:製本テキスト(開催前日着までを目安に発送)
     ※セミナー資料はお申し込み時のご住所へ発送させていただきます。
     ※開催日の4~5日前に発送します。
      開催前日の営業日の夕方までに届かない場合はお知らせください。

     ※開催まで4営業日~前日にお申込みの場合、セミナー資料の到着が、
      開講日に間に合わない可能性がありますこと、ご了承下さい。
備考※資料付
※講義中の録音・撮影はご遠慮ください。
得られる知識・熱抵抗値の算出方法
・プリント配線板の放熱方法
・密閉、自然空冷、強制空冷筐体の放熱方法
・放熱部品の使用上の注意事項
・熱電対による温度測定方法
対象・電子機器の熱設計をこれから行おうと考えている方
・電子機器の熱設計を再度、勉強したいと考えている方
【ZoomによるLive配信】
  ・本セミナーはビデオ会議ツール「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。

  ・お申し込み後、接続確認用URL(https://zoom.us/test)にアクセスして
   接続できるか等ご確認下さい。

  ・後日、別途視聴用のURLをメールにてご連絡申し上げます。
  ・セミナー開催日時に、視聴サイトにログインしていただき、ご視聴ください。
  ・リアルタイムで講師へのご質問も可能です。
  ・タブレットやスマートフォンでも視聴できます。

セミナー講師

一般財団法人 地域産学官連携ものづくり研究機構 横堀 勉 氏
 【経歴】
 1985年 沖電気工業株式会社入社
 2014年 沖電気工業株式会社退社
 2014年 一般財団法人 地域産学官連携ものづくり研究機構 専門家登録

セミナー趣旨

 電子機器において“熱”は必ず発生します。そのため、発熱量の大きな部品を使用する電子機器では適切な熱設計を行わないと熱問題によって製品化できない、製品の信頼性が低下する、製品の寿命が短くなる、過剰設計によってコストがアップする等の問題が発生する可能性があります。しかし、一部の電子機器を除き常に熱問題が生じているわけではないため、技術やノウハウを蓄積しにくい分野でもあります。                                              
 本セミナーでは電子機器のさまざまな放熱方法の中で基本的な放熱方法を項目ごとにご説明いたします。また、それぞれの放熱方法に関して、実際にどの程度の効果があるのかシミュレーション結果等を利用してご説明いたしますので、熱設計をする際の参考にしていただくことができます。 
 また、本セミナーは初級者向けのセミナーです。伝熱工学や流体力学の知識がなくても理解できるようにご説明いたしますので、これから熱設計の勉強を始めたい方や、もう一度、勉強しなおしたい方を主な対象としています。

セミナー講演内容

1.放熱方法の基本(伝熱工学編)
 1-1.熱抵抗回路網と熱抵抗の算出方法について
 1-2.熱伝導板に関する放熱性について
 1-3.放射率と放熱性について
 1-4.電子機器で使用されるおもな材料の放射率について
 
2.放熱方法の基本(プリント配線板編) 
 2-1.プリント配線板の放熱性について
 2-2.銅箔残存率、銅箔厚による放熱性について
 
3.放熱方法の基本(密閉筺体編)
 3-1.密閉筐体の熱対策例について 
 3-2.ヒートシンク、ヒートパイプ、熱伝導シートを利用した放熱構造と放熱性について
 
4.放熱方法の基本(自然空冷筺体編) 

 4-1.換気による放熱性について
 4-2.通風孔の位置や大きさによる放熱性について
 4-3.ヒートシンク、ヒートパイプ、熱伝導シートを利用した放熱構造と放熱性について
 
5.放熱方法の基本(強制空冷筺体編)
 5-1.ファン設置位置(排気、吸気)による空気の流れ方について
 5-2.通風抵抗と空気の流れ方について
 5-3.通風孔の位置と空気の流れ方について
 
6.放熱方法の基本(放熱部品編)
 6-1.ヒートシンクの放熱性について
 6-2.TIMの接触熱抵抗について
 6-3.ヒートパイプについて
 6-4.ペルチェ素子の放熱性について
 
7.熱電対による温度測定方法 
 7-1.熱電対の測定誤差について
 7-2.熱電対の使用方法について
 7-3.熱電対を使用する際の注意事項について

  □ 質疑応答 □